Feeds:
投稿
コメント

数日前になりますが

乙女座の満月でした。

その次の日の朝日とともに満月が沈んでいくのが見えました。

とても綺麗でうっとりしてしまう色でした。

そして朝日も

その横にある雲は鳥の様にもドラゴンの様にも見える、


シップ/UFOの様な雲も見え隠れしてる気がします。

この後日、天気が変わって稲妻や雷がなり 今は雨模様。

幸い波は穏やかで、ダイビングは楽しめています。

感謝

去年の11月にバリとラジャアンパット、今年に入ってハワイ、パラオ、そしてモルディブと飛び回っていますが

今日は、あーやっぱりモルディブは凄いなぁ と、心の中で呟いていました。

それぞれ違うので好みもあると思います。

ラジャアンパットはそれはもう見事な珊瑚礁で去年のエルニーニョの影響も受けなかったようですが、モルディブは浅瀬の珊瑚礁はとっても残念な状態でオニヒトデも沢山見つかります。

ハワイでは、スノーケルに行った時ガイドがここはハワイではベストスポットです!と自信を持って行っていましたが、これがもしモルディブだったらゲストからちょっとクレーム出ちゃうかも?というくらいちょっとがっかりしたのと同時に、旅行中知り合った方に「モルディブに比べたらここの海は話にならないでしょう」と言っていた方がいて、、、それは何が違うかといえば魚影の濃さなんですね。

こんなにも、色々な種類の魚がしかも群れで 生態系や食物連鎖がわかりやすいくらいで見ていても魚がのびのび泳いでいる海は少ないです。

だから本当に貴重で、だから尚更珊瑚礁が死んで行くのが残念です。

ラジャアンパットはまた違った魚が多くて、ここも凄いです! あまり開発されず手付かずの自然が残っているのがいい。

パラオはラジャアンパットと少し似ていますが、私の期待度が高すぎたのかなぁ?

最近ダイバーよりもスノーケラーが増えているようで、珊瑚礁に立ってしまう人が増えて困っているようでした。

マナーを守る為にも知識と技術が必要ですね。

ハワイでは海に入る20分前までには日焼け止めを塗って下さい、と言っていました。

何故なら日焼け止めは珊瑚礁を殺してしまうし、塗ってすぐは直ぐに水に流されてしまって意味がないからです。

それよりも、一枚着て泳いだ方が良いです。

顔にも塗るとマスクに水が入ってきやすくなって目にも悪い、とかね。

話が外れてしまいましたが、いつまでも、この美しい海を守ることができます様に。

すでにサファリボートは折り返し地点につき、ハーアリフ環礁でダイビングをしました。

ここではマンタポイントがあるそうです。

そして、遭遇できました。

10mくらいの深度から水面近くを泳ぐマンタ、指を指しても  何処?と言う顔で見上げるバディー、、、笑

そして、スノーケルでも一緒に泳ぎました。

あいにく天気は曇り時々雨ですが


時々太陽が出てくれてます。

この後天気は回復してくる見込みです。

水面で見たマンタです。


12人のフランス人(ガイドと友達含む)と2人のスイス人ダイバー みなさん気を使ってくれて いい人ばかり。

フランス語がもっと理解出来たらいいなぁ、と思うこの頃です。

フランス語って女性的な音だなぁと感じました。

それに比べてドイツ語は男性的。

日本語はどんな風に聞こえているんでしょうかね〜?

私は只今 ダイビング サファリに参加中です。

始めて訪れる北の環礁、ラヴィヤニ、ヌーヌ、シャヴィヤニ、ハーダールやハーアリフ


楽しんでいます。

水温28度 私は2ミリのショートで十分です。

今日は朝からサメやマダラトビエイや大きなマグロに遭遇

そして足元にタコが、こちらの様子を伺っていたので撫でてみました。

手の上に乗って来て指を引っ張って来たので腕相撲の様になってしまった。

色が瞬時に変わるので見ていて感情の変化が見でわかる感じです。

パラオの北側の島は遺跡や


川や滝がありました。



滝の内側に入ったり、滝に打たれたり


スッキリする!

水温もちょうどいい!


滝の内部です。

木も大きくて、シダもこんなに大きい


こんな所でキャンプしたら自然と一体になって 沢山パワーを頂けるでしょうね〜♪

今回 行きたかった所の1つに

ジェリーフィッシュレイクがあったのですが

水温上昇で去年クラゲが全滅してしまったそうです。

再生するのに6カ月かかるそうです。

今行ってもすごーく小さいクラゲがいるだけだと言うことで、行くのは断念しました。

無事大きくなってくれることを祈ります。

大物で有名なパラオ、

沢山サメに遭遇しました。

バラクーダの群も

ハンマーヘッドには遭遇できませんでしたが

バショウカジキの時はピントが合わず

でも、マクロ撮影だけは綺麗に撮れた私のカメラ。

オリンパスのTG−4ですけど

普段ワイド撮影が多い私ですが

今回はマクロでまとめて見ました。

ブルーコーナーに居たハダカハオコゼ

ワイヤーコーラルに居るハゼ



オコゼの顔です




卵を守るクマノミ、下の方に見えるイクラの様な赤い粒々が卵です。クマノミはメスの方が大きいのですがこの子は体長6センチほどです。


クロコダイルフィッシュの目

このカメラは光が足りないとピントが合わないのかなぁ?

でも同じ場所で近いものにはピントが合います。

念願のパラオにやって参りまして、

Peleliuという島で

10日間毎日ダイビングして

今日Kororヘ戻ってきました。

実は このパラオの写真を25年ほど前に雑誌の広告か記事で見たとき

「あっ!こんなところに行きたい」と海とマングローブの美しさに目を奪われてしばしジーッと眺めていたのです。

この時に「よし、ダイビング始めよう」と思ったのですが、日本ではなかなかそのチャンスが無くて

15年前ホンジュラスでライセンスを取ったのでした。

そして今ようやく来れたわけです。

ここではグレー リーフシャークに良く遭遇します。

そしてバラクーダやアオウミガメ

ナポレオンフィッシュ

実はバショウカジキにも遭遇したんですが、ガイドも興奮するくらいレアだったらしいです。

時々ハンマーヘッドやタイガーシャークにも遭遇する様ですが、稀なことだそうです。

ジャーマンチャンネルではマンタが見れました。

パラオはこの時季海がとても穏やかなんだそうです が、


後半から雨と風で行きたかったPeleliuサイトではダイビングできずそれが心残りです。

それとサンドフライに刺されまくり肌がパイナップルの様になってしまいました。 涙

早朝/夜に風のない暗いところにはいない様にいた方がいいです。

ウティラにいた頃を思い出します。

あと数日  パラオを楽しんで、次は何処へ?