Feeds:
Posts
Comments

Posts Tagged ‘旅行’

フェスティバルが終わって翌日から撤収が始まります。

天気も晴れ渡り

解体作業はサクサクと進み

フェスティバル中は雨だったけど、その前後は素晴らしく晴れて

超ラッキー!

私たちは火曜日にこの場を去ることにしていましたが

他の人たちは更に2日ほどかかる様です。

前日のこの木が

こんな風に、、、

で、撤収作業中 思ったのですが、

会場に来ていたお客さん達のテントが一向に無くならないのです。

私たちスタッフのテントの遥か向こうがお客さんエリア。

いつまでいるんだろう?

と思っていたら、、、

みんな置いて帰っちゃっているんですよ!

使い捨て?

エアマットレスや折りたたみテントやチェアーも?!

ありえない〜!!!

30£ほどでテントやマットレス折りたたみ椅子が買えるそうで

でもパーティーで疲れた後に

駐車場までの遠い道のりを

はたまた更に遠い駅まで担いで持って帰りたくないので

みごとに置き去り、

ということの様です。

会場を作る側はリサイクルに力を入れてゴミを少なくしようとしているのに

お客さんはこんな感じでやりきれない、と言っているお友達。。。

使い捨て文化で育った若者たちは全く気にしていない様です。

私が驚いていたら、もっとひどいフェスティバルもあってコレはまだ少ない方だそうです。

正直、

私は時間があったら 宝探しししたかったです。笑

可愛い折りたたみの椅子とか、可愛いニット帽とか、、ねぇ。

あったろうに、

実際拾っている人もいました。

(フェスティバルの後に残される折りたたみ椅子だけを集めて(アルミニウム)売って凄い金額を稼いだ方がいるそうです。)

すぐ壊れる物を安く売っているからこうなるんでしょうか?

安くても良いものを持っていたらそう簡単には捨てないと思うのですが

これ、日本ではどうなんでしょうか?

Advertisements

Read Full Post »

Boomtown 最終日、 雨が降って足元はぬかるんで来ました。

長靴借りて本当に良かった!

まだまだ訪ねていないエリアがあるのと、今日はモチーバが歌うのでそれがお目当てです。

あと、私は知らないのですが同じ会場で 時間を開けて、なんだかとんでもない人が歌う?のかDJするらしいのでその辺を散策しようということになりました。

とにかく広い丘を歩くので、お腹がすきます。

私たちの目に留まったのはFelafelのお店とHappy Maki Sushiと書いたヴィーガン海苔巻き屋さん。

4種類の太巻き寿司があり、私はFully loaded(満杯に入ってるよっていう感じかな?)を頼みました。

流れ作業でのりにご飯と具が乗っかって、それを巻く人、そして片側だけ紙で持ちやすい様に包む人という動きもスムーズでフレンドリーな感じです。

そして肝心のお味は、、、

すご~く美味しい!!!

のりと具がマッチしてご飯も美味しい!

久々の海苔の味!!

あ~ 幸せ~!!!でした。

その後に食べたFelafelもボリューム満点で美味しかった!

ここに出店しているお店は量が少なめな所が多い中、気前よくピタパンに具が溢れていました!

モチーバが歌うステージ前LionsDenで待っていたら、

続々人が集まって来ましたが、雨もぱらつき始め

本人が登場して歌い始めたら本格的に降り出して、みんなびしょ濡れになり、

でも、懐かしい 曲がかかると一緒に歌ってしまう~♪

1996年に逆戻りした気分になりました。

ステージが終わって気づいたら足元がぬかるんで泥まみれです。

オールドタウンというエリアへ向かい

他にも沢山のアーティストがいろんな音楽を演奏しています。

屋根のあるところを求めて歩いていたら、カナダから来たというバンドが演奏していて、

これもまた良かった!

生演奏って観客の気分が演奏者に伝わってそれに演奏者が更に感動するという循環が起こるのですね!

