Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Travel’

ロンドンからトルコ経由でシャルムエルシェイク(ちなみにsharm el sheikh 私はシャーマンシェイクと発音してしまいます)につきまして、そこから車で1時間ほどでダハブに着きます。

昨日は月が湾曲した部分が真下に来てニコちゃんマークの口のように細くて天の川が綺麗に見えました。

ドライバーのお兄さんもホラ見てごらん!と言って車のヘッドライトを切って運転したりして、真っ暗の中を走るのですが、さすがに危ないと思ったらしくウインカーを点灯させてしばらく運転してくれたんですが、空が広くて真横まで星が瞬いていました。

夜中に着いたので、翌日起きて部屋の外を眺めたら、10年前とは違った建物が沢山出来ていて、雰囲気は残っていますがかなりファンシーになっていますね〜!

びっくりしました。

そして私が泊まっている部屋の真横にはフリーダイビングのショップがあり、(まぁだから予約したんですが) あまりにすぐ近くでこれもビックリ。

ちょっと周りを散策して お友達のダイブショップを訪ねて 10年ぶりの再会を果たし、さらに後もう2人フリーダイビングを通して知り合ったお友達に再会し、さらに あっという間に 新たな知り合いが増えたのでした。

9月の頭に日本を出たのがまだ昨日のことのようですが、、、もう既に10月半ば、そう言えばもうすぐ新月ですね。

星空の下で寝たら気持ちいいだろうなぁ〜!

今回ちょっと後悔しているのは寝袋を持って出なかった事です。

2000年のお正月にいたネパールで買ったダウンの寝袋、ファスナーを開けると普通に掛け布団にもなるので便利なんです。これがあったら夜船の上で星を見ながら寝られたなぁ〜と、思いました。

でも代わりにダウンジャケットやヤクの毛のショールを持ってきたのでそちらが活躍してくれるのを期待します。

ここは風が強くて、水温は25度くらいだそうです。

明日は海に入りたい!


早起きして朝日も見たいのでそろそろ寝ようと思います。

最近時間の感覚がずれているなぁ

広告

Read Full Post »

数日前にセブ島に着きました。

11年半ぶりのフィリピンですが、マクタンに滞在は初めてです。


到着した日はちょっと曇り空で、

ここのところ雨が多かった様です。

日本でも台風が来ていたのでそんなに遠くないですからね。

でもその後は晴天続き、

夜に一度雷とイナズマが落ちたりして土砂降りの日がありましたが昨日今日は清々しいです。

特に海辺は風が気持ちいい。


今回は気合を入れて、モノフィン持参しています。

せっかく買ったのになかなか練習する機会がなく2年くらい経ってしまいました。

今回は今まで慣れ親しんでいたショップでは無く、

完璧にお客さんとしてダイビング!

何故かコーチングセッションのブイに振り分けられ、

インストラクターにいろいろ質問されたのですが、よく伝わっていなかったらしく。

パーソナルベストより10m浅いところで、じゃあベスト更新?

という問いかけが   😯 ?

どうりでやけにロープを降ろしてくれないな〜って、、、思ったらそういう事ね。

向こうも、あー何だそうだったのかー! みたいな感じで スッキリした。

さて、その次の日からモノフィンの練習しています。

普通のフィンとは動きや手のポジションが全く違いますので

その動きを習得する練習も大事です。

あとは何と無くイルカをビジュアライズしています。

でも、イルカともちょっと違うな、という気もしてます。

今のところは普通のフィンで潜った方が楽ですが
新しいテーマがあって楽しいです。

Read Full Post »

■11/Sep/2001
イスタンブール、午後4時頃ブルーモスクでくつろいでいると 警備員か警官が”閉館します。”と一言…
その約2時間後テロ事件を知らされる。

このままエジプトまで行くのは良いとは思えないと決断し 進路をヨーロッパ方面へ、

そしてアメリカからメキシコに 入り、ホンジュラスまで車で渡り、

予定していた エジプトの”紅海でダイビング”を”ロアタンでダイビング” に変更、

旅路は意外な方向へ向かっております。

bmos010911

b-mosque02

ayasofia1

ゼルヴェ峡谷野外博物館 ゴレメはケーブルームがあちこちにあって 見所いっぱい、9日間滞在しました

ゼルヴェ峡谷野外博物館
ゴレメはケーブルームがあちこちにあって見所いっぱい、9日間滞在しました.

