月別アーカイブ: 2010年8月

インドのゲストハウスとその周辺

写真がアップできるショップがあったので今回のエントリーは
インドで今までとまったゲストハウス? cottage yes please.
まず1枚目はデリーについて最初の夜、夜中の1時に着いたので
タクシーで迎えに来てくれるところをネットで予約しました。
1泊900ルピー、エアコンつきテレビつき(見ないけど)ツインベッド
ソファーもあって広かった。テレビを背にとっています。
シャワールームも広めです。
そして次の日すぐに安い宿にshiva delux
でも、似たような名前のゲストハウスが何件かありました。
ここは負けてもらって200ルピー
 チェックアウトのとき10%徴収されます。
上と比べるとかなり狭いでしょ?シャワールームを背にとっています。
マナリのゲストハウス、
ここはレストランこの隣に続いている部屋に泊まりました。
これが部屋、結構広い300ルピー、ホットシャワー付
このときはバスで知り合った韓国人のことシェア
ちょうど指のところのゲストハウスです。
レーのゲストハウス
ラダッキースタイルで、窓がたくさん!
これで250ルピー、時々朝ごはんやチャイいただけます。
この場所でヨガをします。
パンゴン レイクにやって来ました。
これは早朝6時前
皆さんはまだ爆睡中、雑魚寝でございます。
1泊150から200ルピー
夕飯と朝食、チャイなんかも入れると300ルピーくらいでした。
レーの部屋からの月夜。
ゲストハウスの中にあるお寺?毎日お香を焚いて部屋中
家の周り、いたるところをお香を入れたものをゆらゆら振りながら歩いています。
お水も毎日変えるけど、水が入った銀のおわん10個以上あります。
あ朝に水を入れて夕方空にしてました。
移動したお部屋、窓からレーパレスとストックカンギリが見えます。
こちらのほうがいい景色
おまけです、自分で髪切ってみました。
次はゲストハウスの家族と撮った
農作業の写真でも。。。

Leh ゲストハウスにて

写真をアップロードしていたら、
インポッシブルって言われてしまったので一枚だけ、
生まれたての子牛です。
あと1週間ぐらいでここを出るの予定です。
マナリ行きのバスは今遠回りで2日かかるそうです。
キーロンで1泊の予定だそうでパーミッションが必要な道を通るから
料金も普通の倍位します。
でも、飛行機でデリーまで行くよりも半額くらいでいけるので
遠回りでもそのほうがいいかと思っています。
1枚だけと思ったらもう一枚アップできたんです。
これは今滞在しているゲストハウスの写真
私の部屋の隣(今は向かい)がお寺のようになっています。
もう少ししたらもっと載せたいと思います。
ここのゲストハウスは私の中では一番いいと思う。
レーで7-8件ほどゲストハウスを覗いてみましたが
ここのオーナーもいい人だし部屋もいい感じラダッキーハウスです。
ラダッキーハウスとは窓ガラスが部屋中めぐらされていて
太陽光で部屋がとっても暖かいんです。
冬でも暖房もついているからぜんぜん寒いと思わないそうです。
自炊しようと思ったらトレッキングのセットがあればできます。
野菜も時々もらったりして。
アッパー チャングスパ ・ ソルポンゲストハウス
チャングスパの橋の手前の道を右にそれて歩いて5分ほどの右手にあります。
この周辺の地図は地球の歩き方に載っていないので
来てみるとたくさんいい感じの部屋が見つかりますよー!

Leh 満月の月明かりが綺麗です

<!– /* Font Definitions */ @font-face {font-family:"MS Mincho"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-alt:"MS 明朝"; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-1610612033 1757936891 16 0 131231 0;} @font-face {font-family:HiraKakuProN-W3; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-alt:"MS Mincho"; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:auto; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} @font-face {font-family:"\@MS Mincho"; panose-1:2 2 6 9 4 2 5 8 3 4; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:modern; mso-font-pitch:fixed; mso-font-signature:-1610612033 1757936891 16 0 131231 0;} @font-face {font-family:"\@HiraKakuProN-W3"; panose-1:0 0 0 0 0 0 0 0 0 0; mso-font-charset:128; mso-generic-font-family:auto; mso-font-format:other; mso-font-pitch:auto; mso-font-signature:1 134676480 16 0 131072 0;} /* Style Definitions */ p.MsoNormal, li.MsoNormal, div.MsoNormal {mso-style-parent:""; margin:0in; margin-bottom:.0001pt; mso-pagination:widow-orphan; font-size:12.0pt; font-family:"Times New Roman"; mso-fareast-font-family:"MS Mincho";} @page Section1 {size:595.0pt 842.0pt; margin:1.0in 1.0in 1.0in 1.0in; mso-header-margin:.5in; mso-footer-margin:.5in; mso-paper-source:0;} div.Section1 {page:Section1;}

