Tag Archives: 環境問題

Trash hero in Amed アーメッドにてトラッシュヒーローに参加

先週ラジャアンパットからバリ島へ移って来ました。

いつもの滞在先に落ち着き、バイクも借りたので自由にお買い物にもレストランにも行けるようになり時間に縛られない毎日を過ごしています。

朝起きてヨガをバルコニーで済ませて大好きなフルーツをいただく❤️

最近はまっているのはドラゴンフルーツです。

白い果肉の物より濃いマジェンタの色が好きです。

さて、昨日は午前中はフリーダイビングのトレーニングをして、そのあと夕方からゴミ拾いに行って来ました。

Trash hero (トラッシュヒーロー)という名前で行われるビーチクリーン、アーメッドでは毎週月曜の午後5時に行われています。

場所はその日によって変わり、ジュメルクビーチだったりすると沢山集まるのですが、、、

昨日はLife in Amedというコテージ&レストランの前で参加者は12名ほど、アグン山の影響もあると思いますが、地元の人たちの参加がとても少なかった、そうです。

到着して名前を告げて手袋とゴミを入れる袋をもらってゴミの多そうなところを探して歩くとすぐ橋のたもとの川の横にゴミの山発見!

ここから取り掛かって終わりの時間まで 他に場所に動けませんでした。

こちらの写真では分かりづらいのですが、私が撮った写真だと、、、

プラスチックのカップやビニールの小袋や捧げものに使う籠や花に埋もれて、何層にもビニールやプラスチックのゴミがたまっていました。

足元にペットボトルが埋もれているのでペコペコ音がします。

ここがゴミ捨て場なのは明らかですが、分別せずに捨てられて…しかも川の横で雨が降ったらそのまま海へ直行です。

ついつい、「これだから地球も怒ってたまには噴火もしたくなるだろうな、」と呟いてしまった。

すかさず彼も「全くだよ」と相槌をうっていました。

「こんな風に拾っても、今まで習慣になっている人はここにまた捨てるだろうな、これを止めるにはどうしたらいいんだろうね、」と話しながら汗だくになりながら約1時間でゴミ袋に4つ集めました。

結構スッキリ拾えました、汗かいてそれもなんだかスッキリ気分

ゴミ拾いの最中鶏も私の後ろに寄って来てましたが、きっと新しいゴミ(食べ残しの果物)を置いて行ってくれたのかチェックしていたのかも?

来週の月曜はクリスマスですが、この日も開催されます。

今度はジャパニーズ・レック(日本の沈没船)のあるビーチだそうです。

この場所は今回の場所からさらに南へ行くので、次回通りすがりに私たちがゴミ拾いしたところがどうなったかチェックしたいと思いました。

プラスチックはすでに普通の塩に溶け込んでしまっているそうです。

これ以上自然を汚さないように、普段からビニールに包まれた果物や野菜を買わないようにしてみたり、レストランではストローを付けないでと注文したりしています。

バリではカフェやレストランで金属のストローやガラスのストローを使っているレストランが増えてきました。

朝日が美しく水面も穏やか、周辺のゴミを拾う日々

毎朝ビーチへ出かけ眺める朝日です。

が、

ビーチまでの道筋にはプラスチック(ビニール)のゴミが沢山続いています。
ビーチにもゴミがあり歩きながら拾うのですが、途中ゴミ箱があります。
そして早朝からお掃除している人がいるのですが、
この道端のゴミはみんな無視。
そしてここではそれを燃やすんです。
毎朝漂う煙、でも 燃やしているゴミよりもその周りにあるゴミの山!
何でこうなるのでしょうか?
その近くには子牛が草を食む姿が。
ビニールを燃やした煙は子供たちの肺に悪いと思うのですが、いつも周りには子供沢山居ます。
途中いつも見かける鶏もひよこを引き連れてゴミのまわりで餌を探してる、、、
のどかなんですがこのゴミだけが許せない。
拾っても、拾っても、減らない!
家の敷地内は綺麗なんですよね〜、外にポイッと捨てる癖でしょうか?
プラスチックは土に帰らないという事を知らないのでしょうか?
知ってて知らぬふり。
一度私の住んでいるアパートのオーナーに話した時は
プラスティックを燃やして出た煙が体に悪いということを知らない感じ、
あまり自覚がないというか他人事でしたね。
もっともっと気づいて〜 と祈る傍ら、トラッシュヒーロー(ビーチクリーン)に参加してます。

海へ… という洗剤知っていますか?

今日はウォーターパレス(Tirtaganga) へ行ってきました。
ここへは去年何度か来ていましたが 今年はまだ来ていなかった。

プールがあるのでダイナミックの練習ができるのです。
レベル2コースの講習の為  スタティックとダイナミックをしました。
私のモノフィンも使えるし!
練習してみました〜 難しいけど楽しいです。

本当は朝から来た方が1日中居られるのですが、
水が冷たいのでそんんなに長く泳いでいられません、、、
海水とは違って真水はやはり冷たい。

プールには魚やカニが生息しています。

リゾートにあるプールは消毒液が入っていてしかも結構濃いのであまり行きたくないのですがここは水苔なんかも生えていて自然そのものです。

できる限り自然のままの水に浸かるのが好きな私はプールはあまり好きではありません。

オーストラリアのシドニーには海水が自然に入ってくるプールがありますね。
海岸沿いにコンクリートで囲いがあってそこに自然に海水が 流れ込んでプールの様、
でも魚が泳いでいるそうです。

私の地元、秋田にも海岸沿いの絶壁に温泉が湧き出ているところがあって
岩を堰き止めてプールのようになっている所がありました。
または、川に温泉が流れ込んであったかい所があったりしてそこで泳いだりしましたね。

なので、あの消毒液くさい水に浸かるのがどうも苦手です。

そしてこの水がそのまま海へ流れていくのかと思うとなんとも悲しくなります。

なので私は数年前からなるべく洗剤は使わないようにしています。

そこで今回のエントリーのタイトル「海へ…」という洗剤にたどり着くのですが

日本へ帰るたび色々とモルディブへ持ってきていたものの一つです。

くらしのたのしみ というサイトで見つけました。

ここの商品はどれも欲しくなるものばかりで、スキンケアの商品やら利用しております。
いつか紹介したいなぁと思っていたのでした。

ただ、もともと「海へ…」はがんこ本舗という所が出しているようです。

海に入るとウェットスーツやら洗いますが、どうしても洗剤や消毒液の入ったタンクで
機材など洗いますよね、、、そしてその水はそのまま海へ。。。
出来れば私が洗濯するときは、自然に分解されるものを使いたい、というささやかながらも普段お世話になっている海やお水に恩返しをしたいのです。

石鹸やシャンプーも、あまり使いません、重曹やアップルサイダービネガー、
掃除や洗濯でも セスキ炭酸ソーダなどを使います、だからバスルームもそんなに汚れませんよ。
環境に悪いものは体にも悪い、と思うのです。

余談ですが、普段からエッセンシャルオイルや自然のアロマを使っていると、
あの洗剤の匂いやコンディショナーなどの作られた香りもとてもきついなぁと感じてしまいます。

ティルタガンガの帰りに寄ったレストラン、ライスフィールド(田んぼ)の景色が和みます。