Feeds:
投稿
コメント

Posts Tagged ‘チャンネルダイブ’

可愛らしい木のボートから

スピードボートに取り替えモーガンのお兄さんの運転により10分弱でポイントへ直行!

今回フィンとウエイトベルト以外持参したのでフィンを借りてウエイトはウエットスーツの中に入れて潜ることにしました。

エントリーしたら冷たい水が隙間から入ってきて、ひえ~っと 思ったのですが、1分もすると結構大丈夫!グローブとフード持ってて良かったーって感じです。

流れがあるので逆らって泳ぐと疲れるので洞窟の反対側に回ってそこから洞窟へ

中は潮溜まりの所に留まっていると楽に泳げます。

イソギンチャクやクラゲがいました。

流れの少ない時間に行くともっと留まっていられそうです。

後、入って見たいけどちょっと狭いかも?と言うところはパスしてしまいましたが、

また行きたーい!

浅いのでウエイト重目の方が楽ですね、久々の小さな(短い)フィンでしたが結構大丈夫です。

(サーク島にはスクーバダイビングを提供する方はいないようですがガーンジー島にはいくつかありました。)

この時は2箇所のポイントを潜って戻りました。

途中でロブスターの生け簀があったので中を覗かせてもらったら、

ハサミのあるロブスター!青いし!

(茹でると赤くなるんですよね)

何とこれが中国へ行くんだそうですよ!

ファームではなくトラップに入ったロブスターのハサミをゴムで縛ってから生け簀に入れて魚の切り身の餌を入れて2週間ぐらいで生け簀がいっぱいになったら売られて行くようです。

カニも獲れるそうですがロブスターの方が高く売れるんだとか。

サーク島では魚突き(スピアフィッシング)は禁止されています。釣りは大丈夫なようですがあまりしている人はいません。

ちなみに、昔はもっと観光客がイギリスやフランスから来ていたようですが、最近はそうでもないようで本当に静かで隠れ家的な島です。

Read Full Post »

今日は久々にダブルタンクダイブに行きました!

スノーケルやシングルタンクは行ってるのに、ダブルタンクはもうどのくらい久々だか分からないくらいです。

4人のドイツ人ダイバーのガイドをしました。

1本目はチャンネルダイブ、カレントはイン カミングで結構強めでした。

エントリーしてすぐウメイロモドキの大群の影に大きなナポレオン、浅瀬にはホワイトチップシャーク などなど、あっちこっちといろんなものが出てきました。

岩の陰に巨大なアオウミガメがいたかと思ったら、外洋を12匹のマダラトビエイがすぅーっと旋回してきたり、大きなフェザーテールレイが泳いでいたり

もう短時間に全ての魚が集まってきた感じでした。

久々にダイナミックなダイビング、チャンネルの中は凄い流れであっという間に過ぎて行きます。

だからこれらほとんどはチャンネル付近の外洋に居ました。

ただ、ここの環礁チャンネルの中も見事なまでのテーブル珊瑚!!ただ流されているだけでも電車に乗って景色眺めてるみたいに奇麗です。

そして2本目、今度はニシキフウライウオの赤ちゃん発見、たこも2匹マダラエイやタイマイ2匹と、これはゆーっくり観察するダイビングでした。

ニシキフウライウオは英語で Ornate Ghost Pipefishといいます。カミソリウオとかタツノオトシゴの仲間です。

今回見つけたのは赤ちゃんで5センチくらいの大きさで初めダイバーの一人は見ても「はぁ?何?どれ?」みたいなリアクションでした。

ちょっと見つけにくいものを見つけられると凄く嬉しいですね〜!

何よりも、水面に上がってきた時にダイバーが興奮して今見たものの話を皆でしているのを見てると、とっても嬉しくなります。

いやぁー、久々にボートで行くといいのかしら?

Read Full Post »

3月14日はダブルタンク ダイビングでした。

この日は私、初めて環礁の東側のチャンネルダイビングをしました。

ニランドゥ カンドゥ とは、ニランドゥと言う島の隣にあるチャンネル、です。

底が見えないドロップオフの壁に沿って潜っていたらまずアオウミガメが泳いでいました。

この日は日本人のカップルとドイツ人の男性をガイドしていましたが、カップルの奥さんはウミガメが見たいと言っていたのでした。

そこにさらに2匹のウミガメが泳いできました。

その後7匹のマダラトビエイが私たちの頭上を旋回して行き皆さん大喜び。。。

チャンネルの近くまでくるとだんだん流れが強くなってきました。

そしてちょうど過度の所まで来たのでここで岩にしがみついてちょっと周りを眺める事に。。。

グレーリーフ シャークやホワイトチップが流れに逆らって泳いでいます。

少し経ったら、また7匹のマダラトビエイが戻ってきて私たちの目の前に止まってずーっと泳いでくれました。

リミット近くまでそこにいてその後は流れに乗ってチャンネルの中をドリフトしていたらタイマイの小さいのが岩にしがみついていました。

私たちも止って見ていたら岩から離れて流され始めたんですがまともに私の顔に向かって泳いできました。

(こういう事よくあるんです、私の頭に乗っかった亀や膝の上に乗っかった亀など)

でもさすがに顔面で受け止めたくなかったのでちょっと顔をかしげてかわしておきました。

ここに来て初めて流れがあって大物がたくさんいるダイビングが出来ました。

 

 

Read Full Post »