Feeds:
投稿
コメント

Photo – Rich Maskey
今年の4月の写真ですが、最近頂いたのでアップします。

マンタと泳いだ、と言うよりもダンスした と言ったほうがいいような優雅な彼ら。

優しくて、大きくて、とても賢い!

彼らはプランクトンを捕食します。

大きな口を開け 口の前に 目の部分から伸びているcephalic lobesと言うもので更に口に餌が入りやすく出来るのです。

しかも捕食中は体をひるがえして円を描いたり、他のマンタと列をなして泳ぐので本当に舞っているようなんです。

口には小さな歯が有りますが噛んだりするためや食事では全く使わず、交尾の時にオスがメスに捕まる時に使うのだそうです。

私はいまだマンタの交尾に遭遇したことは無いですが、

妊娠中で大きなお腹をしたマンタに頭の上に乗っかって来られたことはあります。汗

どうしてそうなったかと言うと、、、

マンタが頭上に泳いで来てしばらくその場でホバリングしていたので、

思わず手を伸ばして そーっとお腹を撫でたんです。

そしたら、なんと私の手の上に体を乗っけて来て、重くてそのまま頭の上に乗っかってしまった!

ズシッととても重かった! ので、そぉっと両手で押し上げて自力で泳いで頂きました。笑

明らかに人間を怖いとは思っていないし、危害を加えるような動物では無い。

ジェントル ジャイアントです。

広告

今日、Netflix でチェーシング コーラルと言うドキュメンタリーを見ました。

珊瑚の白化現象について、このままでは30年後には世界中の全ての珊瑚が消滅してしまうと言われています。

珊瑚礁は海の中の森林の様なもの、無くなったら海の生物の25%は住処を失います。

私も何年もモルディブの海や他の海で珊瑚礁が白化してしまい、その後瓦礫の山の様になったリーフを目にしているので涙無くしては見れませんでした。

でも、諦めない。

きっと何かできるはず。

なるべく車は使わないで公共の乗り物に乗るとか、自転車を使うとか。

海を汚さない様にゴミをなるべく出さない生活。

ケミカルフリーな生活など。

みんな、気づいて来てます。

https://www.netflix.com/title/80168188


透明度も良くて、青い海は温かく気持ちよかった。

イルカはなんと交尾中、私はこの場面に遭遇するのは数年前のモルディブ以来でした。

なんだか複雑な気分でシャッターを切る私。

暫くすると少し深場に行ってました。

やっぱり邪魔されたくないですものね。

台風の合間をかいくぐって小笠原諸島の父島に来ています。

10年ほど前にブナケン島で知り合ったダイバーさんに薦められてからずーっと来たかった所でした。

たくさんの素敵な出会いに恵まれました。

写真や映像など少しづつアップしていきます。

先週の土曜日から神津島にいます。

風向きの関係で多幸湾側に接岸となり、島の山は雲に覆われていました。

島の西側は結構波があり、サーフィンをしている方もチラホラ。

綺麗な星空を期待していましたが

夕飯をいただいた後はのんびり部屋でくつろいで気づいたら朝。

鶯の声で目が醒める毎日でした。

ジェット船だと早いですね〜♪

やはり週末が賑わっている様でした。

そして月曜は小学生や近所の人たちがビーチクリーンをして居ましたよ。

素晴らしい!

所々流れ着いたペットボトルが海岸沿いにある場所を見かけましたがこの島は比較的ゴミが少ないのはこうして皆さん綺麗にしているからなんですね。

感謝

御蔵島では3日連続でドルフィンスイムの船に乗り込みました。

初日にはスノーケルをするのも初めて、と言う方もいてガイドさんにアシストしてもらっていました。

そして、その最終日には団体さんが居たので船はほぼ満員でした。

しかもこの日はイルカたちは素通りして行くだけであまりゆっくり泳いでくれず、皆んな大変そうでした。

船酔いしている人や波酔いしている方もチラホラ、イルカを見ているので他の人にぶつかっちゃったり、、、これはイルカも避けたいんだろうなぁ〜…

フィンが脱げてしまった方が居て器材もダイビング用フィンだと重くて進みにくく疲れるだろうなぁ、と思って見てました。

やはり、イルカやマンタと泳ぐには体力がないと危ないなぁと感じました。

それにはやはりプールじゃ無くて海での練習が必要ですね〜♪


ゆっくり泳いでいるように見えて結構早いんです。


彼らの動きの邪魔にならないように止まって待ってます。

かわいい〜♪ 子供が寄って来たりします。

しっかりとした知識があり、テクニックのいい先生に習うと上達も早いですよ。