Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘自然環境について’ Category

今回もインドネシア滞在が1ヶ月を超えるのでビザを延長しました。

通常は30日間のビザが入国時に貰えますが、延長したい場合は入国時に35$を支払って延長可能なビザを空港でもらいます。

そして2週間以降延長の申請が可能となります。

アーメッドに滞在の場合近くの場合シガラジャで自分で申請するという手が1番安いのですが3回通わないといけないのです。

エージェントに頼むとイミグレーションオフィスに1回行くだけで済みます。

でもオフィスはデンパサールにあるので1日がかりの作業、行く用が他にある時にまとめて行くのがいいです。

昨日は空港へ行かなくてはいけない人とクタでカメラの修理を頼まなくてはいけない人と一緒に行きました。

私のビザ申請は10分もかからずに終わりカメラの修理の注文も無事済み、空港へ友達を送ったら、クタでお買い物をしようと計画していました。

そこでいくつかのお店へ、(でも車で行ったら逆に停めるところを探すのに時間がかかりました。汗)

BluePanickと言うところで売っていたIndosoleと言うところが作っているサンダル。

タイヤの交ゴムを再利用して作られていて履き心地の良いサンダルです!

ラベルにもある様に

使い古しのタイヤを使っています。

昔インドでサンダルの底がすり減って修理に持って行ったらタイヤのゴムを使って直してくれたことがあり、なるほど〜と感心したのですが、素晴らしいアイデアですね。

もう一つ、TicketToTheMoonというところが作っているハンモック

可愛いケースに入っているこのハンモック パラシュートの素材で軽くて肌にも優しく旅行に便利です。

昔メキシコでサボテンの繊維のハンモックを買ったことがあったのですが、友達にあげてしまってそれ以来持っていなかったのでハンモック欲しかったんです〜♪

早速バルコニーに設置して快適!

シングル、ダブル、キングサイズがあって、蚊帳や雨よけも取り付けられます。

それからサヌールにあるBaliBudaでカカオパウダーやウコン、エッセンシャルオイルなどを買い

アーメッドに戻ったのは既に12時を過ぎていました。

長い1日でしたが、ミッションは全て果たせました。

広告

Read Full Post »

先週ラジャアンパットからバリ島へ移って来ました。

いつもの滞在先に落ち着き、バイクも借りたので自由にお買い物にもレストランにも行けるようになり時間に縛られない毎日を過ごしています。

朝起きてヨガをバルコニーで済ませて大好きなフルーツをいただく❤️

最近はまっているのはドラゴンフルーツです。

白い果肉の物より濃いマジェンタの色が好きです。

さて、昨日は午前中はフリーダイビングのトレーニングをして、そのあと夕方からゴミ拾いに行って来ました。

Trash hero (トラッシュヒーロー)という名前で行われるビーチクリーン、アーメッドでは毎週月曜の午後5時に行われています。

場所はその日によって変わり、ジュメルクビーチだったりすると沢山集まるのですが、、、

昨日はLife in Amedというコテージ&レストランの前で参加者は12名ほど、アグン山の影響もあると思いますが、地元の人たちの参加がとても少なかった、そうです。

到着して名前を告げて手袋とゴミを入れる袋をもらってゴミの多そうなところを探して歩くとすぐ橋のたもとの川の横にゴミの山発見!

<<<<<<<<<
動けませんでした。

こちらの写真では分かりづらいのですが、私が撮った写真だと、、、

<<<<<<<<<
のカップやビニールの小袋や捧げものに使う籠や花に埋もれて何層にもビニールやプラスチックのゴミがたまっていました。

ここがゴミ捨て場なのは明らかですが分別せずに捨てられてしかも川の横で雨が降ったらそのまま海へ直行です。

ついつい、「これだから地球も怒って噴火もしたくなるだろうな、」と呟いてしまった。

すかさず彼も「全くだよ」と相槌をうっていました。

こんな風に拾っても、今まで習慣になっている人はここにまた捨てるだろうな、これを止めるにはどうしたらいいんだろうね、と話しながら汗だくになりながら約1時間でゴミ袋に4つ集めました。

結構スッキリ拾えました、汗かいてそれもなんだかスッキリ気分

ゴミ拾いの最中鶏も私の後ろに寄って来てましたが、きっと新しいゴミ(食べ残しの果物)を置いて行ってくれたのかチェックしていたのかも?

来週の月曜はクリスマスですが、この日も開催されます。

今度はジャパニーズレック(沈没船)のあるビーチだそうです。

この場所は今回の場所からさらに南へ行くので次回通りすがりに私たちがゴミ拾いしたところがどうなったかチェックしたいと思いました。

プラスチックはすでに普通の塩に溶け込んでしまっているそうです。

これ以上自然を汚さないように普段からビニールに包まれた果物や野菜を買わないようにしてみたり、ストローを付けないでと注文したりしています。

ここのカフェやレストランで金属のストローやガラスのストローを使っているレストランが増えてきました。

Read Full Post »

ミッション ブルーの創設者 海洋探検家の シルビア アールに直に会ってお話しを聞く機会が ロンドンでありました。


そのほかにも I Am Water のハニル や 環境に関する事に力を注いでいる方がプレゼンテーション、私たちに何ができるか、などをディスカッションしたのですが。

その後 その方達と直に話しをすることのできたのでした。


私たちの計画などを伝えて もし興味があれば連絡しても構わないかと尋ねたら快く連絡先を教えてくれました!

