月別アーカイブ: 2018年8月

絶景の島 チャンネル諸島のサーク島にて

サーク島2日目は、

モーガンのお父さんのボートでクルージング!

そのボートの色が自然に溶け込んだグリーンで可愛い!

島の周りをぐるりと1周する約3時間のクルージングです。

最高定員は12名、島のどの位置にいるかで風が吹いていたり島に遮られて風があまり無いところがありますが、ダウンジャケットやレインコートなどがあると心地よくいられると思います。

モーガンとお父さんがガイドをしながらサークの歴史や季節によって観られる花や鳥の説明をしてくれます。

聞いても忘れてしまう私、別の機会にも何度も質問しても 快く説明してくれます。 笑

そしてガイドの時に話してくれる話とは別に散歩しながらいろいろ質問していました。

今 人口は500人くらいのようです。モーガンの家族は450年くらい前から住み着いていて、モーガンのおじいさんはサークで話されていた言語(今はもう4人しか話せない)とフランス語を話していたそうです。学校で使うもしくは習う言語は第二次世界大戦前はフランス語で戦争後は英語になったんだそうです。

ドイツに占領された時期もあったそうですが、ジャージー島やガーンジー島などのチャンネル諸島は占領された時 島民全てが島を離れてしまったそうですが、サーク島の島民は全員島に残っていたそうです。

なので歴史が受け継がれたそうです。

地名もフランス語のようだったりするのですが、多分これがサーク語?だったようです。

近くには個人所有の島が二つあり、かなり厳重に警備されてカメラがあちこちに設置されています。

ちなみにサーク島はドローン禁止だそうです。

実は2ヶ月ほど前日本のテレビ局が撮影に来ていたらしいです。

そのうちどこかの番組で放送されるかもしれませんね~♪

先月はイルカが来ていたようです!

水温は今17度くらい、これが夏の最高温度のようです。

南国の28度に慣れている私には、冷たい!でもいつも使っているウェットスーツ3mmで泳げなくは無いかなぁ?

島の周りには洞窟が沢山あります。そしてここは干満の差が大きい時で10mもあるそうです!

この日は大体4mくらいだったのですが、黒く岩が変色しているところが満潮時のライン。

干潮時は歩いて洞窟に入っていけるので、カヤックでツアーに参加すると沢山洞窟の中に入ったり出だりして楽しそうです。

アナもガイドとして時々働いているそうです。

ボートがハーバーに戻ってきたのが2時頃

さて、この後は先ほど見たケーブでフリーダイビングしようと計画していたのでハーバーカフェの反対側にあるシャワールームでお着替え。

長くなりましたので

次回へ続きます。

チャンネル諸島 サーク島へ (Channel Islands Sark & Guernsey)

21日から、イギリスとフランスの間にある島 サークと言うところへ、お友達を訪ねてやって来ました。

街灯はなく、車は持ち込み禁止

馬車、自転車、トラクターが乗り物です。

(手っ取り早く言うと

この島はなんとクイーンが所有していて、ある方がレンタルしている島ということです。)

サーク出身のモーガンとスペイン人のアナ、

彼らとはホンジュラスのロアタン島でフリーダイビングの大会のセーフティーチームとして出会いました。

日本にも来たことがあるこの2人アナはヨガの先生、モーガンはフリーダイビングのインストラクターです。

サークではお父さんのお仕事(ボートで島の周辺をクルーズする)を手伝っているとのこと。

今回サークへはGuernseyという島へ飛行機で飛んでそこからフェリーで行きます。

SarkShipping Companyでネット予約購入が出来ます。

当日港で買うこともできる様ですが、予め買っておいた方がいい様です。

往復で予約して購入済みでしたが、

たまたまこの日お友達のお兄さんもお里帰りで来ることになって、お父さんのスピードボートで迎えに来てくれることになり、予約をキャンセルしました。

戻りの切符は前日にサークで予約しようと思います。

ガートウィック空港から飛行機で50分ほど、

ですが 飛行機が遅れ待ち合わせの時間ギリギリに到着、

空港から港まではタクシーで5分くらい、バスで10分くらいでしょうか?

