タグ別アーカイブ: 海のお友達イルカ

フリーダイビングに欠かせない練習とは?そしてイルカと仲良く泳ぎたいなら、、、

こんにちは、加賀谷まりです。

今 紅海の海の真っ只中 ボートでフリーダイビング&ドルフィンスイムのツアーに参加しています。

何名かはフリーダイビング初心者、基本知識やスキルの練習もこのボートでしています。

私のルームメイトになったベロニークも、色々と質問をしてきます。

そこで耳抜きの話になり…

風船使って練習するといいよ、と話したらフランス人同士で練習会


1番右の方は実は鼻をつままなくても耳抜きができるラッキーな方です。

羨ましい〜♪ 

私はゆっくりなら鼻をつままなくても耳抜きができるんですが基本はつままないと耳抜き出来ません。

頭が逆さまになるので耳抜きが難しくなる、ここがスクーバと違うところの1つです。



今回のボートにはフランスの記録を出したフリーダイバーも居てレベルは様々ですが、素敵な人が集まって楽しい雰囲気です。

ここでは朝9時から12時まではイルカが寝ている時間なので邪魔しないよう海に入るのは基本的には禁止なんですね。

でも入っているボート居ましたけど。ライフジャケット着ているので潜れないからまだいいかな、と言う見解のようです。

私たちは大人しく待つことにしました。

イルカはちゃんと誰がうざいか (笑) 覚えているそうですよ。

だから、アーこの人たちは分かってくれている、と信用して 一緒に遊んでくれるのだそうです。

ちゃんと感情が有って、モノフィンで潜っていったら 「ん?!!!何だ?」とでも言わんばかりに振り返って体を曲げて見入ってきます。

すごく面白い反応です。

エジプト 紅海より愛を込めてワクワクを贈ります

1日目の最初のポイントは 普通のスノーケリングポイントで泳ぎました

そのあとドルフィンポイントへ着くともう既に何人かがイルカと泳いでるのが見えました。

私たちの早速イルカの達人エリックのガイドの元エントリー、彼がイルカをチェックして 知っているイルカだったので早速一緒に潜りました。

一頭はとてもフレンドリーだから一緒に泳いでくれるはずだよ。

と言っていましたが、もう2頭も仲良く泳いでくれました〜♪

とにかく先ずは映像でお楽しみください。

ちょっとピントが甘いような気がします。

やっぱり片手で撮るとブレるのかも。


お母さんと子供そしてもう一頭も年配の女性イルカです。

子供とお母さんの他に一緒にいるイルカはオスのことは無いんだそうです。

交尾以外メスはメス同士オスはオス同士で行動するんだとか。

メスは体も小さめで傷が少なめです。

満月の朝にスノーケリングで何が見れる?

今朝はきれいな満月が朝になってもまだ見られました。

すでに薄明かりが差してきて、刻々と移り変わる色にうっとりさせられます。

満月のとき、手放したい感情をお願いするとすんなりと手放せるそうです。

Full moon at 5:30am

早朝時、水平線へと沈む満月

そしてその反対側に朝日が昇ってきました。

Sunrise 2.July.2015

ローカルアイランドの横からご来光

今朝の海はとても穏やかで干潮の時間帯だったのですが

ちょうどイルカの群れが通り過ぎていきました。後で聞いたら結構長い間ハウスリーフの周りを泳いでいたようです。

私が見かけたときは水面にジャンプしたり尾ひれをバタバタさせたりしてじゃれあっていました。

そのあと着替えて海に入りましたが、透明度もよくて水温もとても暖かくて気持ちよく

私のお気に入りスポットでしばらく泳いでいたら海がめ(タイマイ)がリーフからスーッと泳いできました。

カメラを持っていったのになんと電池切れ、私もちょっと潜って近くを泳いでいたのですが

まったく逃げる様子も無く一緒に泳いでくれるのでちょっとだけ手を差し出してみました。

そしたらこちらに向きをくるりと変えてそーっと私と真正面に向き合うように寄って来ました。

もう顔がくっつきそうなくらいの距離です。

そーっと亀の手に私の手のひらを持っていくとポンと私の指先に亀の手がのりました。

うわぁー かわいい!

何度かそんなことをしていたら、カメさんは息継ぎをした後またほんのちょっとだけ潜って私の真下に来てこちらを見上げているので、私も一緒に潜りました。

静かな海で亀と私、自然と一体になれた瞬間でした。

モルディブはやっぱりダイビングが人気?

昨日は日本からのダイバーさんが6人もダイブサファリに参加されました。

普段はドイツ人のダイバーさんでひしめき合い日本からのダイバーさんは二人くらいなのに、

今回は逆でした。

天気も良く波も穏やかでダイビングには最高のコンディション。

流れもそれほどきつくなくドリフトダイビングでしたが比較的いろいろな物をゆっくり観察できました。

このところたくさん日本人のカップルがロビンソンを訪れてくれていますが

皆さん新婚旅行です。

ところで、今回ここで潜るためにライセンスを取っていらっしゃったカップル

希望はイルカと一緒に潜りたい、ということでした。

それか、ボートからイルカを見たい!と言っておられました。

ここで、私の経験からとそして昔私の妹が言っていたことを思い出しました。

イルカは、「絶対みたい!」とか「見てやる」と強く思っていると会えないみたいです。

イルカを見るツアーでも、「いたらいいなぁ」ぐらいに思っていた方が観れる確率高い気がします。

それか全く期待しない、という時の方が観れることが多いです。

なぜでしょうね?

で、それをゲストに話したら1本目のダイビング後の移動中にイルカがいて

「うわぁ、本当にすっかり忘れていた頃にみれた!」

とおっしゃっていました。

スノーケルでイルカに遭遇

Bottlenose dolphin

Bottle nose dolphin

前回のエントリーの続きです。

このグループはよく見かけます。いつか彼らのように泳ぎたい。。。

最近9頭に増えていて子供がお母さんの横にぴたりとついて泳いでいました。

時々ダイビングでも遭遇します。

この写真は朝7時頃です、早起きは三文の徳。。。それ以上だと思います。

でも、実は午後であろうと夕方であろうと関係なく現れます。

ダイビングやスノーケル中に金属音やベルなんかの音がするとスーッと遠くへ行ってしまいます。

だから私はダイビング中にむやみに音を出しません。

ベルのような物をポケットに入れて、からだが動くたびに音がするダイバーさん、

もうそれだけでイルカとの遭遇率減っております。

それとマダラトビエイやモビュラもそうです。

これは実はガイド泣かせだなーと思うんです。

よほどこちらを見てくださらないコミニュケーション不足のダイバーさんにのみ音でこちらを見てもらいますが。。。苦笑

そして、

人の指や手からはエネルギーが出ているんでしょうか?

一度ですがモビュラのグループと遭遇した時、指を指した瞬間にパーッと散ってその後また一塊に別の方向へ泳いで行った事があったり、指差した瞬間ぴゅーっと逃げちゃったり。。。距離的には5mとか離れた所からでした。。

それからは音は出さずに指を指すかわりに指示棒を使っています。

スノーケリングでも、、、

私が手で水をかいたときも打たれたとでも言うようにイルカが一斉に身体を翻して遠のいて行きました。

マダラトビエイも手を使わずに潜るとかなり近くで一緒に泳いでくれた事もあります。