Feeds:
Posts
Comments

Posts Tagged ‘UnderWaterPhoto’

前々回からの続きです。

プライベート アイランドは

ボートでエルニドまで移動しなくてはなりません。

ボートは島から10分か15分の所に着き、浅瀬を歩いて陸に着くと そこではバンが待っていて、中心地まで行くようでした。

カフェに着き荷物を置かせてもらい宿探しに、数人は軽く食べ物や飲み物を頼んで休憩してから、

コロンもそうでしたが結構どこも満員で 今がハイシーズンなのですね。

この旅行中、、、体調を壊していたので思うように食べられなかったのです、、、大好きな果物やナッツが少ない、、、です。

そんなこんなでエルニドの一夜が過ぎ、早朝4時半起きでフェリー乗り場へ行き高速船でコロンへ戻りました。

ここでの楽しみはまたバラクーダレイクに行くことと、ボートをチャーターして沈没船でフリーダイビングする事とジュゴンに会う事でした!

ジュゴンへ行く船が見つからず断念しましたが、、、

lifeaquaticmarikagaya

 

 

写真: Rich Maskey

こちらはすごく浅い所ですが、深いところの沈没船はスリル満点でした。

Advertisements

Read Full Post »

今日ブスアンガ空港(コロン)からマクタンヘ戻って来ました。

2週間ほど前からフィリピンに来ています。

今回のフィリピンも去年同様トレーニングが目的でしたが、予定を組んでチケットを購入してから、彼氏の友人達もフィリピンにくる計画を立てていて、その内容はボートでアイランドホッピング!

そこへ便乗することにしていたら、その後プライベートアイランドを3日間貸し切る!という計画も持ち上がりさらに他に私の友達も巻き込んで合計10人が集まることになりました。

私以外みんなイギリス人。。。

最近よくあるパターンです、私以外フランス人とか、、、私以外みんなドイツ語話せるとか、、、でも今回は英国人です、でもねイギリス英語は耳慣れず、早くて時々意味不明になります。

それはさておき、

初めての土地 パラワンのコロンに着き2日ほど過ごし、そこでバラクーダレイクに行きフリーダイビングをしました。

水面から14m程までは淡水で29度くらい(ちょっとは塩分あります)14mを過ぎると塩分が濃くなり35度以上になります!さらに深く潜ると真っ暗でまた水温が下がります。

不思議だ!

珊瑚はいませんが魚やエビ巻貝が沢山いました。

大きなバラクーダも一匹いましたよ。

翌日はスクーバで沈没船に潜りました。

とても大きな日本の船が1日のうちにたくさん撃沈された場所で有名です。

こんな立派な、大きな沈没船に潜ったのは久しぶりでした。

船の外観はすっかり珊瑚に覆われてたくさんの生き物の住処になっていました。

この周辺は珊瑚が初めて出現した場所で珊瑚の種類も500種類以上あるんです!

ラジャアンパットも凄い珊瑚礁が綺麗ですが、ここ周辺もすごく綺麗です。

長くなりましたので次回に続きます。

Read Full Post »

おはようございます 加賀谷まりです。

朝日が昇る5:45頃 温かいお茶を飲みながらぞろぞろとみんなも起き出して来ました。


今朝は早朝ヨガ中にイルカだ!行くよ!

と声がかかりみんなで準備をしてディンギーに乗りイルカの群れの方へ向かうと。。。

続々と他の船も到着、とにかく海に入ってイルカの群れに近寄ってみると

目を瞑って睡眠中、13頭いました。そのうち2頭は子供でした。

睡眠の邪魔をしないように大人しく水面から眺めることにしました。


私は ホ オポノポノを口ずさんで泳いでました。笑

ごめんね (疲れてるところ邪魔して)  許してね (それでも逃げないで一緒に泳いでくれて) ありがとう (こんな美しいあなたたちを) 愛してるよ〜♪

心なしか私の泳ぐスピードに合わせてくれているような? (水面でモノフィンで泳ぐと結構大変です) 目を開けてこちらをチラッと見てまた目を瞑って泳ぎます。

子供がお母さんからミルクをもらいながら泳いでいる姿も見れましたよ。ひっくり返って泳いでるのがその子です。

夜の捕食から帰ってきてお休み中のイルカは、遊んでくれません。

とにかく休んで体力を回復して食べたものを消化している感じです。

エリック曰く排便していると食べ物にありつけた証拠だからいいサインだ、といっていました。

目を瞑って泳いでいるのにみんなほぼ同時に方向転換、子供はお母さんにぴったりくっついて一体となって動く姿が美しい。

素晴らしい自然と海に感謝

Read Full Post »

こんばんは、

先日サンセット時に数名でリーフを泳いでお魚を観察して、ボートに戻ろうとしたらボートの上でこちらを指差してDauphin! (フランス語でイルカ)と叫ぶので水面下を覗くとあ〜♪本当にいた〜!

