Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2006年6月

モルディブへきて1ヶ月目です。

ようやく今居るダイビングスクールで日本語が打てるようになりました。
明日は首都Maleへ行って携帯電話を5年ぶりに購入します。

今までは別のホームページに私の旅行記を書いておりましたが、
ブログというのは便利で使いやすい、ということで
ネット状況がそれほど良くはないモルディブのリゾートでは
こちらの方が何かと便利だと思い、こちらへ。。。

どうぞよろしくお願いします。

広告

Read Full Post »

モルディブはダイビング最高だからモルディブで働いたら?

と、何人ものダイバーに言われてきました。

モルディブと聞くと“楽園”とか“青い海と白い砂” という旅行のパンフレットなどを思い浮かべ

高くてそう簡単にいけないリゾート地、 というイメージがありましたので

ちょっと下見に行こう!なんて事は出来ないぁ。

kuramathi6007

kuramathi6135

そして私は、ダイビングをするんだったら、 そこで働くしかない!と思ったのでした。

普通、私の旅行は特に滞在先は計画せずに 着いたらその場で宿泊先をきめています。

でも、ここはそうはいかない、、らしい。

島ひとつにリゾート1件というスタイルで そのどれかを決めなくてはいけないのです。

決めずに到着した旅人は、その場でリゾートを決めないと もしくは宿が決まらないと入国できないらしい。

200ほどのリゾートアイランドがアトール(環礁) 全体に散らばってどこへ行くのかも結構迷いそうです。

いくつかの候補?から私が契約を結んだのが、 North Ari AtollにあるFesdu(フェスドゥ)という島で、

そこでダイビングインストラクターとして働くことに なりまして、

2006年の5月タイからモルディブのMale(マーレ) へと飛んだのでした。

正直言ってほとんど この国のことを知らずに来てしまいました。

知っていたのは、インド洋に在り赤道直下で、 約1200島からなる群島国家。

ダイバーの憧れの場所 10年後かいずれは、地球温暖化の影響で この国は海の下に沈んでしまう、

そうなる前に一度は行きたい! と思ったのでした。

行くことになって知ったのはムスリムの国という事、  Atollというのは環礁のことで、

(かつては島の海岸に沿って形成されたさんご礁が、島が完全に姿を消したあとに(相対的海面の上昇)、環状に残ったさんご礁)

それぞれの島は、26の環礁に分かれていて 南北に約900km、東西に約200kmの範囲に散らばる島々、

その環礁が集まってモルディブができているということです。

これからどんな生活が待っているのか?

リゾートに住むというのは今までにない体験です。

Read Full Post »