Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘ウォータースポーツ’ Category

昨日はとっても気持ちのいいお天気の秋田市でした〜

秋田滞在も後1週間ちょっとですが、この後は沖縄(石垣島)へ向かいま〜す。

と、その前に日本初上陸のパートナーを成田でピックアップ ターミナルを変えてその日のうちに石垣島へ!

今回は与那国島でダイビングします。最近ダイビングはレンタル器材を使っていたのですが、今回は自分の器材を使いたいなぁと思い レギュレーターとBCDなどを引っ張り出してみたところ、うーん、、、ちゃんと動くかな?とちょっと不安、どうしようかな?と思って検索したら、近くのダイビングショップで器材無料点検中の見出しが! 早速お電話して伺いました。

日本でオーバーホールをすると次の点検日なんかのステッカーが付いていたりピカピカになって帰って来ますが、モルディブではそう言うのはないので、お店の方は「これは雑ですね!」と仰ってました。

LPIのホースがヘタって来てはいますがちゃんと作動します、BCDはボタンもバルブもしっかりしている、と言っていただきました。 (BCDは時々分解して洗ったりしていたので そのおかげで)古いけどコンディションバッチリ。その中圧ホースは気になるところですが一応大丈夫なので一安心。

道具は大切に使いたいですね〜

そして、秋田から沖縄まで遠いので時間に余裕を持って、宅配便で器材は先に送りました。無事についておくれ〜 笑

お店の方は与那国島でダイビングされたことがあるそうで、いろいろアドバイスしてくださいました。日本と海外では違うところが色々あるのと、地域によっても違うので事前に知っていると心の準備が違います。

今回、ダイビングサービスを選ぶ際色々質問をさせていただきましたが、別の角度からの意見なども参考になります。日本のダイビングスタイルってちょっと独特だったりもします。

日本のダイビングで私がちょっと苦手なのはスチールタンクです。

基本的にスチール使うと3ミリのウェットスーツだと私は重りはいらないのですが5ミリだと1キロかなぁ?と思いますが、それだと後ろが重くてバランスが悪いので結局2キロか3キロ付けて潜り、水中で超BCDに空気いれないと!、と言う感じになるのです。

でも、10リットルのタンクは短いので足が動かしやすい〜と言う利点もあります。モルディブでも、あれば10リットルのタンクを使ってました。

スクーバダイビング、日本では石垣島と奄美大島で潜った事しかありませんが、ずーっと行きたいと思っていた与那国島!ようやく念願叶います〜♪

こちらは去年の加計呂麻島にで

Read Full Post »

前回の記事にも少し書きましたが、

最近、冷たい海でも潜る機会が増えたので、ウェットスーツをオーダーすることにしました!

この際、3mmにするか5mmにするかオープンセルかライニングを付けるか?

でかなり迷いました。

色々な意見を聞いてみると

2つに分かれるんですよね〜 笑

今持っているのはサーフィン用のスキンの3mm、28度くらいの水温で普段潜っているのでこれで十分です。

ちなみに海外ではよくダイバーさんに「それどこで買ったの?なんてメーカー?」と聞かれます。ノーブランド、日本で買った、と言うとみんながっかりしてます。

20度くらいの水温でも寒い〜と思いながらも泳ぐことは出来ます。

もう薄くなってきて、スキンがひび割れしてきていますが、温かい海なら問題ない、まだ着れるから大丈夫

とは言っても、イギリスやアイルランドの海17度くらいだともう無理です!

サーク島で潜る前こんな感じ、

アイルランドではこの下に長袖のショーティーも着てもう1つフードかぶったけど30分でアウトでした。

で、、、思ったんですが、これもしかしてソックスも厚手のが必要かもそれとフードは一体型の方がいいかもしれない、

と言うことに気がつきました。

温かい海でもあった方が良いのですがイマイチ好きになれないんです。音が聞こえなくなるのが嫌なの

で、薄手のフードはありますが、首から入ってくる水が急激に体温を下げるのですね。

グローブもありますが、それも3mmくらい

でも、手はまだ良いかも、足の方があったかい方がいいと思いました。

そこでeliosと言うイタリアのウェットスーツメーカーに問い合わせて質問したら

lining付きを推奨すると言うお返事でした。

理由はオーダーメイドは身体にピッタリなのでとっても温かい、と言うことです。

フリーダイビングのウェットスーツって大抵ツーピースなんですね、パンツがすごくハイウエストでそれを折り曲げるとスーツ同士のスキンがピッタリくっついて水が入ってこないからすごくあったかいそうです。

水温2度の海でも20分くらいは平気だそうです。

25分くらい経つと「もう寒い!」に変わるようですが

だからオープンセルが良いよ、と言うことなんですが、

オープンセルは破れやすいという欠点があります、

確かにみんな破れたのをボンドで貼り合わせて着てますね、私もです。(lining付きでもそうですけどね〜でも丈夫差が違うなぁ)

だからlining付きで5mmを作ってもらうことにしたら、今度は5mmでライニング付きは出来ないよ。

というではないですか!?

意味不明なんですが、、、?じゃあなぜ勧めるの?

混乱してますよね。

3mm と言うことはそんなに冷たくない海で潜るからライニング付きで少々水が入ってきても大丈夫だけど、5mmを着て冷たい水で水が入ってきたら意味が無い!と言うことらしい?

だからライニング付きは3mm なんだそうな?

結果、私はきっと寒いところ(18度以下)で3mmは無いな と思ったので 5mmにしました!

私の決断!バンザーイ! だといいです。笑

いつ届くんだろう?20日くらいで仕上がるらしいのですが郵送などもあるので1ヶ月後くらいでしょうか?

届いたら早速冷たい海で潜りたいです!

でもその前に、

厚手のソックス手に入れます!

Read Full Post »

前回からの続きです。

前回の記事はこちら

https://marikagaya.com/2018/03/22/ヌサペニダのマンタポイント/

大きなマンタがクリーニングステーションへやって来ているすぐそばで、、、

私達はマンタの動きを邪魔しないように泳いでいました。

そして、、、そこへ突然ですね、

ちょっとぬるい水と一緒にゴミが固まりで流れ着き

私達はゴミまみれに!!!

そこにはココナッツや木切れ、

小さなイカや稚魚も紛れて居ましたが、

ほとんどがプラスチック‼︎

凄い量でドロドロ感も!

網の袋があれば回収したいのですが手ぶらだったのでフィンのポケットに詰めれるだけ拾い、ブイの中にも入れました。

しばらくするとこのゴミは何処かへ流れて行きました。

その場から無くなっても海に漂っていることは確かです。

これらに絡まったウミガメやマンタやイルカを時々見かけます。

最近ではだんだんとプラスチック削減しようとしている国が増えてきていますね、

良いことだと思います。

私も最近ガラスのストローを購入していつも持ち歩いています!

こんな風に道端で買ったココナッツにも、大活躍!

話が逸れましたが。

そして、

スクーバダイバーさん達が去った後スーッとマンタが5匹ほど連なってクリーニングステーションに戻ってきました!

私が潜って、

じっと止まって眺めていると

すぐ後ろから近づいて来て頭上を泳いで行ったり、

並行して一緒に泳いでいると速度を同じにして来たり

なんて優しいの〜♪

しばらくお互い体をひるがえしてダンスを楽しみました。笑

妊婦さんマンタも2匹ほど見かけました。

撮影者RichMaskey

Read Full Post »

Older Posts »