Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Snorkeling’

おはようございます 加賀谷まりです。

朝日が昇る5:45頃 温かいお茶を飲みながらぞろぞろとみんなも起き出して来ました。


今朝は早朝ヨガ中にイルカだ!行くよ!

と声がかかりみんなで準備をしてディンギーに乗りイルカの群れの方へ向かうと。。。

続々と他の船も到着、とにかく海に入ってイルカの群れに近寄ってみると

目を瞑って睡眠中、13頭いました。そのうち2頭は子供でした。

睡眠の邪魔をしないように大人しく水面から眺めることにしました。


私は ホ オポノポノを口ずさんで泳いでました。笑

ごめんね (疲れてるところ邪魔して)  許してね (それでも逃げないで一緒に泳いでくれて) ありがとう (こんな美しいあなたたちを) 愛してるよ〜♪

心なしか私の泳ぐスピードに合わせてくれているような? (水面でモノフィンで泳ぐと結構大変です) 目を開けてこちらをチラッと見てまた目を瞑って泳ぎます。

子供がお母さんからミルクをもらいながら泳いでいる姿も見れましたよ。ひっくり返って泳いでるのがその子です。

夜の捕食から帰ってきてお休み中のイルカは、遊んでくれません。

とにかく休んで体力を回復して食べたものを消化している感じです。

エリック曰く排便していると食べ物にありつけた証拠だからいいサインだ、といっていました。

目を瞑って泳いでいるのにみんなほぼ同時に方向転換、子供はお母さんにぴったりくっついて一体となって動く姿が美しい。

素晴らしい自然と海に感謝

広告

Read Full Post »

こんばんは、

先日サンセット時に数名でリーフを泳いでお魚を観察して、ボートに戻ろうとしたらボートの上でこちらを指差してDauphin! (フランス語でイルカ)と叫ぶので水面下を覗くとあ〜♪本当にいた〜!

そのまましばらく一緒に泳ぎました。

映像はこちらをクリック

Read Full Post »

こんにちは、加賀谷まりです。

今 紅海の海の真っ只中 ボートでフリーダイビング&ドルフィンスイムのツアーに参加しています。

何名かはフリーダイビング初心者、基本知識やスキルの練習もこのボートでしています。

私のルームメイトになったベロニークも、色々と質問をしてきます。

そこで耳抜きの話になり…

風船使って練習するといいよ、と話したらフランス人同士で練習会


1番右の方は実は鼻をつままなくても耳抜きができるラッキーな方です。

羨ましい〜♪ 

私はゆっくりなら鼻をつままなくても耳抜きができるんですが基本はつままないと耳抜き出来ません。

頭が逆さまになるので耳抜きが難しくなる、ここがスクーバと違うところの1つです。



今回のボートにはフランスの記録を出したフリーダイバーも居てレベルは様々ですが、素敵な人が集まって楽しい雰囲気です。

ここでは朝9時から12時まではイルカが寝ている時間なので邪魔しないよう海に入るのは基本的には禁止なんですね。

でも入っているボート居ましたけど。ライフジャケット着ているので潜れないからまだいいかな、と言う見解のようです。

私たちは大人しく待つことにしました。

イルカはちゃんと誰がうざいか (笑) 覚えているそうですよ。

だから、アーこの人たちは分かってくれている、と信用して 一緒に遊んでくれるのだそうです。

ちゃんと感情が有って、モノフィンで潜っていったら 「ん?!!!何だ?」とでも言わんばかりに振り返って体を曲げて見入ってきます。

すごく面白い反応です。

Read Full Post »

1日目の最初のポイントは 普通のスノーケリングポイントで泳ぎました

そのあとドルフィンポイントへ着くともう既に何人かがイルカと泳いでるのが見えました。

私たちの早速イルカの達人エリックのガイドの元エントリー、彼がイルカをチェックして 知っているイルカだったので早速一緒に潜りました。

一頭はとてもフレンドリーだから一緒に泳いでくれるはずだよ。

と言っていましたが、もう2頭も仲良く泳いでくれました〜♪

とにかく先ずは映像でお楽しみください。

ちょっとピントが甘いような気がします。

やっぱり片手で撮るとブレるのかも。


お母さんと子供そしてもう一頭も年配の女性イルカです。

子供とお母さんの他に一緒にいるイルカはオスのことは無いんだそうです。

交尾以外メスはメス同士オスはオス同士で行動するんだとか。

メスは体も小さめで傷が少なめです。

Read Full Post »

