Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2016年2月

中国人インストラクターとイタリア人インストラクターとで夜の海で写真撮影を試みました。

中国の旧正月という事でチャイナドレスを着て写真を撮りたいと言いだした ミッキー。

でも、仕事が終わってからじゃないとみんなで一緒に海に入れない。

夕日が沈む頃から海に入り、すぐに真っ暗になりましたが、

彼女が持っているカメラとストロボでとった写真は暗くてもしっかり写っていました。

夜の海を眺めるのが好きです。

カリブ海に住んでいた頃、デッキの上に建てられたバーに行ってただボーッと光に反射している海を眺めていました。

モルディブに来る前はしょっちゅうナイトダイブをしていたんですが、

モルディブではそれほど人気がない様で特にこのリゾートは行かないなぁー。

前のリゾートはナイトスノーケリングが人気ありました。

さて。写真の出来栄えを見ていたら、私の写真にフグが写っていました。

ナイトフォトシューティング モヨウフグ〜加賀谷まり

大きなモヨウフグ、最近よく遭遇してそばに寄ってこられたこともありました。

撮影にあたりタンクとレギュレーターを持って入ったのですが

mickeyちゃんは息止めてる〜というのが表情に出てて、、、笑

気に入った出来栄えではなかった様です。

ナイトフォトシューティング2加賀谷まり

 

 

 

 

Read Full Post »

昨日と今日はサンゴの移植を試みました。

ラグーンの中にある小さな島のすぐ目の前にはたくさんの枝サンゴが群生しているのですが、

浅瀬のサンゴが砂に埋もれていて、そうなるとサンゴは死んでしまうのです。

そこで、その死にそうなサンゴを別の場所へ移動する事になり

私ともう一人のインストラクターとで地道に砂を掘りサンゴ救出作戦!

サンゴを掘り始めるとすぐにストレスから粘液を出し始めました。

ごめんねぇ〜 攻撃してるんじゃないのよぉ〜と思いつつ

そーっとバケツへ移動しますが魚も何だ何だ?どうしたんだ?

と言う様にアタフタしていました。

魚によってはこちらをじーっと見て手を伸ばすと威嚇してくるものもいます。

ごめんね〜、住処を荒らしてるよね〜じゃぁここはやめておこう。。。

と思い今日は別の場所のサンゴを移動しました。

魚の赤ちゃんたちにとって格好の隠れ家の様で幼魚がたくさんいました。

時間が限られているのでほんの少ししかできませんでしたが

移動したサンゴにはすでに魚が集まっていました。

 

 

Read Full Post »

最近ダイビングが忙しく、アドヴァンスドの講習やスクーバダイバーコースを教えたりでお休みが2日ずれました。

と言っても、前のリゾートは10日や2週間休みが取れない、何て事しょっちゅうだったので2日なんて気にならないですが、ここは忙しさが違うのでやはりお休みは有り難いですね〜

お休みの日でも起きる時間はほとんど同じです。

今日はボートダイビングが無かったのでスノーケルトリップに便乗しました。  

ゲストが到着するのを待つ間ボートで待機。

あぁ〜、水中カメラを借りればよかったなぁぁ!

天気も透明度も凄く良かったです。

水底まで潜って、

珊瑚礁の合間にある砂地に座って周りを見ていたら魚が私の周りを泳いで、

それをジーッと鑑賞していました。

幸せ〜

ところで!もうすぐ、中国の旧正月ですね。

最近はモルディブに来る中国人が減ってきているので今年はどうなるでしょうか?

私は3月に休暇を予定しています。

ふふふ、4月もです。

それまでにカメラを見つけたい!  (^-^)

Read Full Post »

今朝はオフィスデューティの筈が仕事場へ着くとダイビングに行くように言われました。

ラッキー!(^-^)

今朝も天気がいい 朝日はこのように遠く水平線付近に雲はありますが周りはスッキリ。

 

私の頭上にはお月さまも、、、

  
 

そして昨日の朝日はこちら。

  
雲の切れ間から差し込む光線が綺麗でした〜

ダイビングも透明度も良く、流れもマイルドでした。

モルディブ初めてと言うチェックダイバーカップルと昨日私がリフレッシュコースをしたカップルを連れて行きました。

チェックダイバーさん達、カメラを持っていたからか透明度が良いのでどんどん深くへ行ってエアの消費が早かった!

サメ、海亀、マダラトビエイ、ナポレオンなどに遭遇しました。

  
水面休憩では近くのローカルアイランドに上陸散策しました。

島によって雰囲気が違いますね。

ウェットスーツ着たままだったのでカメラを持たずに来たのをちょっと後悔。

2本目はKudaGiriクダギリ 私達がエントリーした時は他にダイバーが居なくて静かな海でした、が、途中からどんどんダイバーさん達が降りて来てリーフが満員状態、いなかったボートが水面へ戻ると8船も居ました!

さすがここは人気があるんですね〜

混み合う前にダイビング終了して良かった!

Read Full Post »