きのこ岩で有名なパジャパー

きのこ岩で有名なパジャパー


■22/Dec/2001
Mew Mexicoを出発、約1ヶ月ちょっとかけて、 Mexicoを横断し、

それからBelizeに2日寄ってGuatemalaで約2週間、

antigirl

その後予定していたRoatan行きをガテマラ人の

“ロアタンは高いよウティラの方が安いしバックパッカーが多いのはウティラだからそっちヘ行くのを勧めるよ”

の一言でUtilaと言う小さな島へと変更、

ここでダイビングする事に…

実はこのガテマラ人には 数年後にウティラでまた合いました。

Read Full Post »

30/Jan/’02
Aguazulに寄ってからPalenque(パレンケ人口24,400人標高 80m)に着く。

ここは近くにZona Arqeologiaと言うマヤ遺跡があって周りはジャングルに囲まれているので

カバナにハンモックで 寝るかテントを張ってキャンプをするようになっている。

バナナやパパイヤの実がたわわに実っている横にテントを張って 泊まる事に…
ここでまたまたデンマーク人5人組に再会。

31/Jan/’02
ジャングルできのこ発見!!スリルと、笑いの一日。

カクタス素材のハンモックを入手! 何故かカラフルなのを選んで しまった

(そのわけはやはりマジックマッシュルームかも?) でも可愛い色

この夜デーニッシュ5人組はここ、パランケを発つ

そしてMarkはこの日お気に入りの帽子をなくしてしまった。

落ち込んでいるマークに私は、アドベンチャーに嫌気がさしてバイバイしたんだよ、きっと。

と言っておいた。

1/Feb/’02
近くの遺跡を見物する、暑さと疲れでもう いっぱい、いっぱい

2/Feb/’02
Palenqueから5時間Chetumal(チェトマル)につくBelizeはもう 目の前!!!

3/Feb/’02
Mexicoの国境を越えてBelizeへ、

US$25を支払って1ヶ月のビザ をもらいSan Ignacio(CAYO カヨ人口8,000人)まで行く。

cowboy01

何だかあっという間で一箇所一箇所にもうちょっと長く滞在したかったな、という心残りがありますが…
メキシコは想像したよりも危なくない、
道を尋ねても親切におしえてくれるし、
厳つい顔で腕組みをして5-6人で立ち話 をしているおじさんたちも
警官も、車の中から手を振ると にこっと笑って手を振ってくれる。
それとも選んだルートが良かったのかな?

Read Full Post »

27/Jan/’02
ムウォソファ(私たちの車)の保険の期限が明日に迫って来ているのも兼ねて

私たちはパトリックとその友達を置いて一足先にサンクリストバル に向かう事に、
約7時間のドライブでSan Cristbal De Las Casas( 人口99,300標高2100m)へ到着
Markがちょっと熱っぽい。風邪かな?

28/Jan/’02
お昼頃3人のデンマーク人がホテルに訪ねてくる。

三度目の再開、 早速同じホステルに移動、ここの町は少し Oaxacaの町並みに似ていていい感じ。

久々に一人で散歩してみる、 すると、Oaxacaにあった教会と同じ名前の教会があって、

その前では観光客向けのマーケットが四方に広がっていて、民族 衣装を着た人たちでいっぱい。

29/Jan/’02
モウォソファに6人を乗せてSan Juan Chamula(サンホワンチャ ムラ)という村へ

ここの教会はSan Juan Bautistaという人が ど真ん中に飾ってありジーザスは隅に小さくなっていて、

椅子や跪き台もなく教会というよりもアジアのお寺のよう、

鶏を捧げ者に持ってきている人もいてネパールのダキシン・カリ を思い出す。

Read Full Post »

