Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘Spotted Eagle Ray’

昨日もゲストからのサファリボートのリクエストがあり10名のダイバーさんと行って来ました。

ガイドは3名、私は6人のダイバーを受け持ち、他のガイドは2名ずつ。

前回潜ったダイバーさん4人と日本からのゲスト2名が私のグループ。

そしてダイブサイトもリクエストが入り前回の1本目に潜った所へ行きました。

サメの捕食が見れた所です。。。

この日はマダラトビエイが私たちの頭上をゆーっくり旋回してくれました。

ちょっと離れた所にグループは頭上に居るのに気づかなかったみたい。私は必死で他のダイバーに上を指差していたのでみんな見れました。

一瞬でしたが こんな感じに奇麗に並んでくれた!

真上に来た時は結構体制がきつかったけど太陽が入って奇麗

2本めはアオウミガメがたくさん居る所へいきました。

多分トータルで7匹か8匹は見ました。おおきいの!

時々止まって眺めてました。

広告

Read Full Post »

今日は久々にサファリに行って来ました。

10名のダイバーで大きいボートを使っていきましたが、2本のチャンネル ダイビングでは大型のgray reef sharkやwhite tip sharkの群、巨大なアオウミガメ、トラフザメがカップルで居たりマダラトビエイが群れていたりと皆さん喜んでいました。

これからは環礁の東側がシーズンです。

こちらにはサメがたくさん居るんです。もしかしてジンベイももうすぐ見れるかも??

 

この他に大きなナポレオンや亀も居たんですが皆に見せるのに忙しくて写真撮れませんでした。

Read Full Post »

今日は久々にダブルタンクダイブに行きました!

スノーケルやシングルタンクは行ってるのに、ダブルタンクはもうどのくらい久々だか分からないくらいです。

4人のドイツ人ダイバーのガイドをしました。

1本目はチャンネルダイブ、カレントはイン カミングで結構強めでした。

エントリーしてすぐウメイロモドキの大群の影に大きなナポレオン、浅瀬にはホワイトチップシャーク などなど、あっちこっちといろんなものが出てきました。

岩の陰に巨大なアオウミガメがいたかと思ったら、外洋を12匹のマダラトビエイがすぅーっと旋回してきたり、大きなフェザーテールレイが泳いでいたり

もう短時間に全ての魚が集まってきた感じでした。

久々にダイナミックなダイビング、チャンネルの中は凄い流れであっという間に過ぎて行きます。

だからこれらほとんどはチャンネル付近の外洋に居ました。

ただ、ここの環礁チャンネルの中も見事なまでのテーブル珊瑚!!ただ流されているだけでも電車に乗って景色眺めてるみたいに奇麗です。

そして2本目、今度はニシキフウライウオの赤ちゃん発見、たこも2匹マダラエイやタイマイ2匹と、これはゆーっくり観察するダイビングでした。

ニシキフウライウオは英語で Ornate Ghost Pipefishといいます。カミソリウオとかタツノオトシゴの仲間です。

今回見つけたのは赤ちゃんで5センチくらいの大きさで初めダイバーの一人は見ても「はぁ?何?どれ?」みたいなリアクションでした。

ちょっと見つけにくいものを見つけられると凄く嬉しいですね〜!

何よりも、水面に上がってきた時にダイバーが興奮して今見たものの話を皆でしているのを見てると、とっても嬉しくなります。

いやぁー、久々にボートで行くといいのかしら?

Read Full Post »

今日はまた午前も午後も体験ダイビングでした。
午前中の体験ダイビングは日本人カップル、旦那さんは途中で棄権してしまいましたがその訳は。
なんと子供の頃からお風呂にも怖くて泣きながら入っていたほどの水嫌いだったんです。

でも、凄くやる気満々だったんですよ。。。本人もそう言っています。

水に入ってマスクとレギュレーターつけて水に顔つけるまでは。。。

しばらく頑張ったけど「やっぱり上がって待ってるわ」と言うので奥さんだけ行く事になりました。

そしてかえって来た奥さんの話を聞いて、いいなー俺も行きたいなーと言っていたので、奥さんが「絶対に出来ると思う」と言うと。
でも、この感覚は分からないだろうなー、、、とつぶやきました。
前に講習を受けたんだけど途中で断念した方がいたんですが、(溺れた経験がある人でしたが)反応がその人に似ていた。

本人は溺れた事はないそうですが、ダイビングのゲームをやってても、何だか苦しくなって来て早く上がらなきゃ!って思うんだそうです。
なぜでしょうね。

そして、この日の朝はとっても透明度がよく、水底でえさを食べてるマダラトビエイが、12mのところからでもはっきり見えました!
上から観察しているとかなり距離があるからか、ずーっとえさを食べたり砂の上を獲物を探して掃除機の様に旋回していました。
で、前から見ていると口の部分がえさを食べてるときと泳いでいる時にかわるのに気づきました。
泳いでいるときは口が尖って横がめくれた感じになっているんですが、地面を這う様にしているときはスコップの様に四角くなるんです。
えさを食べるときも平らな感じになってて、顔が違って見えるんです。
cownose rayというのが居るんですがそれに近くなってました。
皆さん知ってたのかもしれませんが、私にとっては新しい発見!でした。

マンタの口の前の頭ビレ(英語ではこの部分cephalic finsと言うそうです。)みたいな役目でしょうね。。。

Read Full Post »