Tag Archives: 石川新一郎さん

ワシントンからの伝言(21) 〜石川新一郎さん〜 21回目のワシントンメッセージといよいよ反撃開始です!

本日、2回目の投稿ですが、こちらもYouTube 動画 より 石川さんに届いたメッセージと石川さんの熱い声援です。

動画のリンクはこちらです〜 https://youtu.be/oKu9SLjJK0w

令和3年1月8日

1月6日、7日は朝から 昨日は終始暗いニュースばっかりで希望が見出せなかった、暗雲が漂っておりました。こうしたなか 昨日、私のところにお電話がたくさんありました。73件の着信がありました。そして53名の方と会話をさせていただきました。メールも100通以上届いております。本当にありがとうございます。

「トランプが心配で心配で寝れません、仕事が手につきません、今日お仕事休みました、Yahooニュースでバイデンに決まったと報道がありました、暴動を起こしたのはトランプ関係者だと言ってます、トランプ負け確定ですか?非常に残念です、ペンス裏切りですか?石川さん裏切らないって言ってたじゃありませんか、悪いニュースばっかりで体の力が抜けて食欲もありません」このような声が昨日私のところへ届けられました。こうした名もない庶民が自分のことのように トランプを心配してくださり一つの情報で落胆し希望を失い悲しみに暮れております。「こうした無名の庶民に寄り添い、話を聞いてあげて 少しでも励ましとなり 元気となってくれたら」このような思いで石川新一郎対応さしていただいております。そしてまた、「これが私の役割であると」このように思っております、どうかこの姿勢 石川新一郎 今後も変えずに参りたいと、このように決意をさしていただいておりますので引き続きお願いをしたいと思います。

そして昨日はどのような1日であったか、これを表す素晴らしいコメントがありましたのでご紹介をさせていただきます。

「私も石川さんと同意見で全く悲観する状況ではないと思います。何故ならば、連邦議会 上下両院の合同会議はあくまでもトランプ大統領の囮作戦だという情報があるからであります。機密解除(デクラス)を行う前に議員たちにバイデン当選を認証させることで更に膿を出しているのではないでしょうか。トランプ大統領、フリン将軍、シドニー・パウエル弁護士、リンウッド弁護士は、今回のペンス副大統領の裏切りを必ず予測して行動していると思います。(全く同感でございます)また今回、アンティファの議事堂乱入がありましたが、トランプ大統領はあくまで冷静に平和的な対応で国民に呼びかけいたしました、これほど我慢強く耐える大統領はやはり戦い方を熟知しているのだと思います。戦わずして勝つことが最も望ましいことを本当に知っている。外交交渉によって有利に事態を収拾することができればあえて武力に訴えるまでもなく解決することができる、または謀略活動によって相手の結束を崩し、内部体制を崩壊させてしまう、結局1月6日のことで分かった事は正常な思想を持っているのは軍人、民衆である事、それ以外はどうにもならないぐらい腐敗していたという事、トランプ大統領の戦い方は賢者の戦いであることを信じて共に歩みたいと思います。』とこのようなコメントがありました。とても客観的な立場から、しかも冷静な判断をされてそして見事な見極めをされていると私も同感をしているところでございます。

ここで、昨日ワシントンから突然連絡がありました。

一言だけでした『トランプ大統領は勝つ』それだけです。

そして『ペンスなんてどうでも良い』、と一言ありました。

また、「バイデン、ハリスは大統領になる資格はありません。なぜなら アメリカ合衆国の憲法に内容が記載されています。その内容に沿って、彼らはなれません」。このようなメッセージが1回目としてありました。そしてその後またしばらくして次のようなメッセージがありましたのでご紹介をさせていただきます。

「石川様、合同議会で亡くなった方にお悔やみ申します。あれは警察が議会になだれ込みわざとトランプ大統領のために集った集団が危険な輩とさせたためです。煽動したのはアンティファの数名です。何日かかかりますがトランプ大統領は再選します。それだけで他には何もありません。ただ我々人間は自分たちで勝ち取らなければならないことがあります。今回もいろいろ紆余曲折しながらですがトランプ大統領は必ず勝ちます。なぜなら、その先のタイムラインは少し早まりました。彼がいなければ何年も伸びますが、全くそのようなお話はでません。断言しますが、トランプ大統領は勝つ。」

