タグ別アーカイブ: ショートフィルム

Wild Bus Films フィルム撮影のお手伝い

お友達のルイーザのスクールバス改造ミッション、

何をお手伝いできるのか?

という疑問がありましたが

なんと!映像制作の分野で手伝うことになるとは!

昔とった杵柄でカメラ担当のお手伝いをしています。

その模様はインスタグラムで公開しています。

Wild Bus Films 映像はこちら

で、

こんな風に凍った湖の上でファイヤーショー

バス改造とは関係ないですが

こんなお遊びや雪山を撮影しています。

そしてある日の車の窓

外側に積もっていた雪をはらったらこんな模様が!!

これは車の中のガラスが凍って結晶になっていたのでした!

私が雪の結晶を楽しんでいたので拡大バージョンを作ってくれたようです!

感激!

Wild Bus Films 続き

カナダに来ることになったきっかけをくれたルイーザのバス大改造プロジェクト、

WildBusFilms とタイトルを変えて、

着々と進んでいます。

そして、進み具合を収録しつつカナダの大自然もフィルムに収めていっています。

断熱材を壁や天井に貼って床もベニア板が敷かれていました。

今日は電気系統の話をする為に会いに行きました。

で、このバスの隣にもう1つ大きなバスがあって、改装中ですが見せてもらいました。

トイレはコンポスト式、

このバスはスクールバスより大きい!

タダで改装してあげるかわりにここに(奥さんと)寝泊まりしているそうで、

調理器具は以下のとうりです。

この方はなるべく無駄がないように、と言うようなコンセプトで作っているそうで生活もかなりシンプル。

いろんな方がいますね!

ちなみに、最近収録した映像、

こんな感じです

スクールバスを改造してBus to the Wild が始まる前

前回より続きます。

書きたいことはたくあり、でも個人的な話でもあり、、、

前置きが長くなるかもしれませんが、、、お付き合いください。 笑

前回の記事は ⏩ こちらです

Louisa (ルイーザ)に出会ったのは2017年の11月頃だったと思います、

その時はほんのちょっと食事を一緒にした程度でしたが、翌年の1月にフィリピン旅行で再会しました。

その時、初対面の人4人を混ぜて9人のイギリス人と私でふと思い立って作った

ショートフィルムはこちら⏬です。

Brother island にて

ルイーザがダイレクター兼プロデューサーしてカメラクルーと編集する人、演じる人をテキパキと指示して2時間ほどの撮影時間で作ったのでした。

ルイーザはテレビ番組のプロデューサー、主にドキュメンタリー番組BBCとかチャンネル4などやナショナルジオグラフィックの様な番組をプロデュースするのが好きなようです。

右端の方は知る人ぞ知るブループラネットでナレーターを務めている方ですね!

知り合った当時、彼女は4年ほど付き合った彼と別れたすぐ後でした。

一緒にカナダへ行こうと計画してビザもとって、いく準備万端だった後に、、、

実はルイーザのお友達の1人と浮気をしていた、と言うのが別れるきっかけだったのです。

その話を聞いた時、

あぁ、彼女はきっと1人でカナダへ行ってそこで新しいことを始めるなぁ、きっと別れて良い方へ進むんだろうなって感じました。

でも、それとは別に私の中で

!!!

???

な感情が湧いてきて、

こう言うことって

イギリスでは普通なの?

と言う疑問…

でも、ブリストルに住む周りのお友達やお友達の全てを騒然とさせてしまっていました。

ので、普通じゃないらしいです。

その後 彼女とフィリピンで再会した時は、

「就労ビザもあるし、せっかくだからカナダへは旅行で行く、でもロンドンで仕事を見つけるつもり」とその時は言っていました。

フィリピンの後はオーストラリアへ行ってその後カナダへ行くと聞いていました。

カナダへ行ってみて、またイギリスに戻っては行って見てを繰り返すうち、色々と状況が変わったようです。

なんとスクールバスを買ってそれをオフグリッドの住居兼移動式プロダクションオフィスに改造する!そしてカナダの自然あふれる映像を撮る。

と言うアイデア。

それを聞いたのは去年の9月か10月頃

そこに至るまでの様子が見られます。

この様子はこちらのビデオ↓ でご覧になれます。

Bus to the Wild

で、、、買ってるし、

これ普通免許で運転できるなんて凄い!しかも2000ボンドほどのお値段だったようです。

… という事で、今回このルイーザのバス改造や、撮影のお手伝いに行きます!

いやぁ〜 ワクワクしますよね?

どう感じますか?

あなた、、、手伝えるのか? 何を手伝うの?と言う疑問、

私にもちょっと有ります。 笑

でも!美しい雪山と オフグリットな生活!! そんな体験、きっと楽しいはず!

今日カナダのビザもオンラインでゲットしました。

気づいたら、今日は1月11日

1がトリプルですね!

今のところ、スキーパンツとか雪ようの厚手のグローブとか、準備していったほうがいいか、向こうで買ったほうがいいか思案中です。

しかも、フリーダイビングも出来るらしい?!

どうしよう、水温は6度とか7度くらい!?

アドバイスあれば、どうぞよろしくお願いします!

2019年の旅はBus To The Wildから

イギリスで迎えた2019年、

次の旅先はカナダでございます。

始めて訪れるカナダ、バンクーバー周辺に滞在予定です。

なぜカナダ?もっと寒いよ!と思いますよね?

この経緯は初めてイギリスに来た2017年に出会った方が背景におります。

そう、いつもなら、、、暖かい海/国へ行ってフリーダイビングを思う存分楽しんで、、、

と言うように初めはバリ島に2ヶ月、そして日本へ1ヶ月?なんて話になっていたんです。

それが、去年の秋くらいにカナダに来ないか?というお誘いをいただいたのでした。

冬のカナダ、、、スノボーできるなぁ、、、でも冬の服や雪グッズは全て実家に置いてあるし、だけどきっと綺麗な所だろうなぁ…

なんて漠然と思ったのですが

お友達の話を聞けば聞くほど、こんなチャンスは滅多に無いかも?!

と思い、去年のクリスマス2週間前に行くことに決定したのです。

これにあたり、訪ねるお友達の了解を得て、彼女のことをブログにて紹介したいと思いました。

お友達の名前はLouisa(ルイーザ)

英語でですが こちらが彼女のウェブページです。

http://www.bustothewild.com

長くなりましたので

次回へ続きます。

フィルム コンテストShort film – Alien

さて、昨日の続きです。

昨日の記事はこちら

写真ブログに載せてもいいのかなぁ、って聞いてみたら

うん うん!いいよっていうではないですか!

なので詳しく書こうと思います。

来年は映画エイリアンが上映されて40周年を迎えるのだそうでして、

それにちなんで5分から9分のショートフィルムのコンテストをすると言う企画があるのですが、

それに応募するお友達のお手伝いをしたのです。

数週間ほど前に撮影したシーンは、野外だったのですが、

スタジオの撮影シーンは

こんな感じでした。

宇宙船の中

モニター越しに見るとこんな感じです

録画中は静かにしないと、注意されます。

私が手伝ったドアと後ろの白いセットのライティング。

手作りの操縦席、座って写真撮ってるスタッフもいました。

出来上がるのは数週間後でしょうか?

宇宙服?

ほとんど映らないところにも こんなものがあり、監督自ら作ったようです。

もうほとんど趣味の世界、出来上がりを見るのが楽しみです〜♪