そのまましばらく一緒に泳ぎました。

映像はこちらをクリック

Read Full Post »

Bottlenose dolphin

Bottle nose dolphin

前回のエントリーの続きです。

このグループはよく見かけます。いつか彼らのように泳ぎたい。。。

最近9頭に増えていて子供がお母さんの横にぴたりとついて泳いでいました。

時々ダイビングでも遭遇します。

この写真は朝7時頃です、早起きは三文の徳。。。それ以上だと思います。

でも、実は午後であろうと夕方であろうと関係なく現れます。

ダイビングやスノーケル中に金属音やベルなんかの音がするとスーッと遠くへ行ってしまいます。

だから私はダイビング中にむやみに音を出しません。

ベルのような物をポケットに入れて、からだが動くたびに音がするダイバーさん、

もうそれだけでイルカとの遭遇率減っております。

それとマダラトビエイやモビュラもそうです。

これは実はガイド泣かせだなーと思うんです。

よほどこちらを見てくださらないコミニュケーション不足のダイバーさんにのみ音でこちらを見てもらいますが。。。苦笑

そして、

人の指や手からはエネルギーが出ているんでしょうか?

一度ですがモビュラのグループと遭遇した時、指を指した瞬間にパーッと散ってその後また一塊に別の方向へ泳いで行った事があったり、指差した瞬間ぴゅーっと逃げちゃったり。。。距離的には5mとか離れた所からでした。。

それからは音は出さずに指を指すかわりに指示棒を使っています。

スノーケリングでも、、、

私が手で水をかいたときも打たれたとでも言うようにイルカが一斉に身体を翻して遠のいて行きました。

マダラトビエイも手を使わずに潜るとかなり近くで一緒に泳いでくれた事もあります。

Read Full Post »

昨日はリゾートから南に55分の所にあるベル ハ ティラと言う所へ行って来ました。
透明度25m以上で、流れもほどほど、アジの群れやヨスジフエダイの群れが小魚を追いかけていました。
この時に来ていた日本人カップルの最終回のダイビングで、とっても奇麗で良かったと言っていただけました。
毎回ダイブサイトを私が決める事が多いので、ダブって同じ所へ行かないようにしたり、
ゲストが好きそうな所を考えるのですが、何せ私が行った事ない所もあるのです。

ちなみにこのカップル、はじめのチェックダイブの時からナポレオンやウミガメを見たり、
スノーケルでもマダラトビエイやウミガメなどしょっちゅう見ていたようです。

また来たいと言っていただけました〜

 Batfish at Beyru Ha Thila

ナンヨウツバメウオ

Beyru Ha Thila 2

向こうから寄って来ました

Blue striped snapper

Blue striped snapper

Maki at BeyruHaThila

Maki san

Maki&Yuta@BeyruHaThila

Maki & Yuta

Read Full Post »

今朝は8:30出発のダブルタンクダイビングに行ってきました。

1本目はマスティラ(マスはディべヒ語で魚のこと、、、だったはず、ティラと言うのは海底にそびえる山のようなものでサンゴ礁でできています)

このダイブサイトは珍しく、細長ーくリーフがサンドバンクまで続いていてテーブル珊瑚がたくさん!そして小さな魚が前が見えない位たくさん居ました。

MasThila1

GlassFish at Mas Thila

そしてそれを狙って大きな魚がやってきます。

MasThila2

Bluefin Trevally

これはカスミアジ、そして大きなマーブルレイ(まだらエイ)や、タイマイもふわぁ〜っと通り過ぎて行きます。

MasThila3 - mableray

Marble Ray

MasThila Hawksbill

Hawksbill turtle

このタイマイ(ウミガメ)はえさを探していたのか?ダイバーを興味津々に見ていました。

ここでは深度24mほどに56分居ました。

そして2本目、デヴァ ギリ(デヴァはその近くにある島の名前だそうです。ギリとはこれもティラのように水中にある山のようなものですが、ティラよりも小さく、水面ギリギリまで珊瑚があるんです。)

ここでも、ウミガメが居ました、タイマイとミドリガメここのウミガメはほかよりちょっと小さい気がします。

DhevvaGili - Green Turtle -

Green Turtle

後オコゼも居ました。

DhevvaGili - Scorpion Fish -

Scorpion Fish

2本目の深度は20mくらい、そして56分ほど居ました。

カレント(潮流)はそれほど強くなくて楽なダイビングでした。

Read Full Post »