ちょうどバスが来たのでStPeterPortまで行くか聞いてみると行くというので乗り込み、20£

札を出したら、「お釣りがない、お釣りが出来たらね」と言ってお金を受け取らず、そのまま乗れというような手振りをしたので、そのまま乗せていただき、船着場周辺で降りた時に、お釣りは出来ました?と聞いたら、「あ、いいよ」とそのままタダで乗せてくれました。

お友達に話したら、それはラッキーだったね!と驚いていたので珍しい事のようでした。

ちなみにバスは1£です。どこまで乗っても同じ料金です。

Guernsey (日本語で書くとグァンゼィかな?と思ったらガーンジー島と書くようです、発音はこの中間)はたくさんお土産やさんや小洒落たお店が立ち並び、ちょっとブライトンに似ている気がしました。

港には船がぎっしり

スピードボートで25分ほどでサークに到着!

そしてこの島には車が無いので

すが農作業用のトラクターはありますので、

はい、それに乗りました。

そしてお家へ行く途中に唯一4つあるパブの一つへ寄り まずは一杯! 笑

私はサイダーを頂きました。

その後夕日を眺めてに散歩へ

絶景ポイント沢山あります!

続く

イングランドの夏は花と野菜と折り畳み自転車

マッドネスなフェスティバルが終わって 笑

のどかなロンドン郊外に在る パートナーの両親宅へ。

(フェスティバルのロケーションも、のどかな草原/高原地帯ではありましたけど)

テント生活でごちゃごちゃになった荷物を片付けたり、整理をして

束の間の休息の時間を過ごし

翌日はロンドンへいざ出発!という時に彼の携帯にお母さんからのメッセージで (ご両親はアイルランドにお出かけ中)

「ラズベリーとかズッキーニとかトマトとか諸々の食べ頃の野菜が私達が戻る頃には勿体ない事になってるはずだから持って行ってちょうだい!」

と言われた様でした。

ちょうど庭にたくさん生えているイチゴを摘んでは口に運んでいた私にタッパーを手渡しつつ

「向こう側にあるラズベリーを摘んでくれる?」

と言われたので行ってみたら赤く熟れた実が結構たくさん!

カメムシや他の虫や蜂に邪魔にならない様にそーっとお裾分けしてもらい ました。

その横でRenoBeans という紫色の豆や 丸いズッキーニや へらべったいカボチャ、はち切れんばかりのトマトなどが袋に詰められていました。

豆のお花です。

紫の豆は生でもポリポリ食べられる、で蒸したら緑色に変身!

袋の中身は?

これはサマースクワッシュ とズッキーニ

そしてマロー、、、でっかーいけどもっと大きなのもありました

ズッキーニ(イギリスではCourgetteと呼ばれる)が大きくなると呼び名が変わってマローと呼ぶそうです。

芋掘り中、、、

庭のいたるところに野菜が!

そしていろんなお花も咲いていました。

素敵な庭に癒される〜♪

そして、私用におじいちゃんの自転車を小屋から引っ張り出してきてくれました。

初代の折り畳み自転車!30年くらい前の自転車らしいのですが、

ロンドンに持ってきて

タイヤに空気を入れたらちゃんと使える!

今でも手づくりで製作されているそうです!

電車に乗せて移動も楽々!

ピッタリサイズでしかも軽いです!

ギアは3変速できる様ですがどうやらサービスに出さないといけないようです。

大事に使わせて頂きます。

イギリスのフェスティバルBoomtown Festival 終了後

フェスティバルが終わって翌日から撤収が始まります。

天気も晴れ渡り

解体作業はサクサクと進み

フェスティバル中は雨だったけど、その前後は素晴らしく晴れて

超ラッキー!

私たちは火曜日にこの場を去ることにしていましたが

他の人たちは更に2日ほどかかる様です。

前日のこの木が

こんな風に、、、

で、撤収作業中 思ったのですが、

会場に来ていたお客さん達のテントが一向に無くならないのです。

私たちスタッフのテントの遥か向こうがお客さんエリア。

いつまでいるんだろう?

と思っていたら、、、

みんな置いて帰っちゃっているんですよ!

使い捨て?