昨日は早朝のDolphin Quest (ドルフィンクエスト) に行きました。

まだ朝日も出ていない暗い時に出発、すこーしづつ明るくなり日が昇る頃に

ポイントに着きます。

でイルカ発見!ハシナガイルカの群れがいました。

1時間ちょっとしてドイツ人のゲストが一緒に泳ぎたいというので

スノーケルセット装着してジャンプ!でもこのタイプは人が飛び込むとスーッとどこかへ逃げていきます。

もうそろそろ帰らないと朝食に間に合わないので、戻ろうということになり

私はボートに先端でのんびりくつろいでいたらそばにいたボートクルーが

Whaleshark!!(ジンベエザメ)と叫び指を指しているので見てみたらちょうど目の前で大きなヒレが沈んでいくのと

ジンベエの斑点が見えました!

大興奮でみんなにwhaleshark!!!と叫んだらみんながWhat???!!!と、信じられない様子

本当に、冗談じゃなくて!と言って水面近くを泳いでいるのを指差すと

みなさんも大興奮!みんな、水に飛び込みました。(いや、中国人は飛び込んでいなかった)

目の前に間近に寄ってきます。

逃げないの、全然怖がらず逆に寄ってくるから触らないようにするのが大変

Whaleshark Front

Whaleshark Front

30分ほど一緒に泳ぎました。

いようと思えば1時間でも泳げそうな感じでした。

なんてラッキー!、でも朝食に間に合わない!ということで電話をかけて待ってもらうように頼みました。

一緒に泳いだゲストは着くなりみんなに自慢しまくっていました。

ジンベエザメに遭遇!感激 IMG_0681 IMG_0714 IMG_0724 IMG_0744

Read Full Post »

今朝、まだ暗いうちから早起きしてダイビングへ出かけました。

そして環礁の外側をダイビングしました、1本目が終わってボートに戻るとキャプテンとボートクルーが

「マンタがいたよ」と言うので「じゃあ、またそこへ行ってみようよ、まだいるかもしれないし」

と言ってボートを走らせること数分、居ました!!

早速フィンとマスクとスノーケル装備でジャンプ!と飛び込んだのは私だけ。。。

ボートの上ではみんなが同じ方向へ指を指しています。

その指先を頼りに泳いで行った先が、このビデオです。

すごく大きかった!

ボートの上でもハッキリとマンタが私の真下を泳いでいくのが見えたそうです。

ひっくり返った瞬間に白くお腹が見えたのでさらにハッキリサイズがわかったようですよ〜

この後しばらく一緒に泳ぎましたが、泳ぐのが早くて大変!フリーダイビング用のフィンなら楽勝だったんだけどな。

Read Full Post »

Bottlenose dolphin

Bottle nose dolphin

前回のエントリーの続きです。

このグループはよく見かけます。いつか彼らのように泳ぎたい。。。

最近9頭に増えていて子供がお母さんの横にぴたりとついて泳いでいました。

時々ダイビングでも遭遇します。

この写真は朝7時頃です、早起きは三文の徳。。。それ以上だと思います。

でも、実は午後であろうと夕方であろうと関係なく現れます。

ダイビングやスノーケル中に金属音やベルなんかの音がするとスーッと遠くへ行ってしまいます。

だから私はダイビング中にむやみに音を出しません。

ベルのような物をポケットに入れて、からだが動くたびに音がするダイバーさん、

もうそれだけでイルカとの遭遇率減っております。

それとマダラトビエイやモビュラもそうです。

これは実はガイド泣かせだなーと思うんです。

よほどこちらを見てくださらないコミニュケーション不足のダイバーさんにのみ音でこちらを見てもらいますが。。。苦笑

そして、

人の指や手からはエネルギーが出ているんでしょうか?

一度ですがモビュラのグループと遭遇した時、指を指した瞬間にパーッと散ってその後また一塊に別の方向へ泳いで行った事があったり、指差した瞬間ぴゅーっと逃げちゃったり。。。距離的には5mとか離れた所からでした。。

それからは音は出さずに指を指すかわりに指示棒を使っています。

スノーケリングでも、、、

私が手で水をかいたときも打たれたとでも言うようにイルカが一斉に身体を翻して遠のいて行きました。

マダラトビエイも手を使わずに潜るとかなり近くで一緒に泳いでくれた事もあります。

Read Full Post »

Older Posts »