Feeds:
Posts
Comments

Archive for August, 2011

今日の午前中はシングルタンクダイブの日でした。

今日は11人のダイバーがいたんですが、エアとナイトロックスの二組に分かれ私はエアダイバーをガイドしました。

大人数なので私のグループはちょっと待ってからエントリーしたんですが、ちょっと待ってる間に流されてそれにキャプテン気づかず、リーフから少し離れた所にエントリーしてしまいました。

でも、とにかくゲストもエントリーしていたので潜行してからリーフへ向かって泳いでいたら、なんと目の前にカジキが!

凄く大きいんです、そして逃げずに私の目の前をゆっくり泳いでいました。

そしてダイバーの周りをゆーっくり旋回してから去って行きました。

バショウカジキとの違いは背びれの大きさと、あと角のような口の前に有る尖ったものが短めな所です。

ジーックリ見る事が出来たので違いが分かりましたよ〜

とっても大きかったので皆さんビックリしていました。

別のグループで潜った人たちは見ていなかったので、ボートに戻って写真を見せたら皆もビックリしていました。

私はこの時カメラはボートの上に置いてきてしまったので(ショック)ゲストから写真を頂きました。こちらに載せました。

いやー、最近大物がよく見られて何だか不思議です。

しかもこんな滅多にダイビングで見れないものばかり!!

この調子でジンベイザメも出てくれないかな〜?噂ではマンボウもいるらしいんですよ、ここ。。。

Read Full Post »

今ヨーロピアンの子供が結構来ています。
夏休みだからそうなのかもしれないけど、いいですね家族で旅行。

でも、時々お父さんと娘 とか、お母さんと娘とか、お母さんと息子 という様に両親で来ていないのが多いのもヨーロピアン。
お父さんとお母さんは既に別離してるけど、休暇のときだけ普段一緒に暮らしていない方の親子が会って旅行に出かけたりする事がよく有るみたいです。

もしくはお父さんは忙しいからお母さんだけ来てるの?(そんな事は聞けない 聞けない)
でも聞かなくても大抵会話中にそんな事をゲストが教えてくれるのです。

そして今、毎日12歳の女の子がお母さんとダイビングに来ています。
お母さんはオープンウォーターダイバーで女の子はスクーバダイバー、12mまでしか潜れずダイブマスター以上の人とでなければ潜れない限定付きライセンス。

なので他のダイバーとは別グループで潜ります。
12mしか潜れないのですが、お母さんはほかのグループ に混ざって潜らず一人で少しだけ深い所まで行ったりします。

しかも他のグループがあまり何も見れなかったりして 私たち12m組がいろいろ見れたりしたりするので、はじめはどっちに混ざるか迷っていたお母さんも今は迷わずこちらに混ざっています。

最近気がついたんですが、子供は空気をたくさん使います。。。
見てるとあちこち盛んに動き回ってるから仕方ないですけどね。。。
ムスジコショウダイの赤ちゃんみたいなものか?
大人になってくるとあまり動かなくなるやつ。。。

Read Full Post »

今日は午前中、ダブルタンク ダイビングに行ってきました。

環礁の外側のマーフシ ベルと言う所が一本目。

透明度やら流れなんかが気になっていたのですがカレントチェックで覗いてみたら、透明度もよくて水底(20mくらい)にトラフザメが居るのが見えます。

ちょっとウネリはありますが流れもまあまあ、入ってすぐにバラクーダの群れと巨大磯マグロ2匹が通り過ぎて行きました。

そして、はじめに見つけていたとラフザメの所に来て皆さんで眺めてその後しばらくして何気なく方向転換して上を見上げたら、なんと!!!

巨大なバショウカジキが悠々と泳いでいるではないですか!!!

透かさず皆に教えたら皆さんカメラを向けていましたが、ちょっと遠かったみたい。

でもゲストはガッツポーズでした。

大きかった!!!それにかっこ良かった〜

釣りでつられた所ばっかり見ていた私、生きて泳いでる姿が見られて嬉しかった!

捕まるんじゃないよ〜と声をかけたくなってしまいました。

追記

ちなみに、カジキマグロとよく聞きますがカジキはマグロの仲間ではないのです。

カジキの肉をマグロとして代用したりするからそう呼んだらしいです。

で、英語ではバショウカジキはSailfish、マカジキとクロカジキをMarlinといい、メカジキがSwordfish、フウライカジキ類をSpearfishと言うようです。

角(みたいなもの?)が有るのでこういったカジキをBillfishというみたい。

wikipedia曰く、

バショウカジキは、、、高速遊泳を行うことで知られるカジキ類の中でも最も速く泳ぎ、水中最速の動物である。

その速度は54ノット(100km/h)を超えるといわれる。

という事でした。

そして、このウィキペディアを読んでいたら、背びれの感じと色合いからしたら、ひょっとして私が見たのはマカジキ(Striped Marlin)だったかもしれないなと思うのです。。。

Read Full Post »

Older Posts »