Monthly Archives: June 2019

Victoria Park にて 日向ぼっこ

夏至の日に燦々と降り注ぐ太陽の光を浴びたくて、

一日中 お気に入りのヴィクトリア 公園へ行っていました!

ジリジリと照りつける太陽でエネルギーチャージ!

クリスタルも持参して、

チャクラの位置に乗せて

ヒーリング〜 もしてみました。

途中でお友達がちらっと、寄ってくれたので、

お友達にもお裾分け〜

今日は 喉のチャクラに沢山来たようでした。(実際は私が手を添えるのですが、了解を貰って写真を撮らせてもらいました〜)

芝生には小さな白いお花が沢山咲いていました!

沢山人がいたので3箇所くらい場所移動をして、

木の陰に行ってみたり、

子供がボール遊びをしていて、狙ったように何度も転がってくるので、ティータイムを取ることに、

久々に、コーヒーにハマっている私。

ちょっと前は、アールグレイの紅茶でしたが、

あと、たまたま最近頂いた生のミント!

で入れたミントティー!

暑い日でもスッキリします。

ライムを絞ったソーダに入れてもスッキリ爽やか〜

満月を迎えて、手放してみた

あっという間に今年も半分過ぎて、もうすぐ夏至を迎えますね。

私は最近、自分が自分に植え付けた ある種の思い込みがある ことに気がつきました。

で、、、 もうそう言う気持ちになるのは手放そう!

そう決めたら、

なんだか気になることは心で「?」と思っているだけではなく

正直に聞いてみたほうがいいな

と言う思いが湧き

ただ、相手を責めるのではなくて

疑問に思うことを投げかけてみたら

スルスルと相手から状況の説明や気持ちがわかって

なんだかスッキリしました。

で、それと

最近 色々と動き過ぎて疲れたのでゆっくり休みたいなぁ って思いつつも

何かしたいのです。

したいけど、したい事がいくつもあって、どれも良さそうで 一個に決めれない。

で、3月に痛めてまだ回復していない肩が全てを引き止めている!

ってことで

まずはこれを癒そうと色々と調べた結果、

オステオパシーを受けてみようと思い

調べていたら

ロールフィングというのもおすすめ、

と言われて検索してみたら

なるほど良さそうです、 が

予想よりも高い!と言うことで

まずはオステオパシーを試してみようと早速予約を入れたのでした!

なぜここに来たのかの説明をしたら次は沢山 健康面の質問を受けて、

その後腕や肩を回したりしながらも色々と説明をしてくれ

ほぐしてくれました。

一気に元には戻りませんが、動きが楽になった。

帰ってからも、やった方がいい動きなどを教えていただきました。

で、かなりのダメージだった筈だ、相当痛かったんじゃないの?

と言われました。

(はい、無謀にもかなりの坂を転がり落ちたのです。)

しかも1人だったし、誰もみてないから、周りには言わないと気づかれなかった。

でも、最近動かしたくなって来たのできっと良くなっているのだと思う。

と言うのは私の野生の勘です。

そこで施術中、世間話も沢山したのですが

フリーダイビングの話になり、

息を止めたらどう体が反応するかなどの話しや

呼吸法の話やビジュアライゼーションの話をして

興味を持ってくれて、そしてオステオパシーを受けに来る人たちにも役立ちそうだから、

逆にとても勉強になった。

どこかで教えたらきっと沢山の人に効果があると思うな〜

と言っていただき

クリニックを後にしました。

やはり、まずは自分を癒し 身体を労わります。

Radical Ecology sustainable media art

昨日、日本語にすると、「ラジカルエコロジー 持続可能な メディアアート」?と言う感じの イベントに参加?と言うか行ってきました。

何人かのアーティストの作品が会場には飾られていて、

その方達のプレゼンテーションを聴きそのアーティストのプレゼンが終わるたび、会場に来ていた観客から質問を受け、それにアーティストが答えていく。

と言う流れでした。

その中にはアーティストではなくスタジオを管理、レンタルしている方のプレゼンテーションもあり、

レンタルした後にアーティストが出したゴミなどの問題をテーマに、どのようにしたらいいのか、と言うことを話す方も居ました。

自分が出したゴミを使って(ペットボトルのキャップやリサイクルできないプラスチックゴミで)作ったものや

そこらへんに落ちているゴミ、使い古したコンピューターのパーツなどなどを拾い集めて作ったオブジェ

これは実物は無かったのですが、映像で見たら結構大掛かりで大きいものでした。

それと、オーガニックな物が人々が作り出した物を取り込んで新しいものが生まれるかも? 的なものをアートにしたオブジェ とか

少人数の会場で、いろんな方が来ていて、質問も、それとその人たちの意見も聞いていて、どの方の気持ちもわかる、

ただ、もっと具体的にどうすれば良くなるのか?環境問題についてもっと突っ込んだ解決方法を聞きたくて来ていた、もしくはそれを期待していたのに、と言うような質問を投げかける方がいました。

私がこの時感じていたのは、

実はそう言う人も、それ以外の人も言っていることや、思いは同じなのですね。

大きな企業に働きかけて、ゴミをどうするとかではなく、自分の身近な所で出たゴミ

みんな気づいていて、これではいけないと思うから何かしたい人たちなんですよね。

だから、焦る気持ちや、これだけの少ない人数がしてどうなるの?と言う歯がゆい気持ちも伝わってきました。

何か自分ができることがある、それを知ってて何かしたいと思っている人達、

こんな小さなことから変わって来ているなって

でもって、

私 この時この会場に集まっていた人たちの 何だかエネルギーというか、オーラみたいな物がとっても柔らかく、明るい感じ? だなぁって思って会場を後にしました。