エアマットレスや折りたたみテントやチェアーも?!

ありえない〜!!!

30£ほどでテントやマットレス折りたたみ椅子が買えるそうで

でもパーティーで疲れた後に

駐車場までの遠い道のりを

はたまた更に遠い駅まで担いで持って帰りたくないので

みごとに置き去り、

ということの様です。

会場を作る側はリサイクルに力を入れてゴミを少なくしようとしているのに

お客さんはこんな感じでやりきれない、と言っているお友達。。。

使い捨て文化で育った若者たちは全く気にしていない様です。

私が驚いていたら、もっとひどいフェスティバルもあってコレはまだ少ない方だそうです。

正直、

私は時間があったら 宝探しししたかったです。笑

可愛い折りたたみの椅子とか、可愛いニット帽とか、、ねぇ。

あったろうに、

実際拾っている人もいました。

(フェスティバルの後に残される折りたたみ椅子だけを集めて(アルミニウム)売って凄い金額を稼いだ方がいるそうです。)

すぐ壊れる物を安く売っているからこうなるんでしょうか?

安くても良いものを持っていたらそう簡単には捨てないと思うのですが

これ、日本ではどうなんでしょうか?

イギリスのフェスティバルBoomtown Festival 続き6

Boomtown 最終日、 雨が降って足元はぬかるんで来ました。

長靴借りて本当に良かった!

まだまだ訪ねていないエリアがあるのと、今日はモチーバが歌うのでそれがお目当てです。

あと、私は知らないのですが同じ会場で 時間を開けて、なんだかとんでもない人が歌う?のかDJするらしいのでその辺を散策しようということになりました。

とにかく広い丘を歩くので、お腹がすきます。

私たちの目に留まったのはFelafelのお店とHappy Maki Sushiと書いたヴィーガン海苔巻き屋さん。

4種類の太巻き寿司があり、私はFully loaded(満杯に入ってるよっていう感じかな?)を頼みました。

流れ作業でのりにご飯と具が乗っかって、それを巻く人、そして片側だけ紙で持ちやすい様に包む人という動きもスムーズでフレンドリーな感じです。

そして肝心のお味は、、、

すご~く美味しい!!!

のりと具がマッチしてご飯も美味しい!

久々の海苔の味!!

あ~ 幸せ~!!!でした。

その後に食べたFelafelもボリューム満点で美味しかった!

ここに出店しているお店は量が少なめな所が多い中、気前よくピタパンに具が溢れていました!

モチーバが歌うステージ前LionsDenで待っていたら、

続々人が集まって来ましたが、雨もぱらつき始め

本人が登場して歌い始めたら本格的に降り出して、みんなびしょ濡れになり、

でも、懐かしい 曲がかかると一緒に歌ってしまう~♪

1996年に逆戻りした気分になりました。

ステージが終わって気づいたら足元がぬかるんで泥まみれです。

オールドタウンというエリアへ向かい

他にも沢山のアーティストがいろんな音楽を演奏しています。

屋根のあるところを求めて歩いていたら、カナダから来たというバンドが演奏していて、

これもまた良かった!

生演奏って観客の気分が演奏者に伝わってそれに演奏者が更に感動するという循環が起こるのですね!

小さなvenueだと近いのでそれがすごく感じられました。

そして、また大きな会場へ戻り例のとんでもなく飛んでるアーティストのステージ へ、(調べたらDieAntwoordという名前の方たちでした。)

(ちなみに夜9時頃でこの明るさですよ。)

既に沢山の人が集まっていて年齢層が若い感じです、

それとステージのセットが私たちのDistrikt5とにいている感じでした。

初めて見た南アフリカから来たアーティスト、ちっと吹っ飛んでる?特に女の子は宇宙人みたいって思ってしまいました。

何言ってるかわからないけど、

釘付けになってしまった。

この場所からかなり遠くで閉会式があり、そこで花火も上がるという事でしたので見晴らしのいい高台からその様子を眺めることにしました。

スケールが凄い大きなフェスティバルにスタッフとして関わったのを改めて気付かされた!

来年は防寒をもっと万全にして来たらもっと楽しいと思いました。