Feeds:
Posts
Comments

Posts Tagged ‘ボートダイビング’

イギリスで知り合ったお友達が私達を訪ねて遊びに来ています。

2日間のフリーダイビングのコースにも挑戦しました。

彼女はスノーケリングはほとんどしたことがない超初心者でしたので、

フィンを使って泳ぐというのも初めてでしたが、耳抜きなどや潜るという初めてづくしの体験に楽しんで挑んでいました。

そしてその後、日帰りトリップでマンタポイントへ行ってきました。

ヌサペニダのマンタポイントはスピードボートで行かないと流れやうねりが凄いので小さなボートを使っては行けません。

パダンバイと言うところからボートに乗り込み約1時間半ほど、この日は海も穏やかで快晴!

でもポイント近くに来るとやはり海はうねっておりました。

スクーバダイバーのボートが既にたくさん停泊していて水面にはフロートやダイバーが見えます。

更に救命リングなどを抱えたスノーケラーも。

私達も早速着替えてエントリーしました。

水深10メートルもしない水底にスクーバダイバーが見えます。

ここにはクリーニングステーションがあり、ここにマンタがやって来ます。

一応ここではルールがあって

スクーバダイバーはこのクリーニングポイントの上には近寄らない。

と言うのが何処でも常識になっています。

モルディブでは勿論、多分日本の沖縄あたりではそうなのではないでしょうか?

理由は、

スクーバダイバーの吐き出す気泡が邪魔になりマンタがクリーニング出来ない。

それと多分音がうるさいのだと思います。

でも、

彼らはとても賢いので

おとなしくそーっと見守っていると興味を持ってスクーバダイバーに寄って来ることもあります。

(私は結構そう言う経験あり、頭の上に乗っかられたこともあります、すごく重かったです 笑)

ガイドをした方が前回フリーダイバーに

– マンタを追いかけないように

– クリーニングポイントの真上に行かないように

とブリーフィングをしたのにマンタを見るなりゴープロ片手に追い回すわクリーニングポイントの真上にいるわで、他のダイビングガイドからクレームが来たそうです。(残念なことに英語のブリーフィングがよく理解できていなかったと言うのが理由のようでしたが日本人だったそうです。)

なのでそれを踏まえて今回はガイドさんは入念に絵付きでブリーフィングしていました。

そして今回、

私が見る限り結構スクーバダイバーも追いかけたりクリーニングステーションの上にいたり、汗

でもって結構大きなマンタ、ブラックマンタも居て多分7-8匹は周りを迂回して居たと思います。

長くなってしまったので次回に続きます。

Advertisements

Read Full Post »

今日ブスアンガ空港(コロン)からマクタンヘ戻って来ました。

2週間ほど前からフィリピンに来ています。

今回のフィリピンも去年同様トレーニングが目的でしたが、予定を組んでチケットを購入してから、彼氏の友人達もフィリピンにくる計画を立てていて、その内容はボートでアイランドホッピング!

そこへ便乗することにしていたら、その後プライベートアイランドを3日間貸し切る!という計画も持ち上がりさらに他に私の友達も巻き込んで合計10人が集まることになりました。

私以外みんなイギリス人。。。

最近よくあるパターンです、私以外フランス人とか、、、私以外みんなドイツ語話せるとか、、、でも今回は英国人です、でもねイギリス英語は耳慣れず、早くて時々意味不明になります。

それはさておき、

初めての土地 パラワンのコロンに着き2日ほど過ごし、そこでバラクーダレイクに行きフリーダイビングをしました。

水面から14m程までは淡水で29度くらい(ちょっとは塩分あります)14mを過ぎると塩分が濃くなり35度以上になります!さらに深く潜ると真っ暗でまた水温が下がります。

不思議だ!

珊瑚はいませんが魚やエビ巻貝が沢山いました。

大きなバラクーダも一匹いましたよ。

翌日はスクーバで沈没船に潜りました。

とても大きな日本の船が1日のうちにたくさん撃沈された場所で有名です。

こんな立派な、大きな沈没船に潜ったのは久しぶりでした。

船の外観はすっかり珊瑚に覆われてたくさんの生き物の住処になっていました。

この周辺は珊瑚が初めて出現した場所で珊瑚の種類も500種類以上あるんです!

