Feeds:
Posts
Comments

Posts Tagged ‘バンクーバーアイランド’

ロードトリップは続きます。

多分トフィーノにはまだ到着していないであろうRVにて移動中のお友達とは、

いつ合流出来るかわからないなぁ…

と思い

同じ宿にもう一泊する事にし、

早速サーフショップを訪ねてみました。

私はスノーボードで右肩を痛めているので

試しに床に寝そべってボードから立ち上がる動きをして見ると

痛くてうまく立てないし…

水温8度では更にきついだろうなと思い

ビーチを散歩する事にしました。

ここは干満の差が10mもあるそうです!

弓なりのベイが向き合うようになったビーチの先端に大きな岩の崖があり、

そこへ登って打ちつける波を見ていたら、

何かが荒波にひょっこり顔を出して泳いでます!

鳥が波にもまれながらも水中へ潜っていました。

こんな波で? 凄い!

しばらく眺めて引き返してみると、

今来たビーチが波で覆われ始めています!

潮が満ち始めたようです。

ギリギリセーフでブーツを履く脱がずに戻れました。

沢山のサーファーを眺めながら彼が戻ってくるのを待つ私

この日のコンディションは

うーん、結構難しい波だなぁ、ボードに立ててる人が全然いない!

と思っていると

凍りついたように震えて戻ってきた彼はレンタルのスーツに穴が開いていたので、

海に入って20分後には相当冷えてしまったようでした。

ビーチからタウンへ戻るとお友達からのメッセージが入り翌日はどこかでキャンプする事になりました。

思うようにサーフィンができなかった彼、気落ちして疲れ果てやる気ゼロ…

でも私は

トフィーノのタウンから少し西側にあるトレイルを歩いて見たくて

誘ってみると、

気のあるような無いような返事、待っていると日が暮れてしまうと思い。

「いいよ、私1人で行ってくる

この前も途中でお腹の具合が悪くなって引き返したし、ゆっくり休んでた方が良いよ。」

そうかも、と行っている彼に

「じゃあ私、出かけるね。きっと素敵な夕陽が見れるはずだから!」

と言うと、

「そうか、じゃあ俺も一緒に行っていい?」

ふふふ、計画大成功!

10分か15分歩いてみるとトレイルルートがあり、

ちょうど夕陽が美しい~くあたりを染めはじめていました。

途中にいくつかビーチもあり、干潮なら砂浜でピクニックも出来ます。

今 ここは日が沈むのが7:20頃です。

途中寄り道してから宿に戻ったらすでに9時近く!

急いで ワカメと豆腐、マッシュルーム(椎茸が恋しいので代替えのキノコ)とスプリングオニオンのお味噌汁、テンペ入り野菜炒め(キッチンにオイルがなかったのでピーナッツバターを使って見ました)

オーナーの方と会話をしながら作っていたので、

キッチンがクローズする10時前には何とか調理は終わり

良かった〜

明日は海辺の近くでキャンピングの予定です。

Read Full Post »

カナダ滞在も残すところ1週間です。

クルージングの旅を終えて、

再びバンクーバーアイランドへ上陸した私達は、次の目的地へ向かうべく、

前日から水に浸していたひよこ豆を茹で、フムスを大量に作り、ヴィーガンソーダブレッドも焼いていくらかの野菜や果物を買い込んで

私達の車と、お友達の大きなRV、(とにかく広々としてダブルベット、キッチン、トイレ、シャワー、冷蔵庫ドライバー席の上にも2人は横になれるスペースが有り、4人が余裕で泊まれ、ソファーを動かすと最大6人が泊まれます)とに分かれ、チャドとジョジョにお別れをして

