Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘スノーケリング’ Category

御蔵島では3日連続でドルフィンスイムの船に乗り込みました。

初日にはスノーケルをするのも初めて、と言う方もいてガイドさんにアシストしてもらっていました。

そして、その最終日には団体さんが居たので船はほぼ満員でした。

しかもこの日はイルカたちは素通りして行くだけであまりゆっくり泳いでくれず、皆んな大変そうでした。

船酔いしている人や波酔いしている方もチラホラ、イルカを見ているので他の人にぶつかっちゃったり、、、これはイルカも避けたいんだろうなぁ〜…

フィンが脱げてしまった方が居て器材もダイビング用フィンだと重くて進みにくく疲れるだろうなぁ、と思って見てました。

やはり、イルカやマンタと泳ぐには体力がないと危ないなぁと感じました。

それにはやはりプールじゃ無くて海での練習が必要ですね〜♪


ゆっくり泳いでいるように見えて結構早いんです。


彼らの動きの邪魔にならないように止まって待ってます。

かわいい〜♪ 子供が寄って来たりします。

しっかりとした知識があり、テクニックのいい先生に習うと上達も早いですよ。

Read Full Post »

念願の御蔵島、天候はスカッと晴れてはくれませんが

無事上陸できました。

そして早速ドルフィンスイムの船に乗って イルカに会いに行きました!

野生とは言え彼らは人を見慣れている、そしてここの人は危害を加えないというのも知っていて信用してくれている。

だから近くに寄って来ます。

でも触ってはダメですよ〜!イルカの肌はとても繊細です。

どのくらい繊細かと言うと人間の体で言うと、目玉の部分くらいセンシティブです!

目玉にさわれますか?誰かが目玉触ったらどうですか?

しませんよね、普通。

それと同じです、だから傷だらけの大きなイルカを見ると痛々しいです。

子供はやっぱり色白でツルッとしてますね〜♪


彼らは本当に癒しの力持ってます。

無条件の愛だなぁ

感謝

Read Full Post »

約2週間ほどのアドベンチャーからまた バリ島のアーメッドに戻って来ました。

最初の数日はバリ島の北側にあるロビナを経由してメンジャンガンまで行き、またアーメッドに戻って、

私がいつもフリーダイビングをしているApneista (アプネシタ)でマンタトリップに行くついでにヌサペニダとヌサレンボンガンを訪ねる。

と言う計画。

とても内容の濃い素敵なワクワクするアドベンチャーになりました。

フリーダイビング三昧ちょっとスクーバも楽しんで、、、

でも最初の1週間は私はカメラを持って行かなかったのであまり写真は無いですが

次の2週間目もあまり使わなかった。(笑) 

カメラを持って海に入ろうとしたら、モデルがカメラ持ってたら絵にならないから俺が持ってる、と言われカメラを取り上げられてしまい、、、

凄くマンタと接近できて一緒にアイコンタクトしながら泳げた その映像は取れませんでした。

でも、別のフォトグラファーからそのうち写真を頂けると思うので写真は追い追いアップします。

とりあえず頂いた1枚です。


Photo by Rich Maskey 

断崖絶壁にポッカリ空いた穴、

その真下の水中に入って行くと狭い空間の真っ暗な洞窟の先に光が見えて来ます。

洞窟にはコウモリが沢山いてちょっと騒がしいですが、時間をずらすとコウモリもどこかへ行って静かな時もあるらしいです。

Read Full Post »

明日はハワイ島を後にします。

あっという間の1週間、最終日にイルカと泳ぐことができた。


フリーダイビングのセッションを

カルロスというおじいちゃんとしたのですが

その時一緒にランチした奥さんに紹介していただいたボートはすでに満員で

ネットで調べたところに電話をかけて見たらスペースがあったのでジョインしました。

結構直ぐに見つかって、2種類のイルカに会えました。

写真は撮れなかったのですが、スピナードルフィンが私の目の前でジャンプしてスピンを見せてくれたんですよ〜♪

上の写真のイルカはスポッティドドルフィン、この子は妊婦さんだったと思います。

目と目があって、うれしくなりました。

昨日はキラウエア火山の火口周辺を訪ねました。

ここでは沢山 光の不思議写真が撮れました。

ハワイ島 日本人に人気ありますが、わかる気がします。

沢山素敵な方に出会いました。

Read Full Post »

一昨日からバリへ来ています。

昨日アーメッドに着き早速海へ

水温が高い!

