月別アーカイブ: 2014年11月

またもや体験ダイビングでイルカに遭遇!そして、、、

昨日は日本人ゲストに体験ダイビングのプログラムをしました。

今まで一度も体験したことがないカップルさん。

ダイビングセンターの目の前にあるラグーンからエントリーして水面に顔をつけたら

私たちのすぐ足元に赤ちゃんのエイが餌を食べていました。

そのままその場に膝をついてしばらく眺めていましたが一向に逃げる気配はなく

スキルの練習中ずーっと私の横におりました。

そして、リーフへ向かって泳ぎだしたら丁度ドロップオフの手前に今度は

ポキュパインレイ(背中にたくさんスパイクがあるエイです)がいました。

リーフに沿って先行していくこと14−15分私たちの横を大きなイルカが通り過ぎて行きました!

この日は結構波があったので水面よりも深いところを移動中だったようです。

そのあともブラックチップシャークやマダラトビエイの赤ちゃんに出くわし盛りだくさんのダイビングでした。

そして今日はドイツ人のダイバーさんを連れてハウスリーフのシャークコーナーでダイビング。

エントリーして15分くらいでモビュラというマンタに似ているエイに遭遇しました。

かなり流れがあったのですが頑張ってアゲインストしてコーナーへたどり着くと

なんとたくさんのサメ!!大小混ぜて13−14匹は群れていました。

彼は明日帰るので最後に一番最高のダイビングが出来た!と 満蔵そうでした。

実は彼、本当はボートダイビングに予約を入れていたのに時間を間違えて乗れなかったんです。

なのでボートに乗らなかった私がハウスリーフでダイビングすることになったのでした。

そのおかげで?私は彼とハウスリーフで楽しいダイビングが出来ました。

モルディブはやっぱりダイビングが人気?

昨日は日本からのダイバーさんが6人もダイブサファリに参加されました。

普段はドイツ人のダイバーさんでひしめき合い日本からのダイバーさんは二人くらいなのに、

今回は逆でした。

天気も良く波も穏やかでダイビングには最高のコンディション。

流れもそれほどきつくなくドリフトダイビングでしたが比較的いろいろな物をゆっくり観察できました。

このところたくさん日本人のカップルがロビンソンを訪れてくれていますが

皆さん新婚旅行です。

ところで、今回ここで潜るためにライセンスを取っていらっしゃったカップル

希望はイルカと一緒に潜りたい、ということでした。

それか、ボートからイルカを見たい!と言っておられました。

ここで、私の経験からとそして昔私の妹が言っていたことを思い出しました。

イルカは、「絶対みたい!」とか「見てやる」と強く思っていると会えないみたいです。

イルカを見るツアーでも、「いたらいいなぁ」ぐらいに思っていた方が観れる確率高い気がします。

それか全く期待しない、という時の方が観れることが多いです。

なぜでしょうね?

で、それをゲストに話したら1本目のダイビング後の移動中にイルカがいて

「うわぁ、本当にすっかり忘れていた頃にみれた!」

とおっしゃっていました。

水面が鏡のように穏やかです

今日は久しぶりにボートダイビングへ行きました。

日本人のダイバーさんがいらしているので私がガイドで その他新しく入ってきたスタッフも連れて行きました。

今日は海がとても穏やかでまさにダイイング日和です。

1本目のダイブサイトへ向かう途中、期待通りイルカの群れに出くわしました。

遠くからでもわかるくらい高〜くジャンプしていました。

近くに寄っていくと、こんな風にボートについてきます。

ドルフィン!!!

そして2本目も終わりリゾートへ戻るとハウスリーフでもイルカが泳いでいました。

一緒に泳いだというドイツ人ゲストが興奮して説明してくれました。

この天候しばらく続きそうなのできっとイルカ遭遇率も上がりそうな気配です。

そして最近日本からのダイバーさんが増えてきて嬉しいです。

ハウスリーフでフリーダイビング

今朝はちょっと透明度は良くなかったのですがハウスリーフでスノーケル、、、

スタッフが一緒に来てくれたおかげで私もちょっと深く潜ってみました。

撮影してくれたスタッフも感化され、一緒に練習していました。

ちゃんと本格的にレッスンができるように機材を揃えていくつもりです。

モルディブに戻ってきました、そして初日にイルカ!

今月からまたモルディブです。
早速日本人ゲストへ体験ダイビング、イルカに遭遇しましたよ。
バリにいる時からここのハウスリーフが恋しかったんですが、おかえりなさ〜い
と、言わんばかりにこちらを見てくれました。

ゲストから写真いただきました。

毎朝、スノーケリングしていますがいつも見かけるカメにはまだ会えていません。。。

私はフリーダイビングのインストラクターでもあるのですが

ここでも教えられるようになるといいな〜と思っています。

さて、あまりにも長くバケーションへ行っていたので帰ってきたらみんなに
今回はどのくらいいるの?またどこかへいなくなる?
と聞かれます、、、
これは そろそろまた別のところへ行けというサインではないでしょうか?
などと都合のいいように解釈しています。