Category Archives: 不思議な旅

地球星歌 〜笑顔のために〜

こんにちは、加賀谷まりです。昨日の満月は綺麗に見れました。もう3月も明日で終わりですね…

昨日、この歌を始めて聞いて涙が止まらなかったんです。 地球星歌 〜笑顔のために〜 何度聞いても涙が出る…

この曲についてや作者の詳しいお話は こちらに載っています

地球星歌

この青空は きっと続いてる
遠い町で誰かが 見上げる星空に

あなたの夢は きっと続いてる
遠い国の野原で 輝く虹に


あなたの毎日が 世界を創り
愛する想いが 地球へと広がる

私は祈る 明日のために
まだ見ぬ あなたの笑顔のために

あなたがひとり 見上げる月を
遠い海のクジラが 見つめ返している

もしも夜空に 鏡があれば
地球のみんなの 顔が見えるだろう


あなたの毎日が 世界を創り
愛する想いが 地球へと広がる

私は祈る 明日のために
まだ見ぬ あなたの笑顔のために


この小さな手でできること
見えない糸をたどって
全てを感じること


そう誰にでも 愛する人がいる
誰の心にも 大切な場所がある

さあ その気持ちをむげんに広げて
この星をぜんぶ ふるさとと言おう

あなたの毎日が 世界を創り
愛する想いが 地球へと広がる

私は祈る 平和のために
まだ見ぬ あなたの笑顔のために

いつの日か出会う
その日のために

作詞:作曲 ミマス

3日連続のワシントンメセージ、ブラボーです ~石川新一郎さん

こんにちは、加賀谷まりです。本日も石川さんの動画を文字起こししました。

以下は 3日連続のワシントンメセージ、ブラボーです のメッセージ部分のみです。

令和3年3月18日 午前9:50

石川様、昨日の内容をさらに進めましょう。アルコン、キメラ、レプタリアンの話をしましたが、彼らは今まで公表したようなファミリー達と共に人類を奴隷化してきました。それは現在までの金融システム自体が、これらのファミリーが摂取できるようにシステム化されたことは、今までに説明した通りです。それらは先ほど述べたネガティブETと共に作り上げられ、人類は苦痛、不安、妬み、他に対する怒りなどを作り上げ、彼らのエネルギーとなっていました。ギャラクシー・アライアンスと共にアルコン、キメラはほぼ全滅状態となり、残されたレプタリアンは人間と同化できる能力があり、未だに存在しています。これが現在の状況です。

DECLASS(デクラス)について今までのことを踏まえて、お話ししましょう。

デクラスは秘密開示という意味です。今までのDSが行ってきた、悪魔の所業を地上の皆様に知らしめることが目的です。そしてそれは本来の、自分自身の存在がどのようなものか、今後どこに向かっていかなければならないのかを理解するプロローグとして存在します。これが開示されなければGESARA(ゲサラ)は行われません。デクラスが行われることにより、本来のそれぞれの存在を理解して初めてゲサラが法として機能します。なぜなら、ゲサラは単なる富の再分配ではなく、高い精神世界に向かって時間を使えること、生活を心配しなくても良い立場になり、本来の自分自身に気がついて欲しいという意味が込められた内容なのです。ですから、どこかの国でゲサラが始まったとかの情報は正しくありません。本来のゲサラ法はデクラスの開示後にスタートします。

昨日、デクラスはギャラクシー・アライアンスからの指示に従い、ゴーサインが出ますとお伝えしましたが、我々の知らされていた情報では、すでに彼らの量子コンピューターではそのデクラス可能な数値に達しています。それらの計算はネガティブETのほとんどの排除、いろいろなレベルでの軍事作戦、量子コンピューター・システムを稼働させた現在の状況から、既にデクラス可能な状況です。1月後半には既に上層部からの指示では、デクラスを開示する日程の指示がなんども出ていましたが、なぜか見送りされている状況が続いています。全ての準備が整っている中、我々も見送りされている理由はわかりません。早くでクラスが開示され新時代に入れることを祈ります。地上が愛と光と平和で満ちることを祈ります。

