Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘求人広告’ Category

このブログで一番アクセス数の多いエントリーは、
モルディブの求人広告に関するものです。

たくさんの方がモルディブで働きたいと思っていらっしゃるのですね。

かなり前に書いたエントリーでもご質問などのメッセージを時々いただくので
ここに私なりの考えを書いてみたいと思いました 。

まず求人に関してモルディブでは、
日本人は人気があるのですが働き手が見つからないようです。

皆さん難しく考えすぎてしまうのでしょうか?

日本の方は来て見たのはいいけど嫌だったから帰る、
というのは嫌みたいでそういったことが壁になっている原因かもしれませんね。

私は来てみてやっぱりダメだった、となってもそれはそれでいい勉強だと思うのです。

ある意味、日本の会社とは違うのが当たり前なので期待に胸を膨らませて来る方は
誤解している事が多いですけど。苦笑

それから他の国籍の人は来れるんだったらどんな仕事でも来たもん勝ち、と言う感覚です。

人は好きなことをして幸せになる為に生きているのだと思うので
それが出来るうちに、やりたいことがある方はきっかけを作ってみたらいいと思います。

皆さんは海外での仕事を探す際でも日本語で検索していますか?

日本語で求人が出せると言うことは大抵日本の会社が募集している
海外派遣とかの仕事になり、結局日本の会社で働いている事になります。

でも、
もちろん日本で働いている時と同じ感覚ではきっと壁にぶつかるでしょうし、
比べて文句は言えないですし、だったら日本で働いたほうがいいと思います。

日本の会社からすればコミュニケーションの関係からも日本人を採用したいと思うので
日本語で募集すると思います。

それが悪いと言っているわけではないですが、日本語で検索した場合選択肢が狭まるのは明らかですよね。

でも、日本以外の会社は日本語が話せると言う条件で必ずしも日本人でなくてはいけない
ということも無いのでほとんどの海外の求人情報は英語です。

海外で働くのに日常会話は英語で出来ないと採用するほうも困るからです。
特に最近は日本語の他に中国語や韓国語ができるとかなり優遇されると思います。

でも今の所、旅行会社の方からすると日本語が話せる⭕️⭕️人よりもやはり日本人の方が
安心できるとか、英語メニューを日本語に訳してと頼まれても⭕️⭕️人では出来ないことが多いのでやはり日本人が良いようです。

モルディブで働く日本人の職種は3つか4つ、私のようにダイビングのインストラクターか、リゾートのGRO(ゲストリレーションオフィサー)、旅行代理店の現地派遣員、
そしてウェディングなどのヘアメイク、などではないでしょうか?

現地の島で働くという仕事は漁師?漁業ぐらいではないかと思います。
その場合ディベヒ語ができないと暮らせませんね。
英語の教師になると言うのはありかもしれませんが、大抵モルディブの学校の先生はインド人とかなので、お給料もリゾートや会社で働くのとはかなり差が出てくると思います。

それから、もしすでにモルディブへゲストとしてきたことがある方。

こんな素敵なところで働きたい! と思った方。
リゾートによってスタッフの待遇が違うから合う合わないは
リゾートのコンセプトにもよると思います。

もし気に入ったリゾートがあるのならそこへ直接CV(英語の履歴書)を送ってみてはどうですか?

ちなみにこれは常識ですが、、、
(と私は思ってましたが意外にそうでない?ので)
日本語の履歴書は送っても無意味です、誰も訳してまで見ようと思いません。
そんな手間があったらまず英語で送ってきた方の方を優先します。
それかラッキーな場合、英語の履歴書を送るように返事が来るかもしれません。

(余談なんですが昔フィリピン旅行中に仕事を探してみたらたまたま求人が日本のサイトに載っていて英語のCVを送ったら日本語で送るように言われたことがありました。
なので日本の会社の場合は例外です。笑 )
日本人経営の海外の会社の場合はどちらも送ったほうがいいかもしれません。

ファイル名も英語で書きましょう。
日本人のスタッフ宛であっても、です。これは中国語と間違われないためでもあります。
まずCVが人事部へ届き内容が気に入ればその部署のマネージャーと
電話やスカイプなどで面接となります。もちろん英語です。
ここで語学力が問われます、もし、日本人でない場合マネージャーとは別に
日本人のスタッフが語学力チェックをします。