追伸です、トランプ大統領が勝つまで数日かかります。おそらく15日から18日までの間に終わります。」

以上ワシントンからのメッセージでありました。

このワシントンメッセージを踏まえまして、今後のトランプ再選への反撃を独断と偏見で考えてみました。

本日1月8日でございますけれどもトランプ大統領の演説がございます。おそらく、戦闘開始と言いますが反撃開始の狼煙の演説であると思っております。巨大なワニを捉えるそのために池の水を抜く作戦であると思っております。そしてまた、トランプ ビクトリーロードというべき作戦があると思っております。日程的に考えますと、今日1月8日でございますけども、1月8日から13日、この5日間は巨大なワニを捕まえる池の水を抜く作戦であると、このように私は強く思っているわけでございます。大量の逮捕者が出ると想定をしているところでございます。そして1月14日から18日の間、いよいよトランプ大統領が大統領就任までのステップを歩む、トランプ ビクトリーロード作戦とこのように私は銘打っております。そして1月の20日12時にトランプ大統領は聖書の上に手を置いて大統領再選の就任式が見事行われると確信をしているのであります。

リンウッド弁護士のコメントがあります。「犯罪が完了するのを待っていた。トランプ大統領はテキサスの国防センターで全てを監視した、数日以内に大量逮捕が行われるだろうと言っていた。トランプは絶対勝つ」ここでもリンウッド弁護士もトランプは絶対勝つと断言をされております。

それでは、どのような人が逮捕されるのだろうか、私ちょっとそれを言及してみましす。2018年の9月18日の大統領令に違反する犯罪として、いろんな部分あるかと思いますが私は1月の7日までに犯罪は完了 確定した。とこのように思っております。一つはFBI関係者、そしてCIA関係者、そして連邦議会委員関係そしてジョージア州の上院補欠選挙の犯罪、ニューメキシコ州を含む激戦7州の選挙犯罪、そしてエプスタイン島に関わる犯罪マスコミ報道を含めた犯罪、是非ですね、これは日本のマスコミもね対象にしていただきたいな、とこのように思っております。そして何よりも、ドミニオンに関連する国際犯罪、この辺にも言及していただきたいな、とこのように思っております。そして、中国共産党関係者、そしてジョージ・ソロス、オバマおよび関係者、クリントンおよび関係者、そして、そしてバイデン、バイデン親子および関係者この辺をターゲットにしていただけたらいいなとこのようにも思っております。そしてまた。1月6日までに提出済みとなっておりますラトクリフ国家除法長官による報告書かあるわけであります。これはCCPの選挙干渉が裏付けされていればアメリカ政治家のみならず大手メディアの資産凍結まで可能となると思っているのであります。

そしてこのことは「国民のため」という政治ではなく「中国共産党のために」と成り下がった政治の終焉を告げるものであると思っております。

最後に昨年の12月20日のワシントンからのメッセージをもう一度確認しておきたいと思います。

「今、大統領選が皆様の一番の関心事であると思いますが、なん度もお伝えしますが、必ずトランプは再選されます。これは現在泥の悪魔の中の大きなワニを(これは我々が使っている言い方ですが)泥の中に潜んでいる大きなワニが全部出てくるようにじっくりと待っています。彼らはどんどんと正体を現し始め、待ちきれず罠にかかっている状態です。どちらにせよ本当に近い時期に自ら崩壊するのを目の当たりにみるでしょう。明るい地球の未来は、第二期が始まると同時に次々と実行される準備は整いました。我々が現在設定したタイムラインはもう変化しないと断言できます。日本の皆様、おとぎ話と思っていただいて構いません。ただ、これらのことが全て数ヶ月以内に行われますことをお伝えします。」

