Feeds:
Posts
Comments

今日は中5日目、

休憩日で競技はお休みです。

皆さんゆっくりと過ごすのではないでしょうか。

昨日は木下紗佑里さんが日本女子の記録を更新しました。

自己ベストだそうです〜♪

FIM(フリーイマージョン)で86m

私はセーフティーダイバーとしてサポートさせていただきました。

一番楽しそうに参加している紗佑里さん♪ 余裕で戻ってきてとても嬉しかった!

昨日はアーリーターンや軽いブラックアウト、サーフェイス プロトコルミスなどなど有りましたがナショナルレコード更新も沢山有りました。

大会ではピットの周りに人が沢山居て誰が誰だかわかりませんね。

この日はとっても透明度が良くて、

水面から余裕で40mくらいは見えました。

朝の準備風景、水面が鏡の様でした。

そして午後は選手たちとスノーケリングへ行きました。

水温29℃午後は少し濁っていましたが温かい!

5人でフィンを掴んで連なってドルフィンキックで泳いで遊んで見たり、

カメラマンがいたのでみんなを撮影していました。

さて、大会もあと2日どんな感動が待っているのでしょうか?!

この写真は アレックスが撮りました私が選手に深度を伝えています。Photo by Alex ST-Jean (プロの写真は違う!)

ワクワクしますね。

観ていたら自分も挑戦したくなりました。

みんなの選手を見守る温かい視線がとても心地よいですよ。

Advertisements

今日は新月ですね。

いよいよ明日はトレーニング最終日、

そして 明後日 カリビアンカップのレジストレーションが行われます。

私たち セーフティー チームもレスキューの練習やセーフティー の手順を抜かりなく行なっています。

ジャッジ(審判)の方も到着してロープの目盛りを確認したり、ドクターも来て設備や手順を確認して、

今日はプラットホームがいつもより賑わって?いました。

ちなみに、今回は日本人選手は1人

木下紗佑里さんという方です。

紗佑里さんはなんと女子世界記録保持者です!

コンスタントウエイトノーフィン(CNF)いわゆる、フィン無しで潜って戻ってくると言う競技で72mといい記録を残しています。

私は今まで色々な国の選手やコーチの方とお知り合いになりましたが、

ここで日本人のフィリーダイビングの選手に初めて出会ったのです、

日本人は素晴らしいですよね!

アジアでは日本がトップです!

と、感動しています!

コンディションも良くて、くっきりと顔にマスク焼けの跡がついてしまっていますが (笑)

得るもの沢山有ります、選手達の気迫も高まっているのが伝わって来ますが、

初めて出る選手はやはり心に迷いが有って、

見ていて切なくなる方もいます。

でも、みんなそれぞれその時間を大切に楽しんでいます。

12年半ぶりに中米にやって来ました!

ここはホンジュラスのロアタン島、

今月17日からフリーダイビングの競技 カリビアン カップが開催され私はセーフティー チームでお手伝いをします。

水温28℃ 流れはほとんどなく透明度もとても良くて 100m以上の深度が近い。

こんなに良い条件が揃うところはあまり無いのではないかなと思います。

久々についてみると、道路がアスファルトになっていたり、車が沢山増えています。

ロアタン島はアメリカからの直行便があるので、アメリカ人観光客で一杯です。

あと1週間で競技が始まります。

去年は世界大会も重なって、80人以上の選手が競った様ですが、今回は20人ほどの様です。

競技ではセーフティーダイバーは3人着くので選手もトレーニングで安心感が違うようです。

私も久々のカリブ海、久々の再会もあって楽しいです。

先日 近くのヨガスタジオで ゴングバスと言うものを体験して来ました。

会場はこんな感じ

大きなドラ(Gong)が2つその周りにネイティブアメリカンの太鼓やクリスタルボウルやチベタンボウル、ティンシャ、笛、ウクレレ、UFO型のドラムなどなど色々ありました。

もうすぐ19:30になろうとしていますが、陽が差し込んでまだ明るい。

はじめにインストラクションがあり

軽く体をほぐしてから

私たちは一人一人のヨガマットにブランケットも用意されていて1-2枚枕にしたり包まったりして仰向けで聴きます。

私は太鼓やドラの音と響きが大好きです。

振動で体が包まれる感覚や、ハートチャクラやサードアイが反応するのがわかります。

私がつけていたクリスタルのブレスレット、音によって一緒に共鳴している感じが伝わってきました。

1時間半があっという間に過ぎで、

瞑想しているような、

どこかへ漂っているような、

宇宙に浮かんでいるような?