–>

2010-08-24
今夜は満月ですね。
今日部屋を移りました。と言ってもゲストハウスはそのまま変わらずです。
部屋をもっと景色のいい場所にオーナーの奥さんが移らないかと言ってくれました。

本当に景色がとーっても良い!
とても落ち着きます。
カーテンを開けても誰の姿も無い、そしてヒマラヤ山脈が見渡せて、レーパレスが左手に見えます。
ここを早めに出ようか考えていたけどそんな気分はすっかり吹っ飛びました。
そして、今夜は月明かりを眺めながらこれを書いています。
昨日の夜、前髪を切りました。ちょっとイメージチェンジ。
そしてヘナを買いました。明日あたり染めてみようかと思います。
日本のお坊さんを今日見かけました。
シャンティーストゥーパの写真に写っている人だったからすぐに分かったけど、ジュレーって挨拶したんですがその後、話しかける暇もなく去って行ってしまいました。
きっと私の事はラダッキーだと思ったと思います。
最近特にラダッキーにラダック語で話しかけられるようになったので。

Leh ーのどかな村で野菜の収穫のお手伝いー

昨日はサブーという村(レーから3-4㌔離れたところ)へいってきました。
ここはゲストハウスの奥さんの実家があります。
彼女の誘いで一緒に実家へ遊びに行きました。
途中の道はすさまじかった。
行く途中、私に「ほら、見てここは本当は原っぱで緑がいっぱいだったの」とか、「ここは橋があったのにどこかへいってしまったの」とか説明してくれました。

車や家が泥に飲み込まれてしまって見るも無残なところがいくつかあって、幸い訪ねた家族の家は無事でしたが回りは山がそびえていてちょっと道が違えば土石流がきてもおかしくない場所でした。

でも、なーんにもないのですごく静かです 。
庭にはぎっしり野菜とお花が植えられていて昨日は収穫のときだったらしくほうれん草のような青菜をちぎっては束ねていました。
私もおねえさんたちに混じってちぎってきました。
時々アプリコットを木からもぎ取ってつまみ食いしながら。。。
男の人たちはそのちぎった青菜を紐で束ねて根に近いところを切りそろえて水で洗う作業。
当たり前ですがすべて手作業、この野菜はアーミーのサプライになるのだそうです。
お昼はござを引いてそこでいただきました。
ラダックのご飯はアル・ゴビー・ダルカレー にご飯です。(アルがジャガイモかな?ゴビーがカリフラワー、ダルは豆です)朝はご飯を食べないんだそうでお米はお昼か夕飯で食べるんだそうです。
そしてバターミルク?しょっぱいバター湯のようなものを飲みます。
私はこれそんなにおいしいとは思いませんがいただきました。
お昼ごはんが盛りだくさんだったのでちょっと動けずにのんびり青菜千切りを続けていたら4時になっていた。
青菜の後はたまねぎでした!!まだやるのか?と思っていたら、お茶にしようと言って甘ーいミルクティーを作ってビスケットや食パンと一緒にいただきました。

たまねぎは葉っぱがついたままですごく小さい杏ぐらいの大きさです。
泥のついた皮をはがして根を切る作業をしたら青いねぎのようなところがついたまま束ねていました。
これもちょっと手伝っていたらゲストハウスの奥さんがもう帰ろう、と言ってだんなさんと息子と4人で皆がせっせと働いているのを尻目に帰ってきました。
いやはや、農家の1日体験日でした。

帰る途中、家が壊れて直している道を通りかかるのですが、そのたびに奥さんは声をかけて励ましていました。本当に、痛々しかった。

Leh 〜初めての乳搾り〜

おととい初めて牛の乳絞りに挑戦しました。

難しい!できませんでした。

ミルクがほんの3滴手のひらに飛び散っただけ。
ゲストハウスの敷地内に飼っている牛達、初めて触りました。

日本で牧場にいた子牛を触った事はありましたが、茶色いウシ。
ここの牛は黒いです。
搾りたての牛乳はとても貴重で、奥さんは大事そうに嬉しそうにしていました。

今まで満室だったゲストハウスもがら空きなのでオーナーの奥さんとよくお茶を飲んだり
朝食をご馳走になっています。
自家製ラダッキーブレッドとチャイ。
レストランで出てくるチャパティやロティとは違って
私はこのラダッキーブレッドが好きです。
バターとアプリコットジャムでいただきます。

今日もチャンスがあったら乳絞りに挑戦したい!