小さなvenueだと近いのでそれがすごく感じられました。

そして、また大きな会場へ戻り例のとんでもなく飛んでるアーティストのステージ へ、(調べたらDieAntwoordという名前の方たちでした。)

(ちなみに夜9時頃でこの明るさですよ。)

既に沢山の人が集まっていて年齢層が若い感じです、

それとステージのセットが私たちのDistrikt5とにいている感じでした。

初めて見た南アフリカから来たアーティスト、ちっと吹っ飛んでる?特に女の子は宇宙人みたいって思ってしまいました。

何言ってるかわからないけど、

釘付けになってしまった。

この場所からかなり遠くで閉会式があり、そこで花火も上がるという事でしたので見晴らしのいい高台からその様子を眺めることにしました。

スケールが凄い大きなフェスティバルにスタッフとして関わったのを改めて気付かされた!

来年は防寒をもっと万全にして来たらもっと楽しいと思いました。

Read Full Post »

土曜日は青空が出てくれましたが、お昼過ぎから小雨がぱらつき始め、長靴着用レインコート着用で出掛けました。

でもほとんど裸に近い格好の人もいて、凄い気合が入っている!という人も沢山います。

なんだか、ハロウィンとお祭りとが混ざってる感じ、コスチュームのお店も出店していて、グリッターのメイクやヘアサロンもあります。

そして食べ物やさんが高い!割に 中身は? なので自分で料理した方が好きなものが食べられて良いです。

ただ、見ているとついつい食べたくなるので結局は買って食べてますが 。笑

このフェスティバルで一番大きなステージ、半端なく凝っています。誰かのコンサート会場?という感じですがDJが数人音楽を流している。

そして、一緒に作業してた子がアクターとしても働いてる!

小さなvenueも盛り上がって、列に並ばないと入れないところもありました。

チャイナタウンはゲームができるところが面白かったです、インベーダーゲームのコントローラーが自転車だったり。DJエリアも大きいですが、私の趣味ではなかったです。

時々、ちょっと引くなぁと思うvenueもありました。

これだけ広い野原にトイレの設備を整えているのですが、トイレはコンポスト、(用をたした後におが屑や細かい木と土が混ざったものをふりかける様にトイレの中にバケツが用意されています。)

便座の下は大きな蓋つきのゴミ箱を利用しているのできっと誰かが毎日このバケツをからにしてるんでしょうね。

そして至る所にゴミ箱(ドラム缶)がリサイクル用と一般ゴミと書いて設置されているのにその周りに落ちているゴミの多い事!

掃除する人がいるにしても、みんなポイっと捨ててます。

作業中はタバコの吸い殻入れの小さなポーチなども配られていたのに!

でも驚くくらい酔っ払って寝ている人は少ないです。

警備やパトロールがしっかりしているのかも知れませんね

Read Full Post »

フェスティバル開催日です!

この日から作業していた人たちは、お休み、私も朝遅くまで寝て

昼寝もしてから木の様子を見に行きました。

会場はもうすごい人です!

コスチュームを着飾った人が沢山今まで車で移動していたのですが、もう使えないので歩いて行くと かなり遠い!

木の様子を見るとまだライトがちゃんと作動しなくて四苦八苦、ライトの見栄えが良くなる様に手伝って夜には何とか満足行く感じに仕上がりまぁギリギリセーフだったかな?

そして、雨が降ってます。

結構激しく降ったりするので借りた長靴持参して来てよかった!

この日は私は少し手伝いましたがあとは、ただひたすら眠りました。

そして翌日も、もう起きれません。

広すぎるvenueほとんど見れていません、しかも雨降り。

明日は晴れそうなので日中から色々見て回ろうと思います。

色々なアトラクションの時間割表も手に入ったので散策します!

Read Full Post »

生まれて初めてのフェスティバル! いくつになっても初めての体験ってワクワクしますね!

