Monthly Archives: September 2010

マナリの郵便局

今朝、郵便局に行って来ました。
昨日のおじさんがいたので小包を送りたいといったら郵便局の外へ歩いてゆき、
い一緒に来いと手招きしています。
ついて行くと小さなテーラーのおじさんのところへ行き、ここでパックしてもらったらまた戻ってくるように言っていなくなりました。
テーラーのおじさんは私の荷物のサイズを測って白い布で袋を作り最後に手縫いで縫い合わせて
sその手縫いのところを赤いロウで封印してくれました。
これならあけたらわかるんだな。。。と思って御礼を言って去ろうとしたら60ルピーだって。。。
あぁーやっぱり、でも、これダンボールで持っていってもその上からさらに布で同じように袋を作っていました。封印はしてなかったけど。
結局私は、ダンボールに入れていくのはやめました、よかった。

で、郵便局に戻ってマジックでアドレスとかパスポート番号とかビザの番号、内容物などを書いて
重さを量って送りました。SALだと時間かかるけど安いです。
2480グラムで約650ルピーでした。空輸だとこの重さで1500ルピーくらいかかるようですね。
約1ヶ月掛かるそうです。

ということで、ゲストハウスのオーナーが言っていたような、ダンボールを用意してガムテープも自分で用意しないといけない ということは待ったく必要なかったわけです。
(ダンボール分重くなっちゃうし、ガムテープ40ルピーもするし。。。)

いま、ここマナリは結構晴れてていい感じです。
明日、たぶん夜にはダラムサラに向かいます。

Manali -荷物の再整理中です-

マナリ二日目ですが、かなりのんびりできています。
ここももうシーズン終わりのようであまり混んでいません。
インターネットも1時間20ルピー!(レーで90ルピーだったのに!)
デリー並みの安さです。

レーで買い物し過ぎたせいか、荷物が非常に重いので着ない服は送ることにしました。

旅行中に買ったヒマラヤの岩塩とかアプリコットオイルとかオーガニックのアップルビネガー
などかさばって重いものが増えているんですが、これはなかなかよくって手放せないのです。
特に岩塩はもう少しレーで買ってくればよかったと思うくらい毎日使っています。
アプリコットオイルもとってもいいです。アプリコットのスクラブもお肌がしっとりします。
レーに行ったらぜひアプリコットお試しください、道でも野菜などといっしょに売っています。
種の白いアプリコットが甘くておいしいんだけどこの種を割って中身も食べられるのです。
白いのは種も甘かった!

すでに着ない服など何枚かレーにも置いてきたんですがここでも処分しています。
特に日に焼けてよれよれになった服など。。
それでもまだ多いと思うので、買っては見たけどあまり着ない服や、レーでは重宝していた
毛糸の靴下など、捨てたくないけど使わないものを送ることにしました。

DHLとかを使って送ろうかと思っていたら、今泊まっているゲストハウスのオーナーが
プライベートの会社を使うよりもガバメントの郵便局の方が安心だよ、といってくれました。
郵便局に言って聞いてみたら、1キロ1000ルピー最大5キロで2500ルピーだそうです。
箱も付いているそうです(心配だったんで一応自分でお店から段ボール箱もらっておいたんだけどいらないみたい、でも一応持っていくけど)

明日朝9時半に来いと言われました。
明日はダラムサラまでのチケットなど買おうと思っています。

朝出ようか夜出ようかちょっと迷っています。

Back to Manali !!!ラダックからマナリに戻ってきました。

今回はなんと1泊もせず、まっすぐマナリに着きました。
昨日の朝5時に出発してマナリのバス停に着いたのは3時近く。
今回は、(も?)また違ったハプニングがありました。笑まず早朝4時半にトラベルエージャンシー集合でちょっと遅れて着いたらお店の中でカップルが揉めていました。
私送れちゃってごめんなさい、と言って中を覗くとみんな一斉に、あっつ!ほらきた!
と言っていました。
で、入り口にスタッフの一人が立って「遅れてないよ、今あなたのバスがもうすぐ来るからね」と言ってます。
中ではまだカップルが揉めています。
それで、どうしたんですか?何か問題?と聞くと、彼らは1日バスを間違えて来たんだよ。
と言っていました。
1日早いバスを予約したのに次の日に来てしまったようです。
で、私のバスが来たときにカップルの彼に「あなたはこれからどこへ行くの?」
と聞くので、マナリです。
と言うと顔色を変えて、スタッフにこのバスに俺達も乗せてくれ!!
と頼みだしました。
バスは満席だって言われても、床に座るからお願い!!!と食い下がってきて。。。
その間私は荷物をバスに積んでもらい、早くバスに乗っちゃいな。と言われました。
そんなこんなでバスは二人をおいてそそくさと出る準備をしていたら、彼女がいきなり泣き出したんです。
しかも、子供が泣くようにワンワン泣いてお願いお願い!!と叫んでいます。ええっ?!何でそんなに死に物狂いなんだろう?
とにかく、何とか乗せえもらえるとか、何かいいほうに解決するといいな。
と思っていたら、さらにお金をはらって乗せてもらえる事になりました。
そして狭いバスのシートの間の地べたに二人座ることになったのです。
気がついたらバスは満員で私とそのカップル以外はみんなインド人男性。。。
朝食をとる為に途中止まったときに、カップルと挨拶すると。
「あうがとう!あなたがこのバス予約していなかったらバスもあの時間に来なくて私たち途方にくれるところだったわ。」
と言われました。
彼らはどうやら予約のときにミスがあったみたいです。
で、彼らはイスラエル人で宗教上、ホリデーに移動(旅行)してはいけないらしくどうしてもこの日に出なければいけなかったようです。
8,9,10日がホリデーで、ダラムサラに300人位イスラエル人が集まるから そこへ行きたいんだそうです。
ちょうどこのときダライラマも居るそうです。
どうしよう?私も行きたいけど、人があふれていそう。。。汗

とりあえずそんなこんなで出発して、道は以外にスムーズに通過できて8時ころにはキーロンの手前まで来ていました。
夕食を済ませて、運転手が変わりこのままマナリまで走るということで無事到着しました。
でも、夜中に着いたので行きたかったゲストハウスまで歩いてはいけず、その手前(坂の手前)で宿を取りました。

これからお友達探します。