ラジャアンパットも凄い珊瑚礁が綺麗ですが、ここ周辺もすごく綺麗です。

長くなりましたので次回に続きます。

Read Full Post »

最近風向きが北からに変わり、そして結構吹き付けるのでダイビングスクールの反対側が波が高くなっています。

ちょっとボートで出るのも時々大変。。。

これは木曜日まで続きそうです。

うーん、木曜日サファリなんだけどな〜、、、波があるので透明度もちょっと落ちてます。

今日は久々にボートダイビング! ダブルタンク ダイビング(2本潜ると言う意味です)に行って来ましたが、結構流れがあって魚もたくさん居たんですが、大物が通ってもちょっと見えない!

指差してるけど見えてたダイバー2−3人かな?

そして、普段はしないのですが朝のダイビングボートにスノーケラーが付いて来まして、(どうしても来たいと言ってたらしい)

その方はかなり船酔いされていました。。。

2本目のダイブサイトの近くにあるサンドバンクに上陸して休んでもらいました。。。

いやはや、かわいそうだった。。。

金曜からまたべた凪の気配です。こうして徐々に暑くなっていくのかしら?

今でも十分暑いけどね〜

Read Full Post »

最近お気に入りのダイブサイトHafusa Thila(ハフサ ティラ)

ここは大物からマクロ系が見つかります。

いつも居るのはleaf fish(リーフフィッシュ) Scorpion fish(オニオコゼ)ウミガメ

ヨスジフエダイ、ツムブリ、カスミアジはいつも小さな魚を追いかけています。

でも最近グレーリーフシャークがたくさん集まっています。

そんな時に限ってゲストはサメが怖い!と言って、出来る事なら見たくないなんて言って来ます。

とりあえず、この辺を見せたら喜んで頂けました。

 

周りにとけ込む様に口の所と目の周りが色変えてます。

 

このウミウシはタイなどではよく見かけますがこの辺だと珍しい。

そして、別の日

ウメイロモドキのオンパレード!!!

透明度もとってもいいです。

スミ子さんが休暇に入ってめっきり日本人の体験ダイビングが減りました、そのかわり中国人と韓国人の体験ダイビングが多いです。

ダイバーさーん!待ってま〜す。

Read Full Post »

今日は久々にダブルタンクダイブに行きました!

スノーケルやシングルタンクは行ってるのに、ダブルタンクはもうどのくらい久々だか分からないくらいです。

4人のドイツ人ダイバーのガイドをしました。

1本目はチャンネルダイブ、カレントはイン カミングで結構強めでした。

エントリーしてすぐウメイロモドキの大群の影に大きなナポレオン、浅瀬にはホワイトチップシャーク などなど、あっちこっちといろんなものが出てきました。

岩の陰に巨大なアオウミガメがいたかと思ったら、外洋を12匹のマダラトビエイがすぅーっと旋回してきたり、大きなフェザーテールレイが泳いでいたり

もう短時間に全ての魚が集まってきた感じでした。

久々にダイナミックなダイビング、チャンネルの中は凄い流れであっという間に過ぎて行きます。

だからこれらほとんどはチャンネル付近の外洋に居ました。

ただ、ここの環礁チャンネルの中も見事なまでのテーブル珊瑚!!ただ流されているだけでも電車に乗って景色眺めてるみたいに奇麗です。

そして2本目、今度はニシキフウライウオの赤ちゃん発見、たこも2匹マダラエイやタイマイ2匹と、これはゆーっくり観察するダイビングでした。

ニシキフウライウオは英語で Ornate Ghost Pipefishといいます。カミソリウオとかタツノオトシゴの仲間です。

今回見つけたのは赤ちゃんで5センチくらいの大きさで初めダイバーの一人は見ても「はぁ?何?どれ?」みたいなリアクションでした。

ちょっと見つけにくいものを見つけられると凄く嬉しいですね〜!

何よりも、水面に上がってきた時にダイバーが興奮して今見たものの話を皆でしているのを見てると、とっても嬉しくなります。

いやぁー、久々にボートで行くといいのかしら?

Read Full Post »

おとといダブルタンクで5人のダイバーさんをガイドしてきました。

1本目はチャンネルダイブ、新月が近かったので結構流れていました。

そして2本目はキャベツ ティラ、と言う所で私のお気に入りのサイトの一つなんですが

ここでゴーストパイプフィッシュを発見しました。

北マーレに居たときには見つけられなかったので、かなり嬉しかった!

ダイバーさんの一人も初めて見たと言っていました。

最近遠出をしてチャンネルダイブをする事が多いですが、1週間か前にジンベイザメ出没していたようです。

私はハウスリーフで潜っていたので見れませんでしたが、この時日本人のダイバーさんが居て

彼らはしっかり見れたそうです。

どこかにマンタポイントがないかな〜、探しに行きたい。

Read Full Post »