以上、石川新一郎でございました。

ワシントンからの伝言(18) 〜石川新一郎さん〜ワシントンからの(18回目の)メッセージ

こんにちは,本日も石川さんのYouTube の動画の文字起こししてみました。

誤字、脱字があるかもしれないですので、ご指摘があったら、よろしくお願い致します。

以下はこちらの動画ワシントンから18回目のメッセージ! の文字起こしした内容です。

**********

令和3年1月2日 10時20分

第63弾 ワシントンから18回目のメッセージ です

本日も、昨日の元旦と合わせてご多忙の中連日メッセージを賜りまして、とても、すごく嬉しく感じております。

ワシントンの皆様本当にありがとうございます。

それでは早速ご紹介をさせていただきます。

石川様、一月一日のはじめに皆様へのメッセージをありがとうございます。

コメント欄で、石川様の新年の挨拶に関する英語表現がありましたが、我々は日本語でのメッセージしか石川様へお伝えしていません。

我々の、ここのスタッフは、日本語のできるものがいますので、日本語でお伝えしております。

昨日のことで ウイグル族の件で我々の話が少し間違っています。 というコメントにお答えします。

ウイグル族のジェイノサイドに関する資料は安倍政権下の日本政府がアメリカに渡されたものです。

その後九月に発足した、菅政権下の許可の元、十二月に議会が使用させていただいています。

中国共産党のディープステートに関しての内容の説明の説明を一部削除します。

昨日、明王朝の軍部からレッドドラゴングループが発祥したのち、その後の説明を修正します。

1900年にレットドラゴンが発見を機密結社を装いました。

その後義和団の何をしかけイエズス会とロスチャイルドを中国から排斥しようとしましたが失敗し、

20世紀にはロスチャイルドは中国全土を制覇いたしました。

その後、ロスチャイルド ユダヤ系フランス人のデビット ルネ、ロスチャイルド男爵等が中国共産党のディープステートの中心であったのですが、現在は全て 、、、えー(排斥しようとしましたが、20世紀には、ロスチャイルドは中国全を土制覇いたしました。その後、ロスチャイルド ユダヤ系フランス人のデビット ルネ、ロスチャイルド男爵等が中国共産党のディープステートの中心であったのですが、現在は全て)

排除され習近平のみが残っています。

ついでにヒットラーはロスチャイルドの工作員の一人として位置づけられています。

そのことを追加します。

日本は政権の中心の政党の幹事長が心中の親玉であったり、もう一つの新興宗教をバックに持つ政権党が

同様に親中派であり今後の同盟国としてのスタンスが問われる時が来るでしょう。

ジェイノサイトの問題を抱える国とは

全ての人民が自由、平等の精神が基本である合衆国憲法が理念の基本であるアメリカや民主主義社会の西側諸国はおつきあいは不可能です。

それらは国際犯罪として認定されるもので、同様な意志の国々と集い、あらゆる手段を使ってやめさせなければなりません。

日本も、同盟国としてそれらの理念を有している国であると認識していますので、政府や政治家は同様でなければなりません。

安倍政権が、昨年長い政権を終了したのはそのような心中の政治家たちが中枢にいることを危惧し、排除するための政権交代であったはずでしたが、残念ながら未だに中枢に残っているのが現状です。

日本におけるこのような政治家たちの問題は日本の民意が大きくならなければ動かないようです。

台湾問題が今 中共との間にある大きな問題ですが、日本の尖閣問題もしかりです。

日本政府が断固とした態度を中共側に示さなければならない時かと思います。

真の保守のみが集った政党が日本にも必要でしょう。

トランプ大統領は現在の共和党の現状にもとても危惧しています。

ここで話を変えましょう。

ケネディジュニアは1999年7月16日に飛行機事故により死亡となっています。

その前に彼が残したメッセージが残っています。

2020年に戻ってきます。なぜ2020年か、ニコラ テスラ の技術で論理的に考えればそれらの内容は質問は全て解決されます。

我々のDECLASの発表は2020年11月中旬までを予定していましたが、タイムラインを少しずらしました。

それにより全てのタイムラインは今年の前半に起きるようにセットしました。

ので、彼の言ったニコラテスラの技術もタイムラインのセットが変更になったようです。

なお 余談ですが、ニコラテスラの技術は、トランプの叔父に全て引き継がれていると言われております。

我々の計画である秘密解除 DECLAS の前にシステム上セットすることが二つありました。

それらのあることへの再評価とグローバルなリセットはシステム上終了したことをご報告いたします。

さらに以前お話ししたイギリスの欧州連合EU離脱が我々の先に進めるための一つの条件であったとお話ししました。

2020年12月31日午後11時をもってイギリスはEU規則に従うのをやめ、移動や貿易、移民や安全保障の協力関係などに関するEUとの新しい協定が予定通り施行されました。

