Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘フリーダイビング’

前回の記事にも少し書きましたが、

最近、冷たい海でも潜る機会が増えたので、ウェットスーツをオーダーすることにしました!

この際、3mmにするか5mmにするかオープンセルかライニングを付けるか?

でかなり迷いました。

色々な意見を聞いてみると

2つに分かれるんですよね〜 笑

今持っているのはサーフィン用のスキンの3mm、28度くらいの水温で普段潜っているのでこれで十分です。

ちなみに海外ではよくダイバーさんに「それどこで買ったの?なんてメーカー?」と聞かれます。ノーブランド、日本で買った、と言うとみんながっかりしてます。

20度くらいの水温でも寒い〜と思いながらも泳ぐことは出来ます。

もう薄くなってきて、スキンがひび割れしてきていますが、温かい海なら問題ない、まだ着れるから大丈夫

とは言っても、イギリスやアイルランドの海17度くらいだともう無理です!

サーク島で潜る前こんな感じ、

アイルランドではこの下に長袖のショーティーも着てもう1つフードかぶったけど30分でアウトでした。

で、、、思ったんですが、これもしかしてソックスも厚手のが必要かもそれとフードは一体型の方がいいかもしれない、

と言うことに気がつきました。

温かい海でもあった方が良いのですがイマイチ好きになれないんです。音が聞こえなくなるのが嫌なの

で、薄手のフードはありますが、首から入ってくる水が急激に体温を下げるのですね。

グローブもありますが、それも3mmくらい

でも、手はまだ良いかも、足の方があったかい方がいいと思いました。

そこでeliosと言うイタリアのウェットスーツメーカーに問い合わせて質問したら

lining付きを推奨すると言うお返事でした。

理由はオーダーメイドは身体にピッタリなのでとっても温かい、と言うことです。

フリーダイビングのウェットスーツって大抵ツーピースなんですね、パンツがすごくハイウエストでそれを折り曲げるとスーツ同士のスキンがピッタリくっついて水が入ってこないからすごくあったかいそうです。

水温2度の海でも20分くらいは平気だそうです。

25分くらい経つと「もう寒い!」に変わるようですが

だからオープンセルが良いよ、と言うことなんですが、

オープンセルは破れやすいという欠点があります、

確かにみんな破れたのをボンドで貼り合わせて着てますね、私もです。(lining付きでもそうですけどね〜でも丈夫差が違うなぁ)

だからlining付きで5mmを作ってもらうことにしたら、今度は5mmでライニング付きは出来ないよ。

というではないですか!?

意味不明なんですが、、、?じゃあなぜ勧めるの?

混乱してますよね。

3mm と言うことはそんなに冷たくない海で潜るからライニング付きで少々水が入ってきても大丈夫だけど、5mmを着て冷たい水で水が入ってきたら意味が無い!と言うことらしい?

だからライニング付きは3mm なんだそうな?

結果、私はきっと寒いところ(18度以下)で3mmは無いな と思ったので 5mmにしました!

私の決断!バンザーイ! だといいです。笑

いつ届くんだろう?20日くらいで仕上がるらしいのですが郵送などもあるので1ヶ月後くらいでしょうか?

届いたら早速冷たい海で潜りたいです!

でもその前に、

厚手のソックス手に入れます!

広告

Read Full Post »

Older Posts »