Tag Archives: Dec lassification

ワシントンからの伝言(19) 〜石川新一郎さん〜 ワシントンから(19回目)のメッセージ

こんにちは、今日も石川新一郎さんの動画を文字起こしします。

こちらがリンクです ワシントンから19回目のメッセージが届きました!

「石川様、昨日も真面目にメッセージを伝えてくれてありがとうございます。今回のアメリカの大統領選がアメリカだけの問題ではなく民主主義と全体主義との戦いであり、すべての始まりとなる戦いであることを皆様が認識して頂けたことをありがたく思います。1月20日まであと17日、今年は激動の年となることでしょう。アメリカの司法は残念ながら腐ってしまいました。選挙における憲法違反を見逃し判決さえできない腐った司法に成り下がっています。司法が存在する意味すら疑問視する状況です。ここには善良な判事は一人も存在しないのでしょうか?これが今の民主主義社会をリードしてきたアメリカの実態です。エプスタイン島に訪れたことのあるロバーツ最高裁判事を代表にして腐っています。いよいよ大統領令13818を発令する時が来ているようであります。人権侵害に関わった者への重い処罰を下せる法令で今後これに当てはまる人物がどんどん出てくるでしょう。

「次に、エプスタインは司法取引をしてリン・ウッドのツイッターのように存命しています。彼が生きていれば沢山の証言ができます。これはトランプ大統領が大統領令13818を1年間延長した理由の一つです。次に2018年9月の大統領令により外国の介入を助けたという認定を受ければ、こうした犯罪に加担したり扇動した議員たちは逮捕されるでしょう。Facebookのザッカーバーグもその大統領令に即して認定を受ければ会社と個人の財産は国が没収します。一生懸命毎日、自身の会社の株を売って現金にして資産隠しに勤しんでいますが隠しても使えないようになる時期も近いでしょう。さらにセクション230法と同時に責められていよいよ追い詰められています。ザッカーバーグの奥様は北京出身ですし、彼自身北京語を話せます。現在、ジョージ・ソロスより資金提供されていたアンティファ、BLMは民主党の政権内の州で警察が介入できないほど過激化しています。ジョージ・ソロスからの資金も途絶えましたがまだまだ動ける資金はありますので要注意です。現在はすでに内戦状態と言っても過言ではないでしょう。アメリカはこんな状況ですが、すべてが変化し生まれ変わるためにはアクを出さねばなりません。それには国民である皆様の”このままではいけない!”という変化に対する意思が必要です。それらが変化のエネルギーとなり改革がなされます。今はアメリカ国民や世界の自由主義陣営の人民にとって最も重要なターニングポイントとなっているようです。すべての変化は大いなる意思により生まれます」

「最後に昨日のメッセージの中で”ある再評価”とは”RV”です。”グローバルなリセット”とは”GCR”のことです」

ワシントンからの伝言 4石川新一郎さん ワシントンからの(4回目)のメッセージ

こんにちは、ワクワクする石川さんのワシントンからのメッセージ、今回も文字起こしを載せて行きます。

動画のリンクはこちらです。https://youtu.be/o4bUFif335Y

ワシントンから(4回目)のメッセージ

令和2年12月17日

昨晩、深夜1時過ぎにワシントンからメッセージがありました。4回目のメッセージであります。日本全国の皆さん、そして全世界の皆さんにご紹介をさせていただきます。

まず、石川様が我々の伝達通りに正確に一語一句お話しする姿に感嘆いたしました。ありがとうございました。そして、石川様の話をご視聴いただいた日本の皆様のコメントを全て読ましていただきました。とても温かい応援に感謝します。本日の皆様のコメントは今の世の中の仕組みや与えられた情報がいかに権力者たちに都合の良いもので出来上がっているということにたくさんの方々が気がついていることに感謝いたします。ここで、最も基本的なことをお話しします。

今は大統領選が気になっていると思いますが、なぜトランプ大統領になり、アメリカや世界の仕組みを変える戦いに挑んでいるのかの話をさせていただきます。

それは、ケネディ大統領から始まります。彼はあることを公開しようとして、暗殺されました。それから時が経ち本来のアメリカ合衆国憲法の基本である自由と平等そして民主主義というものの根本が揺らいでいることに気づき、正式に1999年5月から21年間に及ぶ戦いに挑みました。まず我々はケネディの公開しようとした素晴らしい物事を実現するために現在の社会を裏から操っている権力者と対気してしてその矢面に立つ最後の仕上げにトランプは手を挙げて自ら大統領選挙に挑み勝利してくれました。それにより人間の自由と平等と愛を奪う全体主義や共産主義が今こそなりふり構わず牙をむいてます。このことが明るみに出ること、そして地球の全ての人類が自ら「この世の中は何かおかしい」と、気がついてくれたこと、これこそが我々が目指していたところであります。

これは善と悪との戦いと思っております。

我々は生まれながら自由であり平等であり地球上のすべての人々や生きている草花や動物たちのものです。合衆国憲法にはその基本理念があります。自由と平等、貧困のないみんなが笑顔で暮らせる世界を目指してまいります。日本の皆様の温かいお言葉が何より嬉しく思います。皆様が全能の神と共にあることを祈っています。

今後 9.11や3.11のような自然の摂理のような仕組まれた人工的な悲惨な災害はもう起きません、すべて終わりました。闇の側の本当のトップたちは既に何も動けません、あとは残っている実行部隊だけです、やがて壊滅されるでしょう。本日の午前2時から、闇との最後の聖戦があります48時間以内の全てが終わります。そして地上に明るい光が照らし出し満ちあふれることを誓います。

今何より大切なことは民意です。トランプは独裁者ででなく、憲法を遵守する共和党の大統領です。

民意がなければ非常事態宣言も、戒厳令も、国家反逆罪も行えません。今週で盛り上がります。みんな「バイデンになったら何かまずいのでは』ということで気がつきだしました。いよいよ真打の出番がきます。待ち遠しいですね、民主党は社会主義でなく共産主義に侵されていることに気がついていても、自分たちの利害が優先してまた買収されていて盲目状態です。一番大切なものを失い、光を感じられなくなっています。彼らの行く手には暗闇だけが待っています。でも、今の戦いは誰も共和党と民主党のとは思ってないです。最後に今日、なぜ1999年の話を出したかと言いますと、石川様は本当の関係者とコンタクトしているというサインであります。だから始めに出しました。

以上ワシントンからの伝言でありました。

(本当に感動的なメッセージでありがたいと思っております)

ロシアのプーチンについてお尋ねいたしました。

そうしましたら、プーチンとトランプは細かく打ち合わせをしています。「電報でも送ってやれ」程度の会話です。

マコーネルの言動についてお尋ねしました。

本来の上院議長は副大統領です。あくまで儀礼的なものであり想定内以下の言動です。