時々いろんな国の方からCVが届きます。
電話がかかってくることもあります。
そんな方は大抵たくさんのリゾートにCVを送っているようです。

もしくは日本の旅行会社に問い合わせをしてみるというのもありだと思います。
日本人スタッフの休暇を随時チェックしているので誰かが辞めて今募集中だとか
情報を持っているかもしれません。

ではまずダイビングインストラクターの場合の仕事の探し方、モルディブはほぼPADIです。
 インストラクターの方はこちらでメンバー登録して求人を探してみましょう。
https://www.padi.com/mypadi/

モルディブだけではなくいろいろな国で日本人インストラクターを募集しています。
あとはSSIの方はこちら
http://www.divessi.com/

ちなみにダイブマスターでは仕事はもらえません、就労ビザも下りません。
 ただ、Marine Biologistなら仕事がありますが、はやはりインストラクターであるほうが有利です。

それ以外の職種を希望の方なら
グーグルなどで検索する際、 Job in Maldives とか打ってみるとたくさん出てきます。
まさに、
http://www.job-maldives.com/

と言うサイトがありますよ。

これはモルディブ人もよくチェックしています。

モルディブで働きたい皆様モルディブは来てしまった者がちです。
仕事が見つかってモルディブに来てしまえば以外に簡単に次の仕事も見つかります。

広告

Read Full Post »

求人募集のお知らせでございす。

モルジブのリゾート、ロビンソングラブでゲストリレーションオフィサー(GRO)募集中です。

日本語はもちろん英語でのやり取りが電話応対やメールなどでも出来る方、

ヨーロピアン、アジアン、にこだわり無くフレンドリーな方大歓迎です。

経験、未経験、年齢は問いません。

日本語と英語の他に中国語、韓国語、ドイツ語、ロシア語などが話せる方大歓迎です。
うーんでも、そんな方はどこでも引っ張りだこでそうは居ないでしょうね 、笑。

興味が有る方は写真付きのCVを英語で私のアドレスまで送ってください。

質問などもどうぞお問い合わせ下さい。

mari@robinsonmaldives.com

私への質問事項はどうぞ日本語でお問い合わせ下さい。

Read Full Post »

求人広告です。

ロビンソンクラブで ただいま 日本人のGRO探しています。
英語が出来ると言う事が条件だと思いますが、モルディブ経験者、ホテル経験の方優遇です。でも、未経験者もオーケーです。

ロビンソンへこられた事のある方はスミ子さん知っていると思いますが。
実は、彼女が結婚するんです!!!そして日本に帰るそうです。
スミ子さんが居ないロビンソン?
私には考えられないのですが、永遠という事は無いという事ですね。
ブログに載せて募集してみて、と言われたので今回のエントリーにしてみました。
 でも、1−2年ぐらいしたらスミ子さんダンナさんと一緒にまた戻ってくるんじゃないかと私は読んでいます。

年齢はあまり関係ないです。40歳でもやる気があったら大丈夫です。

体力のある方も、優遇です。

興味がある方、英語のCV (履歴書、写真付きで)私のアドレスまで送ってください。
mari@robinsonmaldives.com
契約内容などメールで返答いたします。
時期としては今年の6月からの採用です。

追記

GRO の募集は基本的に女性です。
やはり、ゲストの体調など女性特有の質問は男性にはしにくいと言う事があるからだと思います。 
でも、ここで私 ふと思ったんですが

ここ日本食シェフも常々欲しいと思っているようなのでカップルで来るって言う手もアリかも?

彼氏が料理出来るのでしたら一緒にCV送ってみるのも良いかもしれません。

経験積むと言う意味で良いと思いますし、カップルなら心強いのでは?