以上とても大切なことを列記いたしました。

最近 石川様の話した内容をしっかりと分析してくださる方々が何人も存在し我々一同とても喜んでいます。

ありがとうございます、御礼申し上げます。

以上ワシントンからのメッセージでございました。最後までご使用いただきまして誠にありがとうございます。

本日もワシントンからとても貴重なメッセージ頂戴しまして石川新一郎とても感激でございます。


*****文字起こし終わり*****

希望に満ちた発信ありがとうございます。

初詣で見れたお月様

ワシントンからの伝言(17) 〜石川新一郎さん〜ワシントンから今年初めてのメッセージ

2021年新年、明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

今年は久々に日本で、除夜の鐘を聞き、元旦に参拝に行きました。

さて,今年も愛と希望の光のひとしずくをお届けできるようなそんな風に過ごしたい!と思っております。

そこで,石川新一郎さんに届くワシントンからのメッセージを文字起こししてみました。

以下はこちらの動画、ワシントンから今年初てのメッセージ(17回目) からです。

令和3年1月1日 午後9時

第62弾 ワシントンから今年初めてのメッセージ!(17回目)

あけましておめでとうございます、昨年は寝ても覚めてもトランプトランプで多くの皆様より新年のすごく熱い熱いお電話、

そしてメッセージの真心を賜り、厚く感謝と御礼を申し上げる次第でございます。

本当にありがとうございます。

本年2021年も さらに熱い命をたぎらせてトランプ再選のためそして世界を愛と平和光に満ちた世の中にするために前進をしてまいります。

引き続き皆様のご支援、ご協力のほどどうかよろしくお願いをいたします。お世話になります。

それではいつもと同じように進めさせていただきます。

寝ても覚めてもトランプトランプー!

全世界のトランム大好きの皆様こんばんは石川新一郎でございます。

それでは早速ご紹介をさせていただきます。

皆様、新年おめでとうございます。a happy new year.

ペンス副大統領が引退と流れておりますが、ペンスは自分の最高の引き際は1月6日

20日までトランプを再選することに最善を尽くす ことだそうであります。

次の大統領選には出ないと決めました。

次に、名王朝の軍部から発祥した レッドドラゴングループはディープステートであります。

しかし、中国の支配から昨年に完璧に排除されました。

この中のある伯爵もいなくなり、今や中国共産党の中の主役は習近平一人であります。

この習近平の手術は事実であります。状況は あまりありません。とのことであります。

また、今年こそ、ケネディジュニアの現況をトランプ大統領が発表するでしょう、近い機会に。

そして、キャロラインは喜びの顔を持って迎えます。

次に、日本の菅政権についての見解です。

昨年12月29日にアメリカ議会が中国のウイグル族への人権損害をジェイノサイドとして設定するにあたりウイグル族が強制収容された根拠の情報を実は日本政府がアメリカ、イギリスに提供しました。

