Monthly Archives: January 2002

メキシコ Taxco, San Juan Teitihuacan

13/Jan/’02
AcapulcoやMexico Cityを素通りして

(Mexico Cityでは正直 一度も道路を曲がることなくひたすら直進)

8時間かけてTaxco(タシュコ-人口95,100標高1,800m)に、
古い建物、急で狭く曲がりくねった坂道そしてシルバーが採れる 所、

ここではじめて日本人旅行者を見つける。
14/Jan/’02
この日も8時間ほどのドライブで

San Juan Teitihuacan (サン・ホワン・テオティウワカン人口18,460人標高2,300m)

に夜8時過ぎに着く

ホテルは何処も高めで車であちこち回っていると、大きな新しい ホテルに隠れるようにMOTELという看板が!

値段を聞くと 3人で200ペソ。

他のホテルは同じか少し高め、この時もう既に10時ころになっていたのでとにかく敷地内に入ってみると

いわゆる日本にあるラブホテルで ひとつひとつの部屋の1階部分がガレージになっていて

シャッター付きキングサイズのベットがひとつ。

サテライトTVまで ある食事はレストランから出前してくれると言うではないですか!

何でこんなに安いのか???

でチェックアウトは9時頃と曖昧、 しかもモーテルにしては早い、、、

察するに私たちがチェックインしたのは10時を過ぎていたので

オーナーは既に帰って従業員2人がのこって朝までオフィスで過 ごすのでしょうね。

朝10時ころオーナーが来る前に私たちが出て行けば200ペソ は従業員の手に…

多分こんな筋書きではないでしょうか?

メキシコBarra de Navidad からZihuatanejoへ

9/Jan/’02
Barra de Navidad(バラ デ ナビダ:人口2,970)

スペイン語で クリスマスボールという意味のこのビーチはカナダ人 バックパッカーが多く観光がメイン成り立っている小さな所
なのでここに住むメキシコ人は旅行者の物を盗んだりしないそうです。

もしそんな事があったらすぐ警察や他のメキシコ人が探し出して 痛い目に合わせるのだそう…💦

ここで私は初めてかじきマグロの ケサディアを食べました。

カジキってマグロでは無いのになぜか日本でこう呼ぶの?

ビーチの近くで嬉しいのはSeaFoodが 美味しいこと。1泊のつもりがもう1泊泊まっちゃおう!

barade002

11/Jan/’02
この日は特に何処のビーチへ行くのがいいのかわからず、

Playa Azulや Bahia de Marata に立ち寄ってみたけどplaya azul (プラヤ アズール)は

メ キシコ人の観光客やビーチの印象が良くなかったのと

マルアタ はシャワーやバンガローらしい設備が無くテントを張って滞在し ているサーファーばかり、

このビーチで知り合ったアメリカ人の サーファーの薦めでNexpa(ネシュパ)というビーチに着く
サーファーのみぞ知るこのビーチは2階建てのバンガローに ベットが3つ

キッチン付きで2階のバルコニーにはハンモックも あって150ペソ!

1泊で移動するのはおしいな、、、

と思っていると ここに滞在するサーファーは1ヶ月とか2ヶ月単位で滞在する のだそう

しかもスコットランド人とかイギリス人とかいろんな国 から来ていた。
12/Jan/’02

Zihuatanejo(ズィワタネホ)に移動、
高齢の旅行者が多くビールも高い、なんか他のビーチと印象が違うなぁ。

ほんのちょっと移動しただけで客層が変わるメキシコ

zihua

メキシコ マザトランにて年越し

mazatran

31/Dec/’01
約6時間半のドライブでMazatlan(人口362,800人アメリカ人 やカナダ人のリゾート地)へ、
友達を空港で無事ピックアップして 4人で大晦日を向かえる。
1/Jan/’02
マザランのすぐとなりにあるビーチZona Doradaへ移動して キッチン付きのアパート風ホテルを見つける。
目の前はビーチ、 バルコニーからは夕焼けの海岸が最高!ここに4日まで滞在する 事に、

そして次のビーチはPueruto Vallarta(プエルト バヤルタ)ここはどうやらゲイが好んで行くビーチらしいです。

4/Jan/’02
4時間ちょっとでSan Blas(サンブラス-人口8,710)という小さな 町に着く、ここに1泊する事に、
そしてここでスチュアートが 今日は俺がホテルをおごるよ、といいコロニアル風のこの町で 一番高いホテル(US$200バックパッカ-は絶対泊まらないよね) Hotel Flamingosに宿泊。中庭にはプールが2つあってひとつは 滝のように水がふっていてもうひとつは泉のように水が湧き出て いていつものホテルとのギャップが…

5/Jan/’02
3時間でプエルト バヤルタ(人口121,800)に着く、
マザランにも増して観光地という感じのビーチ、石畳の道路 カバナ風のかわいいカフェ、

そして驚いたのは あからさまなゲイ(痩せ型そしてピタッとした黒っぽい服) がたくさん居た事。
途中参加のスチュアートは6日に帰国予定、私たちはここに8日まで滞在予定です。