ここに来ていた知らない方に声を掛けられて話しをしていると、共通の話題があって、それも普通なら誰も知らない土地のことだったりして、驚きの連続です。

たまたまお友達を訪ねて来たロンドンでこんな展開があるなんて 縁とは不思議な紡ぎ方をして楽しませてくれるなぁ〜♪

Read Full Post »

最近勧められた本。

タイトルは Adventures in the Anthropocene -A Journey to the Heart of the Planet We Made-
日本語を調べたら

人類が変えた地球 – 新時代アントロポセンに生きる – と言うガイア. ヴィンス が書いた本です。
アントロポセンと言うのは オゾンホールの研究で有名なパウル クルッツェンによる造語で日本語では 人新世 とも言うそうです。

これは地質年代表の 古生代に カンブリア紀があったり、中生代にジュラ紀があったりする中で、新生代 のちょうど今のことだそうです。

今や完新世では無い、と言うことなんですね。
本の中に訪れたことのある国が特にはじめの方に多く出ていて

ついついその頃や 情景が脳裏に浮かんできて、あぁそうだった とか その頃をまた旅してる気分にさせてくれて

なかなか先に進まなかったのですが

いつも私が感じていたことが書かれていました。

そしてまた私とは違った視点や観点もあり

たくさんの方に読んでいただけるといいなぁと思いました。


かなり分厚い本です。

さて、今日は新月です。

そして皆既日食もありました。

全ての場所が平和で満たされますように。

Read Full Post »

今日、Netflix でチェーシング コーラルと言うドキュメンタリーを見ました。

珊瑚の白化現象について、このままでは30年後には世界中の全ての珊瑚が消滅してしまうと言われています。

珊瑚礁は海の中の森林の様なもの、無くなったら海の生物の25%は住処を失います。

私も何年もモルディブの海や他の海で珊瑚礁が白化してしまい、その後瓦礫の山の様になったリーフを目にしているので涙無くしては見れませんでした。

でも、諦めない。

きっと何かできるはず。

なるべく車は使わないで公共の乗り物に乗るとか、自転車を使うとか。

海を汚さない様にゴミをなるべく出さない生活。

ケミカルフリーな生活など。

みんな、気づいて来てます。

https://www.netflix.com/title/80168188

Read Full Post »

去年の11月にバリとラジャアンパット、今年に入ってハワイ、パラオ、そしてモルディブと飛び回っていますが

今日は、あーやっぱりモルディブは凄いなぁ と、心の中で呟いていました。

それぞれ違うので好みもあると思います。

ラジャアンパットはそれはもう見事な珊瑚礁で去年のエルニーニョの影響も受けなかったようですが、モルディブは浅瀬の珊瑚礁はとっても残念な状態でオニヒトデも沢山見つかります。

ハワイでは、スノーケルに行った時ガイドがここはハワイではベストスポットです!と自信を持って行っていましたが、これがもしモルディブだったらゲストからちょっとクレーム出ちゃうかも?というくらいちょっとがっかりしたのと同時に、旅行中知り合った方に「モルディブに比べたらここの海は話にならないでしょう」と言っていた方がいて、、、それは何が違うかといえば魚影の濃さなんですね。

こんなにも、色々な種類の魚がしかも群れで 生態系や食物連鎖がわかりやすいくらいで見ていても魚がのびのび泳いでいる海は少ないです。

だから本当に貴重で、だから尚更珊瑚礁が死んで行くのが残念です。

ラジャアンパットはまた違った魚が多くて、ここも凄いです! あまり開発されず手付かずの自然が残っているのがいい。

パラオはラジャアンパットと少し似ていますが、私の期待度が高すぎたのかなぁ?

最近ダイバーよりもスノーケラーが増えているようで、珊瑚礁に立ってしまう人が増えて困っているようでした。

マナーを守る為にも知識と技術が必要ですね。

ハワイでは海に入る20分前までには日焼け止めを塗って下さい、と言っていました。

何故なら日焼け止めは珊瑚礁を殺してしまうし、塗ってすぐは直ぐに水に流されてしまって意味がないからです。

それよりも、一枚着て泳いだ方が良いです。

顔にも塗るとマスクに水が入ってきやすくなって目にも悪い、とかね。

話が外れてしまいましたが、いつまでも、この美しい海を守ることができます様に。

Read Full Post »

最近ずーっと雨が降ったり止んだりしています。


そのおかげもあって、サンゴが生き返ってきました!

ハウスリーフは波が高いと透明度が落ちるのですが

冷たい雨水と波でかき混ぜられた海水がサンゴに元気を取り戻させてくれているようです。

5−6メートル潜るとちょっと暖かいんです。

水面の方が冷たい、雨季によくある現象です、

そのうち10メートルくらいが暖かく感じるようになり

海全体が同じくらいの水温になります。

モルディブはあまり、水面と水底の温度差が環礁の内側ではないのです。

でも今28度くらいです、サンゴにとって快適な温度かなぁ、と思います。

ゲストにとっては晴れてくれた方がありがたいのですが、

サンゴのためには恵みの雨、嵐です。

おかげで午後はフリーダイビングの講習も視界が悪くて1時間ほど泳いだだけで切り上げました。

これも、きっとそうした方が良かったんだということで、良しとします。

Read Full Post »

Older Posts »