これで日本政府が中国側とアメリカ側の両方につく二股外交を辞める決断をした、という意味で捉えて良いとアメリカ側は考慮しました。

さて、今年2021年は、あらゆることが刷新される元年となります。

それは司法 立法 行政 全てに渡り行われます。

司法は再教育のシステムにより再度司法としての独立したしっかりとした存在となるでしょう。

立法である議会は、ある発表の後の選挙により、新たな議員のもと再生されるでしょう。

同様に行政もそれに伴い、あるルールに則り業務を主ないますので、それに沿ったものと交換されます。

そして金融システムも同様に根本から変わります。

特に国レベルで金融シスエムにハッキングされることはどんな高度な技術を持っても不可能なシステムに変換済みです。

これらの事柄はアメリカから始まり、我々の国を出発点として国連の加盟国以上の国々で同様なことが行われます。

ただし、前にもお伝えしたように独裁国家、全体主義国家や共産主義国家は含まれません。

それらの改革が実現されていく中で取り残されたこれらの国々はとても早いスピードで民主主義国家として生まれ変わります。

国連は、今年 加盟国が増えます。なぜなら、台湾は国連に加盟し正式に国として認められる年となるでしょう。

すごいですね。  感動です。

さて、現状の進行具合で皆様の情報網なら既に正式に公表されている情報でありますが、

今後の情勢にとって大切な主なことを皆様にお伝えいたします。

トランプ政権は中国共産党がアフガニスタンのタリバンに資金提供をしていたことの機密解除を行いました。

武器、弾薬を購入する資金を提供、アメリカのマスコミは未確認であり、フェイクニュースとして扱っています。

さらに、ロシアたと報道していますが、ロシアは無関係です。

アフガニスタン政府は中国人スパイを10人以上拘束、これらの内容はアフガニスタン政府が公表いたしました。

オバマは、上院の調査によりオバマの運営している会社であるワールドビジョンから、タリバンに資金を渡したことを公表いたしました。

マスコミはタリバンとつながっているとは知らなかったと弁明し、正確には未確認としていますが、上院は公式に発表しています。

アメリカの大手マスコミは中国共産党から豪華な食事の接待と旅行の接待を受けているのは皆様は知っているでしょう。

ニューヨークタイムス、ワシントンポスト、CNNそしてバイデン夫婦など。

このようなマスコミが、中国共産党に都合の悪いことはまだまだ放送できません。

さて、1月6日に共和党の100人以上の議員が不正選挙であると立ち上がろうとしています。

これに上院議員のマコーネルは6日に立ち上がれないようなことを画策しています。

未だにバイデン側の副大統領候補のカマラハリスは上院議員をやめていない、以上な状態なのであります。

次に、ウクライナの議員が再度、バイデン親子の件に関しての当時の政権との不正疑惑の内容を告発いたしました。

この件は皆様は周知の事実としてお聞きしていると思いますがこれはプーチンからトランプ大統領に対するプレゼントであります。

この件を発表している議員は親ロシア派です。

実は数ヶ月前に同様な発表をしましたが、当時の財務長官がこれはフェイクニュースだ、としてマスコミも情報クローズいたしました。

それらの情報はトランプ政権には全て入っておりましたが、再度ウクライナ側の親ロシア派の議員が公表しましたので、

アメリカの民意をさらに高めました。もちろん現在反ロシア派の政府も検察も動かし調査を進めています。

そしてこの件を正式に犯罪として認める準備を進めております。

すごいですね。

次に、2020年10月1日、未だ公表されておりませんがトランプ大統領はアメリカ連邦共和国を正式に宣言しております。

これはとても大切な宣言で、アメリカ連邦共和国としてしっかりと独立し地位を気づいたということであります。

昨年皆様にお伝えしたように、あるヨーロッパの王家がアメリカ国民から搾取していた契約を破棄して実質として独立した宣言であります。

また、こちらも年末皆様にお伝えしたレクラスの機密解除の発表のための放送のシステムはディープステートの闇の側から破壊されることは100%ありません。

なん度も放送システムを実験段階で破壊されたり邪魔されたりしましたが、今後実行されるまで、破壊行為を行える実態組織は現在存在しません。

これらは全て予定通りの日程で行われます。

テレビでそれらを世界中の人々が視聴できる良き日がまいります。

インターネット関係はその時そのまま使えます。

1月6日に、アメリカ市民はアメリカと世界のために立ち上がるでしょう。

そしてワシントンDCに100万人以上の市民が集うことになるでしょう。

新しい未来は自分たちの手で最後は掴み取ることとなります。

今年こそ 愛と平和と光が皆様の元へ行き渡る年となります。

以上ワシントンからの今年初めてのメッセージでありました。

ご視聴いただきました誠にありがとうございます。

以上石川新一郎でございました。

****** 文字起こし終了******

これからも随時,前の起こしていない分も書いていきたいと思います。