誰かが咳をすると、はっと現実に引き戻される感じで、時々思考が邪魔してしまいましたが

とても良い体験でした。

先週末は、ブリストルへ行って来ました。

車で3時間ほどのところにある古い街、とても小さな街で歩いて移動ができる距離にお店が沢山あり、住み心地良さそうで、ブライトンより便利かも?

建物が低い、ドアも小さい。

1830年代に造られた吊り橋

それにしてもすごく寒い!

雨が降っていなくて良かったですが

冬のように寒いです。

先週はビキニで日光浴して湖で泳いでいたのに!

こんなに着込んでいますよ。

ちなみにこのドアはお友達のアパートのドアでものすごく大きいので写真に撮ってみました。

ドアノブが真ん中にあるの結構見かけます。

中心部は小さなカフェやお店が沢山ありました。

ちなみに今日は満月ですよね。

今日は1日雨が降りましたが夕日は綺麗でした。

昨日はロンドンマラソンでお友達が走りました。

この日は至る所が通行止めで

駅はとても混雑して、道路もお祭り騒ぎ、歓声があちこちから聞こえてきます。

昼頃から応援へ出かけましたが、

思うように動けません!

いろんな通りが歩行者天国でした。

狭い歩道に人が立ち止まっているので通り抜けるのが大変で写真は撮りませんでしたが、日本の国旗が立っているところやドイツの国旗が掲げられているところもありました。

お友達の1人が選手の居場所がわかるアプリを入れている人がいて、

途中で待ち構えていたらきました!

結構みんな歩いているんですね、これなら来年出ようかな?って言っている人がいるくらい。

電話しながら、とか

コスチューム着て参加してギネスに挑戦してる人や賭けをしてる人もいて

サイの格好してる人多かったです。

途中にシャワーが設置されてました。

ゴール地点は大変!

お巡りさんの帽子がクラッシックでつい写真を撮ってしまいました。

ちょっと引いてしまったのは、写真にもちょっと写ってますが、ペットボトルのゴミがすごい量でした。

至る所に放置されたゴミ!

ランナーが飲んだ小さなペットボトルは道の両脇に溢れかえって、掃除するんでしょうがなんだかそれでもねぇ、昔は紙コップに水が入っていてそれを飲んでたけど、今は違うんですね。

なんだか無駄遣いのような気がしました。

小春日和が続く今日この頃、

日帰りでブライトンへ出かけました。

バリ島で知り合ったお友達が住んでいます。

いつもすれ違いだったので、

数年ぶりの再会です。

そして、ロンドンで出来たお友達に裏ワザを教わり、

往復で18£で行ける方法を伝授してもらいました。

その方法とは!

St Pancras という駅からBrighton 行きに乗るんです。

Victoria ではなく、thamesline onlyと言うのを選びます。

そしてオフ ピークタイムに乗る事が原則です。

この電車はFarmington やBlackfriars も通るので私はBlackfriarsから乗りました。

ここから1時間18分で着きます。

グーグルなどで検索するとLondon bridge からのルートしか出てこないのですが、それだと往復で28£くらいするので10£も違います。(ちなみに10£は2018/4/17現在で1533¥くらいです)

空いているので余裕で座れます。

Gatwick Airport も経由しました。

空港からはさらに空いてスカスカでした。

細い路地にはシルバージュエリーショップや小物屋さんが立ち並び、見ているだけで楽しくなります。

道にピアノ!?

住んでいるお友達によると、

昔よりもヒッピー感が減り、

トレンディっぽくなったそうです。

ここはこじんまりとしていて街並みが可愛いです。

何よりも海が近い!

カモメが沢山いて、結構近くても逃げないのですよ。

ゴミ箱を漁っていました。

さて、久しぶりの再会でお互いの近況報告をして話が尽きず、

気がついたら10時過ぎになっていました。

お友達には良かったら泊まっていけば?と言って頂き、

確かにもう1日のんびり歩き回れたら良いなぁ~

と思ったのですが当日限り有効の往復切符を買っていたので泊まってしまうと使えなくなる!

残念、でもまた時間を見つけてきたいと思います。

帰りは23時頃に乗ったので結構混んでましたが、ギリギリに乗っても席はありました。