ビキニでも気持ちよーく泳げました。

そして今日、

フリーダイビングのセッションをしようと思ってはいたのですが

自分のウエットスーツが手元に無かったのと

ちょっと面倒臭かったのでスノーケリングを楽しむ事にしました。

1時間ほど泳いでもぜーんぜん寒くないので、

水中にいたダイバーさんにタコを見せたりして遊んでいたら

突然目の前に大きなレンズを付けたカメラマンがぬーっとあらわれて 

私を撮影していました。

ちっと焦った。

その人もフリーダイビングで潜っていたので水面で笑っていたら

ちょっとそこのサンゴに向かって泳いで見て、とか

じゃあまっすぐ水面に向かって、などなど注文が入り

私は見つけたタコやエイを指差して見たりしてしばらく撮影会になってしまった。

今日いただいた写真です。

Photo by Sam Henry 


私、ちょっと体重増えてますね。汗

まぁいいっか。

明日もまたモデルを頼まれました。

Read Full Post »

昨日のマンタスノーケリングから戻ると、既にスタッフは私たちが沢山のマンタとスノーケリング出来た事を知っていました。

キャプテンが私たちが泳いでいる間電話していたらしい。

キャプテンはもうマンタだらけでボートを動けせないよ〜♪

と言っていたらしい。

だからかなりの数が散らばって泳いでいたようですね〜♪

今日は女性6人で行ってきました。

結果は1匹と泳いだんですが、彼は結構移動が速くてついていくのが大変でした。汗


cephalic fin と言う口の横から突き出たヒレがくるっと丸まってツノのようになっている、

これは大抵移動中こうなってます。

このヒレが伸びて口の前に筒のようになっているときは捕食中だったりするんですね〜♪

そんなときはゆーっくり旋回して優雅な舞が見れます。

今日もそこそこ近くで泳いでくれたんです。

お腹も見せて、ひっくり返って泳いでました。


プランクトン沢山なのでフラッシュをたくとこうなります。

今日は昨日とは随分違う、他からのボートもいくつか来ていました。

こんな素敵な生きものが目の前に姿を見せてくれて、みんなハッピーですね〜


今日来れなかった休暇中のスタッフへメッセージ付きで写真を撮りました。

Read Full Post »

今日はマンタスノーケリングで沢山のマンタに遭遇しました。

まず行く前にゲストにマンタは見たことありますか?

と聞いたら、スノーケリングで見たことはないけど、昨日コテージの近くの浅瀬にいたのは見た。

というので、それはマンタではなくスティングレイです。 

スティングレイとマンタの違いを伝えました。

口を開けて泳いでくる事があるしサイズも横幅が3mは余裕であるけど怖がらないで大丈夫、、、

などなど、どうやってボートから海へ入るかなどのブリーフィングと予備知識を入れて探しに行きました。

クリーニング ステーションをチェックしていたらマダラトビエイがこちらへ向かって水底から泳いできました。

幸先良いかも!このままマンタのいるところまで案内して下さ〜い!

と、心の中で話しかけてみたりして。

その間キャプテンは別のポイントをチェックしに行っていたのですが

向こうに凄いたくさんいる!!

と言って戻ってきたのでボートに乗り込んで探しに行きました。

1時間以上ぶっ通しでマンタと泳ぎました。

私の側スレスレをぶつからないように泳いでくる!


予想以上でした〜♪

帰ってみんなに話して写真を見せたら

こんなにたくさん一度に何て今までないよ〜と言われました。

スーパーラッキー!

ありがとう〜♪

Read Full Post »

Older Posts »