以上ワシントンメッセージでありました。ありがとうございます。最後まで見てくれたあなたは本当に素敵な方です。

昨日に引き続きワシントンメッセージ、凄いです。 ~石川新一郎さん

こんにちは、加賀谷まりです。お彼岸に秋田にいたのは久しぶりで、今日はお墓参りに行ってきました。久しぶりにご先祖様にご挨拶してきました。

そして帰りに近くの食料品店へおはぎを買いに行ったら、30年ぶりくらいにダンス仲間に出くわしました〜♪ 私はマスクしていなかったのですぐに気づいたようでした。そう、私は昔 振り付けしたりダンスを教えたりもしていたのです。(Hehehe)

さて、本日も石川さんの動画 昨日に引き続きワシントンメッセージ、凄いです。 の文字起こしを致しました。

令和3年3月17日 午前9:50

石川様、昨日は開封してくださりありがとうございました。本日は昨日の内容をさらに説明します。なお、本来の銀河法典は長いものなのでとてもまとまったお伝えしやすいものがありましたので引用させていただきました。TomokoHoevenさんの翻訳の引用であります。

1999年からギャラクシーアライアンスとともに本格的にネガティブETからの人類解放の戦いは始まりました。ギャラクシー・アライアンスは地球上のあらゆる政府に交信を試みました。もちろん日本政府にも彼らからのコンタクトはありましたが、政府自体が彼らの存在を理解できなかったし、理解しようともしませんでした。それは日本だけでなく、世界中のあらゆる政府へのコンタクトを彼らは試みましたが、アメリカのあるグループだけがコンタクトを成功させたのです。彼らは数人の高い地位の軍人と、ある組織のメンバーでした。そしてギャラクシー・アライアンスの説明を受け、全てを理解した彼らは地球上にアライアンスのメンバーを集めギャラクシー・アライアンスとの共同作業での地球解放が始まったのです。皆様がご存知の通り、ケネディJrはこの時点で命の危険があったので、彼を隠したのもアライアンスです。今後の地球にとって重要な人物を何人かネガティブETの手下であるDSから隠しました。ネガティブETを説明します。

ネガティブETは代表的な存在としてアルコン、キメラ、レプタリアンがいます。彼らの餌は地上の人類のネガティブなエネルギーです。彼らは我々の次元ではなく、高次な次元から我々の負のエネルギーを得ることにより活動します。彼らはアトランティスの時代から地上の人類とコンタクトを取り、それを人類は受け入れました。それらのネガティブETにとって、この美しい惑星である地球はパラダイスでありました。また、宇宙で地球以外はギャラクシー・アライアンスの光側の勢力が、圧倒していたためこの地球を離したくなかったのです。そして二万数千年前にキメラが地球にスカラー電磁フェンスバリアを巡らせ、ポジティブETとのコンタクトを人類は遮断されました。

光の勢力は諦めずに常にコンタクトをあらゆる方法で取り続けました。我々地球で暮らす人類は、いくつかの惑星よりやってきた存在です。その為、いろいろな人種に分かれていますが、地球上に初めから存在した人類はありません。アトランティス文明が崩壊して、原始の時代から始めなければならなかったところから、ここまで文明を築くのに数千年かかっています。その間も、光側はタイミングを計りながら諦めることはありませんでした。

今、ギャラクシーアライアンスの地球側との窓口のコンタクトは、プレアデス星人が担っています。彼らは現在6次元の存在で最近アセンションに成功した惑星の方々で我々人類に外見は似ています。背は2メートル近くありますが髪の毛は金髪で肌は白く北欧人にとても似ています。そのような存在の方々であるギャラクシーアライアンスは、現在進めている地球解放のDECLASS(デクラス)やGESARA(ゲサラ)の実行指示を出すのも彼らです。

これで基本的なことはお伝えしたつもりです。明日は、ギャラクシーアライアンスの指示は、現在はどのようなものになっているのか、現状に関してもお伝えします。なぜこのような開示をするのか、それは広く多くの人々に本当の現状を理解し動いてほしいからであります。では、次回まで、

最後まで聞いていただきありがとう。あなたが愛と光と平和に包まれますように。

以上ワシントンメッセージでありました。

なお、3月15日月曜日に私(石川さん)がアップいたしました。第115弾でディーンコードさんのインタビューの日本語訳で発表したものはTomokoHoevenさんの翻訳を引用させていただきました。TomokoHoevenさん、いつも大変にお世話になっております。以上石川新一郎でございました。最後までご視聴いただきましたあなたは本当に素敵な方です。

鳴門の渦潮
ロンドンのナチュラルミュージアムにて