私達の車は別の車より一足お先に

トフィーノという所へ車を走らせました。

RV(モーターホーム)はそんなに早く走れないのでお友達とは目的地で合流する事になりました。

約1時間半から2時間走ったところで車が渋滞して全く動きません。

トフィーノに行くにはこの道以外に抜け道のようなものはないので渋滞の列はどんどん長くなっているようです。

聞いてみると、この先で交通事故があったとの事、ヘリコプターが飛び去って行くのがすぐ目の前で見え、救急車が数台走って行きました。

雨も降り出し、

道路が開通するまで数時間かかりましたが、その日のうちにトフィーノには到着出来ました。

事故や工事などで通行止めになると他の道が選べない所なので、フェリーに乗るとか空港に行くなどの予定がある場合、余裕を持って前日のうちにバンクーバーへ向かわないと遅れることもあり得るなぁと思い、出発近くの日程を練り直しました。

この日はお友達とは合流できず、急遽泊まるお宿を確保してから、

そこから歩いて数分ほどのレストラン「KUMA」へ 。

KUMAって日本語の熊って意味なんだよ、と話しながら着いてみたら大きな熊の写真が壁に掛けられたJapanese Restaurantでした!

メニューを見ると!

Edamame, Agedashi Tofu, Yuzu Pakchoi,Torino-karaageなど日本語のまま書かれていて、ラーメンもありました。

待っている間に熱燗をいただき

なすのフライとほうれん草の胡麻和えと柚子青梗菜が運ばれてきていただくと

あぁー!!!美味しい~♪

そしてベジタブルラーメン!

固めに茹でた手作りっぽい細麺が美味しい~♪

ネルソンで食べたラーメンよりも断然日本のラーメンに近い!

小雨の降る中を歩いて行ったのですが

すっかり暖まり、そして久々に満腹になるまで食べてしまった!

ここトフィーノには他にもお寿司屋さんがあったりして日本食が人気のようです。

Read Full Post »

今日は満月で春分の日ですね。

私はたった今 ボートトリップから戻ってきました。

この旅までの経路はこちらです ⭐️

WiFiの繋がるところに戻って来て、メッセージやメールチェックに追われつつも、

1週間ほどの船旅を数回に分けて連載していきたいと思います。

お付き合いください!

2019/3/12、私と彼氏はCampbellRiverに着いてボートの所有者チャドの自宅に泊まり、翌日自分達の為に3食分の食料を買い、今まで使っていた食材と共にボートに乗り込んで一足お先にクルージングの旅を楽しんでいました。

翌朝、早起きして集合場所へボートを走らせていると、

「キラーウェール!!」という叫び声が。

オルカの家族!小さな小さなオルカ2頭を守るように大きな2頭のオルカ!

始め 観入ってしまいブレブレの映像

エンジンをニュートラルにしたのですが、直ぐに潜ってしまいました。

そして、聞こえて来たのが、

オゥッ オゥッ オゥッ!!!

アザラシ?アシカ?が岩の上に避難して、周りに警告するように集まっています。

その数は多分100頭?!

私達のボートを近づけてみると、興味を持ったアザラシは岩から飛び込んで飛び跳ねたりしていました。

11時頃集合場所(Egmont)のデッキに着き

のんびりと散歩して

皆んな(私達の他11人)が集まったのは午後2時半

もう一つのボートも到着して

Jervis inletにボートを走らせて

最終目的地のプリンセス ルイーザへ向かいました。

お天気は快晴で暖かい!

途中の景色も素晴らしくて、

海の向こうに雪山が見えて

2日前に居た場所とは違う国へ来たかのようです。

実はこのクルーズは海だけではなく、雪山でスノーボードをする人や山登りをしたい人が自分達の道具を持ち込んで、ボートの上にはバギー2台小さなボート2艘も乗っかっていたのです!

何故ならバンクーバー島はボートでしかアクセスできない場所がほとんどで、手付かずの大自然があり、この島出身の人でさえ行ったことがないところがたくさんあるのです。

スケールの大きさが半端ない!笑

そして、皆さんのホスピタリティも!

全然会ったこともない人を友達のお友達という事だけで泊めてくれたり、いろんなものを貸したり使わせてくれたり。

とてもありがたいことです。

Read Full Post »

Older Posts »