月別アーカイブ: 2018年4月

ロンドンマラソン 2018

昨日はロンドンマラソンでお友達が走りました。

この日は至る所が通行止めで

駅はとても混雑して、道路もお祭り騒ぎ、歓声があちこちから聞こえてきます。

昼頃から応援へ出かけましたが、

思うように動けません!

いろんな通りが歩行者天国でした。

狭い歩道に人が立ち止まっているので通り抜けるのが大変で写真は撮りませんでしたが、日本の国旗が立っているところやドイツの国旗が掲げられているところもありました。

お友達の1人が選手の居場所がわかるアプリを入れている人がいて、

途中で待ち構えていたらきました!

結構みんな歩いているんですね、これなら来年出ようかな?って言っている人がいるくらい。

電話しながら、とか

コスチューム着て参加してギネスに挑戦してる人や賭けをしてる人もいて

サイの格好してる人多かったです。

途中にシャワーが設置されてました。

ゴール地点は大変!

お巡りさんの帽子がクラッシックでつい写真を撮ってしまいました。

ちょっと引いてしまったのは、写真にもちょっと写ってますが、ペットボトルのゴミがすごい量でした。

至る所に放置されたゴミ!

ランナーが飲んだ小さなペットボトルは道の両脇に溢れかえって、掃除するんでしょうがなんだかそれでもねぇ、昔は紙コップに水が入っていてそれを飲んでたけど、今は違うんですね。

なんだか無駄遣いのような気がしました。

お気に入りの街ブライトンへ

小春日和が続く今日この頃、

日帰りでブライトンへ出かけました。

バリ島で知り合ったお友達が住んでいます。

いつもすれ違いだったので、

数年ぶりの再会です。

そして、ロンドンで出来たお友達に裏ワザを教わり、

往復で18£で行ける方法を伝授してもらいました。

その方法とは!

St Pancras という駅からBrighton 行きに乗るんです。

Victoria ではなく、thamesline onlyと言うのを選びます。

そしてオフ ピークタイムに乗る事が原則です。

この電車はFarmington やBlackfriars も通るので私はBlackfriarsから乗りました。

ここから1時間18分で着きます。

グーグルなどで検索するとLondon bridge からのルートしか出てこないのですが、それだと往復で28£くらいするので10£も違います。(ちなみに10£は2018/4/17現在で1533¥くらいです)

空いているので余裕で座れます。

Gatwick Airport も経由しました。

空港からはさらに空いてスカスカでした。

細い路地にはシルバージュエリーショップや小物屋さんが立ち並び、見ているだけで楽しくなります。

道にピアノ!?

住んでいるお友達によると、

昔よりもヒッピー感が減り、

トレンディっぽくなったそうです。

ここはこじんまりとしていて街並みが可愛いです。

何よりも海が近い!

カモメが沢山いて、結構近くても逃げないのですよ。

ゴミ箱を漁っていました。

さて、久しぶりの再会でお互いの近況報告をして話が尽きず、

気がついたら10時過ぎになっていました。

お友達には良かったら泊まっていけば?と言って頂き、

確かにもう1日のんびり歩き回れたら良いなぁ~

と思ったのですが当日限り有効の往復切符を買っていたので泊まってしまうと使えなくなる!

残念、でもまた時間を見つけてきたいと思います。

帰りは23時頃に乗ったので結構混んでましたが、ギリギリに乗っても席はありました。

クリスタル ヒーリング

こんにちは、加賀谷まりです。

最近ようやく春らしくなったロンドン、日差しが気持ちよく沢山の人が公園やマーケット付近で日光浴しています。

おおきな木が沢山あって素敵ですね!

この丘を越えたら広い平地に沢山人が寝ころんだりしながらワイワイと話す声が響いていました。

幸せそうな話し声が響いていて、なんとも心地よかったです。

さて、今日は牡羊座の新月ですね。

数十年前から新月にお願い事をすると良いよ、と言うのを知って実践しているのですが、

この牡羊座の新月にお宝マップ(自分の手に入れたいものの写真やイラストをコラージュしてボードに描いたり貼り付ける)を作って未来の自分を想像/創造する、と言うもの。

ポスターサイズが良いようです。

自分の写真を入れる、似顔絵でも良いかもしれないですね。

今回私は移動が多いのでノートに自分でイラストを描いて見ました。

新月から2日以内に作ると良いので雑誌などから写真を切り抜いて自分だけのオリジナルコラージュを作って観ると楽しいですよ♪

ところで、私はメロディー♪のクリスタルヒーリングのプラクティショナーでもあるので、

時々ヒーリングを施しています。

大抵フリーダイバーの方や旅行中に出会った方にしておりますが、

移動中クリスタルを落としてしまいかけてしまうこともあります。

最近、探していたクリスタルここロンドンで見つかることができました〜♪

そこには化石も沢山あって、お店の人は知識も豊富で、

ヒーリングに使うことを話したら、あなたはマスターオブクリストロジーですか?とキラキラした目で見つめられ、メロディーって知っていますか?と聞いたら、私は彼女から直接習いたいと思っています。でもカナダまで行くには休暇が少なすぎる、と言っていました。

