Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2011年10月

最近ダイバーさんたち雨続きでボートダイブの予約があまり入らないので、今朝はスタッフで“エクスプローラーダイブ”と称してスタッフ4人+リゾートのスタッフがゲストとして付いて来ました。

透明度抜群に良かったのですが、今日は新月、めちゃくちゃ流れが強くあっ!という間に流されてしかも所々アップダウンの流れがまさに洗濯機のよう。

でも、なかなかいいサイトだったと思います。。。

次は流れがあまり無い時に行きたい。今日はこの後私はナイトダイブが入っています。

久々のナイトダイブ当たりの日だといいな〜

Read Full Post »

最近雨がよく降るので植物がぐんぐん成長しているのが目に見えてわかります。
5月からこつこつと種から育てた植物がほとんどですが、最近黄花コスモスの種も植えてみたんです。
芽が2~3日で出て来ました!!

 5月に書いたエントリーと比べると凄く違います。

7月に挿し木で植えたプルメリアがこんなに大きく!

一番手前にあるのが黄花コスモスです。
ちなみにパパイヤは地植えなので引っ越し前の場所にあります。
明日の朝どこまで大きくなっているかチェックしに行ってみようかな?

Read Full Post »

先月の頭にクラマティと言うリゾートに言って来ましたが、そのとき見つけたアクセサリー!!気に入ってほぼ毎日使っています。
それは、足につけるアンクレットとトーリングが一緒になったような?
でもサンダルの様に見えるような?
これ履いたら裸足でレストランに言ってもアダム(F&Bマネージャー)に裸足で来たって咎められないかも?
と思って買ったんです。かなりいろんなのがあって彼と一緒に迷いに迷って買いました。

これ、

ここのリゾートのスタッフがみんなどこで買ったの?って聞きます。
ゲストにも聞かれる。。。
もちろんアダムも素敵だねーと言って裸足である事には別に何とも言って来ませんでした。
男性は、ハハハ!ナイスなサンダルだね〜とか。

でも、これは砂浜の島だから使えるけど、アスファルトをこれで歩いたら暑いよね。。。
もっぱらディナーとバーに行く時に使っています。
かわいいサンダルとか買わなくてもこれ一つでオーケーでとっても気に入っています。
自分でも作れるよね、これなら。
だから皆さんんも伸び縮みするテグスとビーズがあったらすぐ出来ると思いま〜す。
来年の夏にもしくはリゾート地へ行く方へ、おためしあれ〜

Read Full Post »

このところ、雨期終了間際にして雨がよく降る!

植物にお水をあげなくてもぐんぐん育って来ています。

ちなみにビーチにキノコまで生えて来ています。

最近日本人ゲストが少ないのですが、先週久々にチェックダイブをしました。

午前中の方が透明度がいいので結構いろいろ見れました。

これは18m付近の写真、赤いイソギンチャク。フラッシュ無くても赤く見えますね。

ウミガメ(タイマイ)が20m付近を泳いでいました。

せっかく撮っても、小魚の中に埋もれてるし

かなり邪魔ですね。。。手でちょっと追っ払って撮りました。

7ヶ月前は5センチにも満たない大きさでしたが、今はその倍以上のサイズのリーフ・フィッシュ

子供から大人になりかけのナポレオン、ここにはもっと大きなサイズも現れます。

そして子供も2匹くらい居ます。 ちょっと遠かったですが結構はっきり見えてますね。

そして水深1mちょっとの所にいつも居るタコ、私の事は知っているみたいで逃げません。

いつもじーっとこちらを見ています。

そしてこちらは昨日の午後、デヴァマーガラーと言うダイブサイトで見たマーブルレイ。

スチィングレイの仲間です。

やっぱりちょっと透明度が落ちてますか? ボヤケてますね。。。これは20m付近です

昨日の午前中もかなり流れはありましたが透明度は抜群でした。

水温は28度から30度くらいです。 今日はピカピカに晴れています。

今日が最後のダイビングと言っていたダイバー、喜んでもらえたらいいな。

Read Full Post »

カロはどんどんカラフルになって来ました!
そして大きくなって来ましたよ〜

コレが1週間前10月12日

そして10月14日

コレが昨日!10月19日

顔の周りは3色です!