明日から一般の人たちも、入場してキャンプ会場でテントを張り始ます。

準備期間のさいしゅうび、なぜかライトボックスのリレイがうまく作動しない!というハプニング+システムにコードを作って書き込む時間がなくなって、私のパートナーはパニックに落ちっています。

どうやら沢山のことを色々混ぜてしたかったのですがどれも何かと手間取りすぎて気がついたら時間がない!という状況に落ち込んで呆然としています。

いよいよ投げ出すんじゃないの?というくらい頭を抱えているのでした。

去年担当した人もどうやら同じ感じだったのでは?という気がしました。

ここに着く前から気がついていたけど、、、私のお友達、ちょっと準備期間が1-2日たりなかったね。

と心の中で思いつつ

でも、そんなこと言ってもフェスティバルは始まるので、とりあえず私は、叱咤激励しながらも出来ることをお手伝いしてみました。

またしても朝の3:30。

でも何とか終わった!

Read Full Post »

前日の続きです。

今回のフェスティバルはボランティアとしての参加です。

私のパートナーの仕事の一つであるライティングのアシスタントを務めさせていただきます。

WorkShopの入り口

作業が始まるのは朝8:00頃、私たちは朝食は自分たちで用意することにしたのですが昼と夕食は支給されます。

前もってヴィーガンメニューをリクエストする事も出来たので食べ物に困ることはありません。

昨日の入場手続きの際にリストバンドをつけられたのですが、

そこにあるコードを読みとって名前やヴィーガンである事が分かり、一食で列に並べるのは1回だけ、おかわりは出来ない、そして自分でお皿に盛れないのでした。

ちなみに、この様なリストバンドがルームキーになって居るリゾートがホンジュラスでありました。

リストバンドの色でアルコールフリーかそうでないかがわかる様になっていました。

ここではバーコードの反対側のテープにCrewdemと書いてあり

フェスティバルが始まったらテープの色とこの文字で行ける所が制限されます。

作業を終えるのは遅くても21:30らしいのですが、暗くなるのが9:00頃なのでライトを確認できる夜に作業が捗るので、私たちは朝遅く始めて夜中まで働きます。

ちなみに去年の模様(英語ですが)こちらで見られます。

boomtownfairhttps://www.boomtownfair.co.uk/#start

Distrikt 5 が私たちが参加したチームです。

その他周りはこんな感じ

私たちのメイン会場中央に

大きな木を作り、その木の中にライトを点けるのです。

ワイヤーを切ったりコンセントを作ったりそれを取り付けたりして居るとあっという間に時間が過ぎて、、、

木はほぼ完成してあとはライトが灯るのみ

フェスティバルが始まるのは木曜日!

間に合うのか?!

という感じです。

休憩中にこんな事も、、、

ライトが木の中に灯ると中が丸見えで格好悪いのでディフューザーを付けることにしたのですが、

大きな木の幹すべてに貼れるほど持ち合わせていないので他の素材で代用して見たところ、

その素材が燃えるということがわかり取り外さないといけなくなり、代用の素材に防火処理を施して貼り直すことになりました。

もう、手が、右肩が痛いし。

なんでもっと早く言ってくれなかったの?です。

朝の4:00までお手伝いしてました。

ここ最近のイギリスは日照り続きでとても暑いですが、そろそろ天気が崩れ始めて来ました。

夜は寒ーいです。

テントが日に日に増えてる!

Read Full Post »

8月2日の夜中にロンドンに到着して

翌日荷物をまとめてフェスティバル会場へ向かいスタッフの手続きを済ませてキャンプサイトでテントを張ったのが午後8:30でした。

幸いこの時間でもまだ明るい!

私たちが持参したテントは5mの高さがあるティピ。

モンゴルにあるゲル、インドのヒマラヤのキャンプサイトやアメリカの先住民の家の様なスタイル、いろんな布やブランケットを敷きつめて居心地よく過ごせるように

マットレス、背の高いスタンドライト、小物入れなどなど10日間のキャンプ生活に整えてみました。

翌朝、天気が良くて気持ちいい!

南国のホンジュラスからイギリスの高原へ来て、昼と夜の温度差に対応中です。

私が今回参加しているフェスティバルはBoomtownフェスティバルと言って規模がとっても大きいのですが、6年前はもっと小さくて年々大きくなってきた様です。

アジア人は私だけ、普段の生活で出会う人たちとは全く違う人が多いです。

さて、どんな10日間になるのでしょうか?

Read Full Post »

Older Posts »