Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Marine Life’

今日は午前中、ダブルタンク ダイビングに行ってきました。

環礁の外側のマーフシ ベルと言う所が一本目。

透明度やら流れなんかが気になっていたのですがカレントチェックで覗いてみたら、透明度もよくて水底(20mくらい)にトラフザメが居るのが見えます。

ちょっとウネリはありますが流れもまあまあ、入ってすぐにバラクーダの群れと巨大磯マグロ2匹が通り過ぎて行きました。

そして、はじめに見つけていたとラフザメの所に来て皆さんで眺めてその後しばらくして何気なく方向転換して上を見上げたら、なんと!!!

巨大なバショウカジキが悠々と泳いでいるではないですか!!!

透かさず皆に教えたら皆さんカメラを向けていましたが、ちょっと遠かったみたい。

でもゲストはガッツポーズでした。

大きかった!!!それにかっこ良かった〜

釣りでつられた所ばっかり見ていた私、生きて泳いでる姿が見られて嬉しかった!

捕まるんじゃないよ〜と声をかけたくなってしまいました。

追記

ちなみに、カジキマグロとよく聞きますがカジキはマグロの仲間ではないのです。

カジキの肉をマグロとして代用したりするからそう呼んだらしいです。

で、英語ではバショウカジキはSailfish、マカジキとクロカジキをMarlinといい、メカジキがSwordfish、フウライカジキ類をSpearfishと言うようです。

角(みたいなもの?)が有るのでこういったカジキをBillfishというみたい。

wikipedia曰く、

バショウカジキは、、、高速遊泳を行うことで知られるカジキ類の中でも最も速く泳ぎ、水中最速の動物である。

その速度は54ノット(100km/h)を超えるといわれる。

という事でした。

そして、このウィキペディアを読んでいたら、背びれの感じと色合いからしたら、ひょっとして私が見たのはマカジキ(Striped Marlin)だったかもしれないなと思うのです。。。

広告

Read Full Post »

fecabook に友達が乗っけていたのを見つけたんですが。

こんなウツボが居るんですね〜!!すごい本当に透けてる。

見ている限り骨のような筋が一本体の真ん中にあるようですが、心臓とか内蔵とかも見えませんね。

ちなみに、

私には見てみたいと思って、まだ見れていない水中生物がいくつかあるんですが。

それはまず、Leafy sea dragonWeedy Sea Dragon どちらもオーストラリアで見られるんですよね。

あと、pom pom-boxer crab (キンチャクガニこれは凄く小さいんです、コンペイトウガニくらいの大きさ。)

そして、ダンゴウオ!これは伊豆で見られるそうです。

これはモルディブには居ないんですよね。

ちょっとかわってて見つけにくいものが好きみたいです私。

Read Full Post »

モルディブへ来てはじめの2ヵ月半はRasdhoo Atollに居ましたが

そこではHammer head Shark Pointがあり、シュモクザメが見られます。

ここでの私のお気に入りダイブサイトは、Madivaru!!

ここは地形も楽しめそしてサメ、マダラトビエイ、ゴーストパイプフィッシュ、 スティングレイ、バラクーダの群れが見れます。

ThreePalms ではたくさんの大きな海がめが見れます。

私が今居る島(Fesdu)North Ari Atollはたくさん人気スポットがあります。

NewPikkies96

DownUnder and Wave

主な場所は、MaayaThila, Fish Head, Himendhoo Thila, Hohola Thila, Fesdu Wreck, Maalhos Thila,

ちょっと離れてDiga Thila 等があります。

fishhead079

Fish Headというところで見られるナポレオンです、こんなに近づいてくるんです。

なぜならみんなが茹でタマゴを持ってくるから、、、本当は魚にとっては良くないですよね。

新しくオープンするリゾート Wリトリート&スパ は まだダイビングスクール完成していないので

機材が持ち込めずスノーケルの日々 、リーフのお掃除も素潜りでしてます。

Fesduhouse reef

Read Full Post »