15/Jan/’02
ティオティワカンのピラミッドを見る
約300km車を走らせてAcatlan(アカッラン)という

ガイドブックには載っていない小さな町に着き一夜を過ごす事に

16/Jan/’02 ~19/Jan/’02
メキシコで来たかった所の1つ、Oaxaca (オアハカ-人口 400,000人標高1,550m)に到着
Magic Hostelに泊まる、ここで久々に日本人に出会い つい嬉しくなって話しまくる、

Markも 調子に乗って英語と片言の日本語で話し掛けたら スペイン語は話せるか?とマークの日本語は通じなかった。

彼ら(男女)はメキシコに 住んで3年になるそうでスペイン語がペラペラ、うらやましー
翌日、ホステルで知り合ったオーストラリア人2人とスウェーデン 人とアメリカ人をまぜてYagulとMitlaへドライブに
さらに翌日、同じくホステルで知り合ったデンマーク人5人を連れて Monte Albanに行く、

その夜15人ほど連れ立ってBarに行き 2件目のメキシコ人でいっぱいのバーに入るなり

“メーヒーコ!メーヒーコ!”というコールと口笛が飛び交う よそ者へのいわゆるブーイングらしい…

でもしばらくして収まり まぁまぁ楽しかった。

Oaxaca最後の夜、ここのホステルで出会った人々に この後何度か再開するとは…

oaxaca002

oaxaca018

19/Jan/’02 〜 25/Jan/’02

Oaxacaを午後1:00に出発、夕暮れ6:30頃Zipolite(シポリテ人口 800人)に着くここまでの道は

カーブや坂が多く目が回りそうに、 と言うか着いてからもしばらく目が回っていた。

ここも来たかったところの1つでとっても小さな小さなビーチ シーフードも安くておいしい

[ホッケよりもでっかい魚丸ごと 焼いたのとそれと同じ大きさのお皿にライスとサラダとフライド ポテトが付いて二人で食べて60ペソ(800円!)]

21日、Oaxacaで会ったドイツ人ジェイコブに再開!

この後このビーチに居る間、行動を共にする。

となりのビーチ、マズンテに夕焼けはとっても素敵 23日、またまたOxacaで会ったデンマーク人男3人女2人に再会!
ここのビーチは一人で泳いではいけません、と言われます。

今はライフガードのお兄さんが監視しているので随分安心して 泳げますが

その前は一日に3人ぐらいのペースで溺れて亡くなった 人がいるほど波の引きが強いです。

となりのビーチは大丈夫なのに …

zipo001

Read Full Post »

13/Jan/’02
AcapulcoやMexico Cityを素通りして

(Mexico Cityでは正直 一度も道路を曲がることなくひたすら直進)

8時間かけてTaxco(タシュコ-人口95,100標高1,800m)に、
古い建物、急で狭く曲がりくねった坂道そしてシルバーが採れる 所、

ここではじめて日本人旅行者を見つける。
14/Jan/’02
この日も8時間ほどのドライブで

San Juan Teitihuacan (サン・ホワン・テオティウワカン人口18,460人標高2,300m)

に夜8時過ぎに着く

ホテルは何処も高めで車であちこち回っていると、大きな新しい ホテルに隠れるようにMOTELという看板が!

値段を聞くと 3人で200ペソ。

他のホテルは同じか少し高め、この時もう既に10時ころになっていたのでとにかく敷地内に入ってみると

いわゆる日本にあるラブホテルで ひとつひとつの部屋の1階部分がガレージになっていて

シャッター付きキングサイズのベットがひとつ。

サテライトTVまで ある食事はレストランから出前してくれると言うではないですか!

何でこんなに安いのか???

でチェックアウトは9時頃と曖昧、 しかもモーテルにしては早い、、、

察するに私たちがチェックインしたのは10時を過ぎていたので

オーナーは既に帰って従業員2人がのこって朝までオフィスで過 ごすのでしょうね。

朝10時ころオーナーが来る前に私たちが出て行けば200ペソ は従業員の手に…

多分こんな筋書きではないでしょうか?

Read Full Post »

Older Posts »