Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2016年3月

今朝は20分かけてスタッフアイランドからピクニックアイランドまで泳いでその側に先週セットしたフリーダイビングのポイントを探しに行って来ました。

今までラグーンの中を泳いで他の島へ行った事がなかったので、

途中浅すぎて手で這いつくばって移動しながら気がついたのは

新しいフィンは折れたフィンよりも柔らかくない!

前のフィンやっぱり高いだけあるのかなぁ〜

ソックスが厚いのかも右足は平気ですが左足ちょっと大きいので窮屈なのかも?

硬い分トレーニングには良いですね。

そしてフリーダイビングのポイント、一つは見つかったけど、もう一つ深いポイントが見つからない!

探し回っていたらマダラトビエイが15-6mの深度をゆーっくり旋回しているのが見えました。

一緒に並んで泳いでも逃げない、浮上したらちょっと上に向かって泳いで来ました。

何だろう?とチラッとこちらを見てまたゆっくり泳いでます。

時々お尻のあたりをモゾモゾ動かしていたのですが、ポロポロと白いかけらが出てきました。

貝を食べた後の貝殻の破片のようです。

いわゆる糞?!(^-^)

  
優雅に泳いでいました。

引き続きポイント探しをしていたらまた戻ってきました。

   
捜索を断念して戻ることに、そしたら今度はスティングレイが砂地で休んでいました。

ここのポイントでフリーダイビングの練習したらきっと毎回サメとかエイとかイルカなんかにも会えそうな雰囲気です。

早く始めたーい!

今日も海は穏やか、水面はあったか〜です。

3mのウエットスーツで泳いでいたら暑い!

ショートで十分ですね〜

広告

Read Full Post »

イタリア人のダイビングインストラクターが撮影してくれた写真。

1時間半ほどのダイビングで彼女はほとんどエアを使いきりました。

でも、たくさん素敵な写真を撮ってくれました。

Freedive07

普通のコンデジです。

本当ならもう少しいいカメラでストロボを使って撮ればよかったのですが、

この日はカメラが調達できず、でもまずまずですよね。

Freedive08

Freedive05

Freedive03今度はレッスン風景の写真を撮りたいな〜

Read Full Post »

一昨日から南マーレのアナンタラに戻っています。

サファリボートでもらった風邪がまだ治らずちょっと微熱もあり、

バケーションからの休暇が欲しい!という人を聞いた事がありますが、

本当にそういう事あるなぁ、と痛感しています。

幸い暇なヴェリのオフィスワーク担当でこうしてブログの更新しています。 (^。^)

さて、初めてのサファリトリップ、とても楽しかったのでみんなにオススメしたいなぁと思います。

  
三食昼+おやつ付き、ダイビング1日3本でリゾートに滞在するのとは比べモノにならないくらい安い!

そしてダイビングは毎回色々楽しめる良いところばかり選んで移動するのでハズレが無いです。

  
ダイビングしないでスノーケルだけというゲストもいます。

停泊するところは穏やかなラグーンを選ぶので快適でした。

  
私が乗ったのはそれほど大きなボートではなく、こじんまりした船でした。

  
キッチンエリア、シェフが心のこもった料理を作ってくれました。

  
途中でローカルの島にも訪ねられます。

お土産やさんがたくさんありました。

ボートクルーやキャプテンも良い人が揃っていた。

これで風邪さえ引かなければ言うことなしなので、次回は移されないように免疫力を高めて、寝冷えしないように注意します。

水分補給も大事ですね〜

  

Read Full Post »

昨日の1本目はアリ環礁のマンタポイント、

前日のカメラの失敗がないように心に誓いエントリーしました。

余り期待せず、絶対に観たい!という願望は手放しその辺の生物を観察していたら

遠くからマンタがやって来ました。

私達の周りを旋回してクリーニングしていました。

2匹のマンタに遭遇して、その後ウロウロしていたら

何となくちょっと遠くの上を見上げたら

ジンベエが尻尾を振りながら水面近くを泳いでこちらへ泳いできます。

みんな下を向いて気づかない!

叫びながらスティックを捜して音を出して気づいて貰いつつ、

自分もカメラを持ち直し撮影していると私の方に向かって泳いできます。

なんか、ラーラ〜♪と歌ごえでも聞こえそうな感じで私達の泡に戯れるようにしています。

ジャクジー気分?泡を食べてる?えさだとお思っている?

私の頭上すれすれを泳いで行きます。

3メートルほどの女の子でした。

ボートの上では写真はちょっとアップに時間がかかるので写真は後ほど、帰ってから。

Read Full Post »

今日はクルーズ3日目、マンタに遭遇しました。

が、カメラのシャッター押すタイミングを思いっきり外し、

撮ってるつもりが取れていなく

それ以外でカメラが回っている と言う。。。

たまたま私の目の前にマンタが迫ってきて他のダイバーよりも遠かったので何だか独り占めだったのですが

みんなに写真は撮れた?と聞かれた時は非常に恥ずかしかったです。

と言うことでモルディブの夕日、水面が鏡のようですね〜

  
クルーズのボートが7隻停泊しています。

日本人のサファリボートも見かけました。

そう言えば前にロビンソンのゲストで生徒さんだった方に今回空港でバッタリ再会して、

その方たちは2週間のクルーズへ来ていました。

私もこれからクルーズの手配します。

もしモルディブでダイビングしたい方はご連絡下さい。

一緒にダイビングしましょう。

Read Full Post »

ここ数年でオニヒトデの数が増えてきました。

昔働いた事があるインドネシアのスラウェシ付近と比べるとまだまだ少ないですが、

でも!かなりの数を見かける様になり

モルディブでも駆除の為に潜る事があります。

今日は午後に時間ができたのでスタッフだけでCOT dive、これは英名Clown of Thorne の頭文字で みんなCOT’s と呼んでいます。  

この様に大きな網と棒で確保  
このヒトデ、毒があるのでウッカリ触ると大変なんです。

激痛と腫れがすごいです。
亡くなる方もいる様ですが、モルディブのオニヒトデはそれほどではない様ですね  

私も一度足にぶつかって痛かった、

その場で毒を絞り出してそのあと50度程度のお湯に1時間ほど浸したのですが、

1週間かそのくらいは痛みがありました。

普通は黒ずんでプックリ膨れるそうです。

50分弱のダイビングで60個は見つけたのではないかなぁ

  
ヒトデはちぎれたらそこからまた再生します。

だから壊さない様に持ち帰り焼却します。

何故こんなに増えたのでしょうか?

私が想像する限りですが、このヒトデを食べるホラガイが減っていると思います。

貝殻が綺麗なのでデコレーションになりますし、

食用にもなっているとおもいます。

ダイビング中よく見かけていましたが最近あまり見なくなっています。

オニヒトデは珊瑚を捕食します、増えるとサンゴ礁が壊れやすくなり魚が減っていきます。

大きな魚を獲り過ぎると小さな魚が増えすぎてサンゴ礁がもろくなるのと一緒で自然界は全てバランスが保たれるのが大事だなぁとつくづく思います。

Read Full Post »

今朝は仕事が始まる前にスタッフだけでダイビング、ビデオシューティングをしました。

アナンタラ15周年記念ということでデパートメントごとに1から15までそれぞれビデオを作るのですが私たちは5番目、5人で何かをする。

ということで5人で15という数字を水中で作りました。

あと5人並んで合掌のポーズ(アナンタラはタイの会社なので)をする。

という事で結構笑えるビデオが撮れました!

  
透明度もまずまず。

  
ビデオは上手くいけば載せられるかなぁ〜

Read Full Post »