Feeds:
投稿
コメント

Archive for 2015年1月

先日、ハネムーンカップルのダイバーさんにリフレッシュコースをして、その日の午後にボートトリップにも行きました。

透明度はそれほどいいとは言えないコンディション、ハウスリーフの方が視界は良かったかな?という感じでしたが

ウミガメ2匹と遭遇しました。

(ハウスリーフでもタイマイが泳いでいましたが近づいたらさりげなーく遠ざかっていきました。)

でも、午後に行ったサイトでは珊瑚の上にじっと座って動かなかった。

遠目で見つけた時はこんな感じでこちらを眺めていました。

しばらく見ていても逃げずにこちらを見ていたのでちょっと近寄ってみました。

ウミガメとサンゴ礁

ウミガメとサンゴ礁

じーっとこちらを見つめている

じーっとこちらを見つめている

もうちょっと寄ってみたら?

もうちょっと寄ってみたら?

微動だにせずこちらを見ているので、そーっと近寄る私

そーっと近寄る私

広角レンズなのでもう目の前です。

広角レンズなのでもう目の前です。

カメラにぶつかりそう

カメラにぶつかりそう

ちょっとアングルを変えてもカメラ目線

ちょっとアングルを変えてもカメラ目線

いつもこうとはいきませんが、モルディブでは結構カメさんはリラックスしています。

アオウミガメの方がダイバー/スノーケラーを見つけると逃げてしまうことが多いです。

私たちにむやみに追いかけられたり触られたりすると、私たちを見ただけで遠ざかってしまうので

急に寄っていったりせず、向こうが寄ってくるのを待つのが一番です。

広告

Read Full Post »

基本的に私は甘いものが好きですが、市販のジュースは飲みません。
喉が乾いたら水か自分でハーブティーを入れて飲みます。

でも、チョコレートがやめられない。。。
そしてこれがまたよく貰うんです ヨーロピアンのゲストから

今のところ私の目標はレストランのデザートコーナーには週に1回だけ
フルーツは朝食の時に食べる、、、と心に決めたところです。

Read Full Post »

今回は女性のためだけのエントリーなので  男性の方はパスしてください。

ダイビングのインストラクターをしていると時々聞かれる質問に
生理になっちゃったんですが、まりさんどうしていますか?
というものがあるので、あまり日本では馴染みのない
「ディーバ カップ」 というものをご紹介します。

これはヨーロピアンのインストラクターから教えてもらった生理用品です。
シリコンで出来た釣鐘型のカップを膣の中に入れて溜まったのをトイレに捨てる
と言う感じに使います。

大きさが二つくらいあって、年齢や出産経験によって違うようです。

タンポンを使ってダイビングをするとダイビングから上がった時漏れてしまうことがあるし
ナプキンは使えないのでこれはとても重宝します。
これを知る前は実はダイビング中なにもつけずに水に入っていました。
その間だけ膣に力を入れて漏れないようにしていたんですよね。。。
今は楽してます。ははは
ただ柔らかいシリコンなので多い日はちょっと力を入れると漏れたりすることもあるので
布ナプキンと併用しています。

私は4年くらい前から使用しておりますが、最近何種類か種類が増えているみたいですのでネットで調べてみたらいいかと思います。
4年前は知りませんでしたが今は月経カップ と日本では言うようですね。

使い捨てではないし経済的、これひとつあればいいのでかさばりません。
毎日2−3回(その日の量で変わると思いますが)取り出して中身を捨てて
洗ってまた装着するので手をきれいに洗ってから出し入れしましょう、という感じです。

市販のナプキンは蒸れやすいしタンポンはどんなケミカルが染み込んでいるのかわからないので私はディーバ カップ(ムーンカップとかフルールカップなど)をとてもお勧めします。

Read Full Post »

今月日本へちょっと帰っていましたが、その時色々と荷物の整理をしました。
実は今回、自分の荷物整理のために帰ったと言っても過言ではない。

モルディブにたくさん溜まってしまった私物、譲るにもなかなか手間がかかるものだったり捨てるのももったいないものなど、日本へ置いておけば折を見て処分できるなぁ、と言う物を持って帰りました。
そしてちょっと飽きた服と日本においてある/前回置いてきた服でまた着たい服 を
交換したりして。。。

私は以前飽きてしまって着ない服を処分(人にあげたり捨てたり)していたのですが
しばらく経つとまた同じような服が欲しくなっていることに気づき
それからは捨てないでシーズンごとに着回すようになりました。