追記ーーーこのエントリーを書いた二日後にカロは死んでしまいました。
突然スタッフがカロが死んだ。と言ったので冗談かと思ったら本当に死んでいました。
何か変なものを食べたのか?雨が降ってずぶ濡れになってしまったらしくそれで
風邪を引いたのか?全くわからない。。。

Read Full Post »

このところ天候が毎日変わり雨が降る事が多いですが昨日は晴天風も少なくてとても気持ちがよかったです。

私のお気に入りのダイブサイトの一つコーラルガーデンに1本目潜りました。

スイス人カップルとドイツ人女性の3人がゲスト、この日はカレントも程々に流れていて

エントリー直後からウメイロモドキの大群が右へ左へ舞っていました。

いつも付いてくるバラクーダ、この日もしっかり私たちの後を付いて来ました。

ナポレオンも親子で登場、そして6匹のマダラトビエイが浅い所を旋回していました。

そしてウミガメも私たちの周りを横切り、、、ダイバーさんも大満足でした。

今の所、ここはいつ来ても外れないのですが、流れが無いと大物も少ないので珊瑚や地形派の方なら断然気に入るはず。

明日は久々に空港のそばでチャンネルダイブです。

どうでしょうね〜

Read Full Post »

、、、と言うか海の近くで働き、生活していると環境の事が前に日本に居た時よりも身近に感じます。
コレは昔は自然と接する仕事をしていなかったからなんでしょうが、
そして習慣の違いや環境の違いで起きる勘違い、無知。

この環礁はとても大きくて深いので珊瑚がとても生き生きしています。
そしてここに来て気づいたのは日差しがとても強いので晴れてる時は30mでも色が確認出来ます。赤やオレンジがほぼそのままわかります。
だから深くても珊瑚がたくさんあります。

ここのリゾートではエイの餌付けなどはしていません。
コレは環境破壊を防ぐのでいい事だと思っています。

それにまず、エイがあまりこの辺に居ないのとエイの種類が違います。
マダラトビエイやモビュラが多くスティングレイはほとんど見かけません。
これはきっとその環境なんだと思います。
でも、他のリゾートの餌付けの話を知ったGMが、ゲストが喜ぶんだったらここでもやってみよう、と言うのです。

まだ実際決まっているわけではないですが、もしそうなったら餌付けの時間にその周りで泳ぎだすゲストがでて来て絶対怪我をする可能性が増えると思うんです。
餌付けをすると魚が攻撃的にスノーケラーに寄って来たりします。

後、時々ヨーロピアンや中国人が白くなった珊瑚を拾って部屋に持ち帰っていたりもします。
貝殻や珊瑚、砂の持ち出しはこの国では禁止なので見つかった場合は最高で2000ドルの罰金 が課せられるそうです。
いくら死んだ珊瑚でも海の中にあったらその上にいろんな生物が生えて来ます。
新しい生物のベースになります。

先日は水中カメラをレンタルしたドイツ人の写真をCDに焼いていたら、大きな生きているテーブル珊瑚にフィンを履いたまま立っている写真があったりして、スタッフ皆でコレは!!!注意しなければ!!!と話し合っていたのですが彼らは英語がわからない。。。
ドイツ語が話せるスタッフが注意してくれたかは定かではない。。。
でもこんな写真を撮るくらいですからいけない事とは思っていないんですよね。
同じ事が中国人にも言えるんです。

でも、コレは自分の国に珊瑚が無いから知らないのでしょう、珊瑚がどのくらい海の生物に大切なものなのかを知らないからなのだと思います。
そして疲れて立たなくてはいけないほどの水泳力ならば、ライフジャケットをつけてほしい。
モルディブに来る日本人はこの辺は知っているようですが、カリブ海に居た時は珊瑚礁をずかずかサンダルで歩いて居る旅行者を見かけた事があり、波で転んで傷だらけの足になっていたりしました。

珊瑚と岩の区別がつかないと言う事もあるのかもしれませんが、、、
岩であれ生物が育っていて、ましてや猛毒なオコゼなどが隠れているので、とってもハラハラします。

この国の漁師もそうです。
時々ダイブサイトで漁船が大きな網を張って魚を根こそぎ捕って行きます。
そのとき網に引っかかった珊瑚は見事に壊されています。

でも、きっとそれが最終的にはどうなるのか知らないからなのだと思います。
とりあえずお金になるので気にしていられないのかもしれません。

環境にいい方法でリゾートを経営するときっと儲からないんだろうな。
食材はほとんど輸入で、ガソリンや燃料も輸入、水は海水を濾過して作って発電も
それぞれの島で、、、ゴミは増える一方だし燃やしたらそれまた環境汚染。
ここでは枯れ葉や剪定された枝などは穴を掘って埋めています。
ゴミを海に流すなんてとんでもないけど、ボートからこぼれ落ちちゃったか風で吹き飛ばされたんだろう大きな黒いビニール袋がプカプカ海に浮いているのを見ることがあります。

インドネシアに居た時もゴミはとっても多かった。
ダイビング中に潮流に乗ってゴミが流されてしかも浮いていると言うよりも落ちてくる!

ビニール袋は150年、漁師の網は600年、煙草のフィルターは400年、野菜などは8週間、タイヤなどのゴムやガラスは永久に自然に帰らないそうです。

とりあえず私が出来る事はダイビング中に見つけたゴミは拾い、珊瑚は絶対に蹴らない様にして、蹴りそうなダイバーに注意して、、、ここに来る人に海の大切さをわかってもらう事、かな?

Read Full Post »

Older Posts »