Monthly Archives: January 2010

6ヶ月ぶりのお買い物、毎日お買い物

モルディブにいるとマーレまで行かないとお買い物ができません。
で、行った所で必ず欲しいものがあるかと言うと、ちょっと疑問。

スイスへ来てここでの物価がよくわからず始めの2−3日何も買えなかった。

で、パーティーのときに相方の妹が彼女のママから私へプレゼントを買って持っていくように言われたらしいのですが、「お金を上げた方が喜ぶんじゃないの?」と言ったら「そんなの素っ気なくてつまらないから何か洋服でも買ってあげなさい。」と言われたそうです。
でも、その事情を説明された後、私の手の中にはキャッシュが。。。
そして、洋服もらった事にしてね、と言われたのでそういう事にしてママにお礼を電話で述べたら「あー私まだ見ていないから、Facebookに写真載せておいてねー!」と言われてしまった。(苦笑)
という事でそんな理由から洋服探しに出かけたのですが、(いえ、そんな理由がなくっても)一度始めたら店内と試着室行ったり来たり、試着したままほかの服見たりして久々に楽しかった。
ミュンヘンだったら試着室が込んでいて荷物おいたままうろうろなんてできないのですがここはそうでもない感じでした。

今回のお買い物リストの中のほぼ半分は完了した感じです。(頼まれものも含め)
お土産のチョコレート(自分用にもこれは外せません)は最後にするとしても、やっぱり食料品が大半を占めそうな感じ。

モルディブにて 金環日食

今日のマーレ時間で正午ころ、モルディブでは金環日食が見られました。
黒いガラス板でのぞくと太陽の前に月が重なってきているのが見れます。
でも今回はちょっと月が遠いという事で太陽がはみ出ていてドーナツ型になっています。
で、気がついたのは地面の陰がみんなドーナツ型なのです。
木漏れ日と言うかそういうのが綺麗に輪っかになって見えました。
写真に撮ってみました。
でも、今日は新月なのにどうして日食になるのかがよくわからないのです。
でも、SPACE INFORMATION CENTER によると
「月が太陽と地球の間にきたとき、つまり新月のときに、月の影が地球に落ちて日食が起こります。」
とあります。この状態の時は何だか曇っていないのにちょっと暗いような何だか不思議な時間でした。



モ人のボーイフレンド

ここに住む日本人はモルジブ人の事をモ人と呼ぶようです。

私がいるリゾートには確か260人ぐらいスタッフが働いています。
そしてそのほとんどが男性です。
大体の女の子はここにボーイフレンドがいるようです。
内緒にしている人も居ればそうでない人もいるようです。
そして私のルームメイトにもとっても若いボーイフレンドがいるのですが
ほかのスタッフが彼女に最近こう言います。
「あいつはマーレに二人くらい彼女がいるんだ、俺同じ部屋だから分かるんだ。」
余計なお世話というか、彼なりに心配して教えているのか?
そしてかなり詮索するのが好きのようです。

そしてそんなことを言っている横で別のモ人が私に、ひそひそと
「あれは本当の事なんだよ、ここにいる人は信用しちゃダメだからね。
皆ここにいる時はとりあえず時間がつぶせればそれで良いと思っているんだから。」
と言われました。

そして、「もうすぐ彼氏に会えるねー、そのまえに他の人と忙しくなったらだめだよ。」と忠告されてしまった。
(ははは、ご心配ありがとうございます。)

っていうかここへ来て既に5ヶ月以上経つのになんで今更そんな事言ってるの?
って思いつつ。
「はいはい、わかりました、そうならない様に気をつけます。ありがとう。」
とだけ言っておきました。

私、モルディブ人はタイプでは無いのではなから気にはしていませんでしたが。

どうやら奥さんがいてもここでは関係なく彼女を作っているんだそうです。
まあ、一夫多妻の国なのでこれは別にここの国の人にとっては当たり前の事なのでしょうか?
それともここのリゾートが特にそうなのかな?

でも、見る人からすると モルディブ人はハンサムかもしれませんね。
女の子も目がくりっとしていてかわいいし、
基本的にモルディブ人は痩せていて小柄です。
で、足が細くて 髪の毛がクリクリしてます。

黒人ぽいというか黒人より筋肉ない感じで、例えて言うなら
カリブの海賊のジャック スパローみたいな感じ。
海賊の格好させたらもうそのまんまですね。 きっと。

だから、ちょっとウォータースポーツとかうまいと コロッと惚れてしまうかもしれません。

そしてこの人は真面目でいい人だという人は 皆さん結婚してますね。