モルディブにいると買い物ができないので、ついついネットでお買い物をするのですが
これでサイズに失敗した買い物は迷惑でない限り人に譲ることにしています。
リゾートで働く女の子にプレゼントしたりしますが
やっぱりみんな洋服とか欲しいけど買いに行くところがないから、結構喜ばれます。

それと、消耗品ですがなかなか手に入らないヒマラヤのピンクソルト、とか
環境にいい洗剤とかオーガニックのハーブティーとかウコンパウダーを仕入れてきました。
インド(ヒマラヤ地方)を旅行していた頃 習慣になった塩をミネラルウォーターに入れて飲むとき買っていたヒマラヤンソルト、モルディブではちょっと手に入らないんです。

それを知ってか私の友達から今回手土産にと、クコの実とナツメヤシのドライフルーツをいただきました。それからクエン酸も。。。
黒いクコの実も頂いたんですがこれは普通の赤いものよりも数段栄養価が高いんだそうです。
そう言えば、クロスグリ/カシス(Blackcurrant)も赤や白いのと比べて栄養価が高いそうですね。
 自炊ができないのでこんなところでこだわっている今日この頃です。

 

Read Full Post »

今朝、まだ暗いうちから早起きしてダイビングへ出かけました。

そして環礁の外側をダイビングしました、1本目が終わってボートに戻るとキャプテンとボートクルーが

「マンタがいたよ」と言うので「じゃあ、またそこへ行ってみようよ、まだいるかもしれないし」

と言ってボートを走らせること数分、居ました!!

早速フィンとマスクとスノーケル装備でジャンプ!と飛び込んだのは私だけ。。。

ボートの上ではみんなが同じ方向へ指を指しています。

その指先を頼りに泳いで行った先が、このビデオです。

すごく大きかった!

ボートの上でもハッキリとマンタが私の真下を泳いでいくのが見えたそうです。

ひっくり返った瞬間に白くお腹が見えたのでさらにハッキリサイズがわかったようですよ〜

この後しばらく一緒に泳ぎましたが、泳ぐのが早くて大変!フリーダイビング用のフィンなら楽勝だったんだけどな。

Read Full Post »

こちらのエントリーもフリーダイビングのビデオです。

バリにてインストラクターコースを取っていた頃、同時期に来ていた旅行者が作ったビデオです。

彼は私をMaryと呼んでいたので最後に私の名前が出てきますがやはりMaryと書いてあった。

白いマスクが私、途中セーフティとして潜行してくるところなどが映っています。

また、行きたくなりますね〜

Read Full Post »

昨日モルディブへ戻ってきました。
今回はドーハ経由でカタール航空を使ってみました。
成田〜ドーハは空いていてとても快適〜、
そして、ドーハ マーレ間の飛行機の中食事を済ませた後
トイレへ向かう私をニコニコしながら見ているヨーロッパ女性が居ました。
席のそばまで来た時、彼女は私に向かって
“Excuse me, are you diving teacher?” 失礼ですがダイビングの先生ですか?
と聞かれ、ハイそうです。と答えると
“Were you in Utila?” ウティラにいました?
と言ってきました。。。Yes,,, ?ん?誰だ?確かに見覚えがあるような?
とりあえず私はトイレに向かいその間に思い出したんです。
席に戻る途中、今度は私が質問しました。
Are you German? ドイツ人よね?And you are doctor. そしてお医者さんでしょ?
その質問に頷きながら
「そう!私と友達二人でダイビングのコースを受けて
私たちすごくパニック起こして大変だったのにそれを助けてくれて頼もしい先生だった!」
というのでした。。。
私も彼女たちのことはよ〜く覚えていてたまに思い出すのでした。

そこからは自分の席には戻らずにマーレに着くまで話しっぱなしだったのでした。

私が働いていたダイビングスクールはドイツ語圏の方が多かったので
ドイツ語を話すインストラクターが数人居たので滅多にドイツ人にコースを教えないのですが、たま〜に有ったんです。
だから結構覚えています。
ただ、ファンダイビングした方よりもコースを教えた方の方が記憶に残っているというのも
確かですが私は結構人の顔や出来事を忘れない方です。
でも、名前はすぐに忘れるんです。

 彼女はたまたまモルディブにテンポラリーで働いている旦那さんのところへ休暇として訪ねてきたんです。
しかもそのリゾートは私も働いたことのあるところで、それも驚きでした。

いやぁ、、、11年前の生徒にこうしてバッタリ出会うなんてなかなかないですが
ウティラでは600人以上に講習しましたから、こんなこともあるんですね。
他の人たちはどうしているんだろう?
という、思いにふけっております。

Read Full Post »

Older Posts »