そして、私がニヤニヤ嬉しそうにクリスタルを眺めている様子を見て奥から特別なクリスタルも引っ張り出して来てくださいました。

時間が無くなり、後ろ髪を引かれる思いでお店を後にしましたが、

 

3つほど仲間入りしました、

ブライトンへ行った時もとても素敵なショップがありましたが、

ブライトンの記事はこちらです⭐️

今回訪れたLondon Fossils and Crystals, 217 Waterloo Rd, South Bank, London SE1 8XH

このお店はもしロンドンに来ることがあって化石やクリスタルなどに興味がある方は是非どうぞ!

水仙が目を惹くイギリス、桜の花も咲いていました!

ロンドン到着当日は小雨がぱらついて居ましたが、

翌日はピカーッと晴れて気持ちよかったのに、

また次の日から曇り空、

小雨が降ってすっかり出不精になっていましたが。

今日は朝から、

雨が降っても良いからお出かけしたい!

と思っていました。

しっかりと着込んでいざ出発!

目的は、

去年モロッコで買ったウールのジャケットに付けるファスナーと

8年ほど前にインドで買ったサルエルパンツのゴムが緩くなったのでそのゴムを見つけ、

色も褪せてきたので染め直したい!

のでした。

染め粉は見つけられなかったのですが他の2つは手に入りました。

 

このジャケット、本当はフードが付いていたのですが、

小さくて被れなかったので(子供用を買ってしまったらしい) ちょん切って、

付いているフックがスカスカで風が強いと寒いのでファスナーを付けてリフォームしました!

できれば天然の染め粉があれば良いなぁって思います。

さて、

ここイギリスは今水仙が至る所で咲いています。

あちこちの公園も、道端にも

黄色い花が沢山!

いろんなタイプの水仙がありますよね!

うちには昔、八重咲きの水仙がありましたが、ここでは見かけませんね。

そして、桜も!!

日本と違う感じの桜ですが、すでに葉が出ているのもありました。

近所で日本の桜と似た感じに咲いていた(枝ぶりが日本っぽかった)のを見つけました!

ひらひらと桜吹雪も舞っていましたよ〜♪

数年ぶりに桜が見れました!🌸

来年は日本で見られるかなぁ?見れたら良いなぁ〜♪

バリ島の一軒家からロンドンのウェアハウスへ

バリ島に到着して1週間後くらいに、

知り合いが借りている家を1ヶ月空けるので住まないか?

と言うお声がかかり、アーメッドからバイクで10分ほどのところへ引越ししました。

素敵なそのお家はプール付き!

でもですね、そのプールにはゲンゴロウが居るんです!

ゲンゴロウって噛みつくんですね、

基本的に消毒のようなハイターのような匂いのプールは好きではないので

滞在中2-3回くらいしか私は入らなかったのですが、

プールを覗くと大抵1-2匹のゲンゴロウが水中に居る!

大きさは1cmほどですがこの写真はもっと大きかったです。

実は先月は私の誕生日でしたので、このお家でパーティを企画しました。

誕生日当日は、午前中海で泳ぎ

午後はスパでフルボディマッサージとフェイシャルにペディキュアのパッケージを楽しみ、

翌日は滝を見に出かけ

 

3日目にパーティ、という盛りだくさんの内容でした。

今までは、自分で誕生日のお祝いなどは特別計画を立てた事が無いのですが

ヨーロピアンのお友達は結構盛大に、

自分の誕生日に友達を呼んでパーティをしたりするので

みんなによく「まりの誕生日はどうするの?」

と聞かれて、うーん別に。。。と言っていたのですが、

今回は周りに勝手に計画を立てられました。笑

そしたらですね、

3日に及び楽しませていただいて、こう言うのもいいなぁって思います。

実家電話をして、産んでくれたことへのお礼を述べるのは毎年恒例ですが、

今回は父親からもおめでとう、とメールが届いていました。

そして住み心地の良かったバリ島のお家から、

ロンドンへ

広いお家からこじんまりとした空間へ

イギリスはようやく春らしく暖かくなり始めたそうで、

日も長く7時頃から暗くなりだします。

海からは遠くなりますが、1ヶ月後にはまた海へ戻ります。