ここのリゾートカップル/夫婦で働いている人多いです。

そしてここでダイビングのライセンスとっていく人も多いです。
休みの日にはスノーケル三昧とかね。

追記

なかなか見つからないものですね。
韓国人で日本語話せる人とかも良いかもしれません。
スミ子さんは韓国人も担当してました、なぜなら日本語話す韓国人結構多いんです。
私も時々日本語で体験ダイビングした事あるし。。。

更に追記

3月になり、やっと新しい方が決まりそうです。。。
しかもこのブログを読んで連絡下さった方です。
希望通りの仕事内容だと言う事でとても楽しみにしているようです。

Read Full Post »

先月はあまりダイバーさんが居ませんでした。
今月に入っていきなりドイツ人の子供が増えています。
なので、バナナボートやファンチューブなどが流行っています。

1ヶ月だけヘルプ出来ている日本人のインストラクターも後4−5日で終了。
2ヶ月足らずでもう一人のスタッフの契約も終わります。

と言う事で今新しいスタッフの募集中です。
こういう所はなかなか契約を更新するスタッフが少ないんですよね。。。
まぁ、私もそうだったのでよくわかります。

彼氏や彼女、もしくは夫婦で働いていたら環境が良かったらそう簡単に辞めたりはしないと思うんですが。
そうでない場合、違うリゾートで働いてみたくなったり、島に缶詰状態から抜け出してちょっと休暇が欲しくなったりするものです。
なので、同じスタッフが1年以上居る事ってモルディブでは珍しいかな?

最近中国人のインストラクターが仲間入りしました。
彼は、雲南省出身、海外へ出るのはこれが初めてだそうです。
英語力はイマイチですがゲストにはとってもフレンドリーです。
ちょっと目を離せないのですがとりあえず、温かい目で見守ろうかな。

いろいろな人種が混じるのでカルチャーショックもあるし笑える事も沢山あり、あきれる事も沢山あります。
いや中国では(ドイツでは、日本では、あなたの感覚では)そうかもしれないけど、ここは違うから。。。
なんて事がよくあります。

でも、今私が一緒に働いているスタッフはみんな仲間意識が強く、助け合って
とても助かっています。
新しい人もそうであってほしい。。。

Read Full Post »

前回のエントリーで書いた通り、モルディブのリゾートで急遽GROを探しているという事です。
フヴァフェンフシじゃないです。。。バロスだそうです。

以下の記事は私が直接メールをもらった内容をそのまま添付しています。

国籍が日本人である事と英語が使えるという事が前提ですのであえて訳さずに載せました。

現在日本にいる方でも既にモルディブにいる方でもどちらでも良いそうです。

————————————————————————————

We are looking for a Japanese G.R.O who has the followings to BAROS, Maldives.

This position requires following criterion:

· A Japanese nationality (female)

· At least 2 years experiences similar position in any 5-star resort/ hotel.

· Great interpersonal skills and can act autonomously

· Can communicate well and is fluent in English and Japanese

· Extremely guest focused and will go to all levels to ensure ultimate guest satisfaction

· Well organized, with an ability to work well under pressure

· A team player and can cultivate a team oriented culture within the department.

Package included for this position:

· Basic salary USD.700/- per month

· Service Charge: Average of USD400 per month per financial year

· Accommodation: twin-sharing

· Meals: All meals are provided

· Uniform and Laundry: Uniform will be provided and Laundry Service will be provided

· Annual Leave: 30 days after 12 months of service

· Air ticket: Return Air ticket (economy class) to your country of origin will be provided once a year.

Please contact:

Aminath Shaly

Human Resources Manager

Universal Enterprises

Male’ – Republic of Maldives

Tel: 00960 3332 236

Fax: 00960 3332 279

Email: Aminath.Shaliya@universalenterprises.com

Web: http://www.baros.com

———————————————————————

という事です。

興味のある方はご連絡ください。

追記
これはもう古いエントリーですが未だに訪れる方が多いようですね。
ちなみにモルディブでGROがこんなに貰えるのは珍しいと思います。

Read Full Post »

Utila(ウティラ)にいた時の生徒サン達から今もメールがよく届きます。

近況報告のメールが普通ほとんどですが、時々ダイビングに関しての質問もあります。

そしてこれからUtila に行ってコースを受けたいという見ず知らずの方からもメールが届きます。

これはきっと中米を旅行中のバックパッカーの方?

日本人宿の情報ノートを見て書いてこられる方たちです。

なので、前に働いていたショップへ紹介のメールを送ったりしていますが

突然ショップから、「

至急日本人のインストラクターが必要だ!

誰か紹介してちょうだい!!」

というメールが来ました。

どなたか中米のカリブ海でダイビングインストラクターとして働きたい方、

いましたらご連絡ください。

Read Full Post »