Feeds:
投稿
コメント

Archive for the ‘インドネシア’ Category

Photo – Rich Maskey
今年の4月の写真ですが、最近頂いたのでアップします。

マンタと泳いだ、と言うよりもダンスした と言ったほうがいいような優雅な彼ら。

優しくて、大きくて、とても賢い!

彼らはプランクトンを捕食します。

大きな口を開け 口の前に 目の部分から伸びているcephalic lobesと言うもので更に口に餌が入りやすく出来るのです。

しかも捕食中は体をひるがえして円を描いたり、他のマンタと列をなして泳ぐので本当に舞っているようなんです。

口には小さな歯が有りますが噛んだりするためや食事では全く使わず、交尾の時にオスがメスに捕まる時に使うのだそうです。

私はいまだマンタの交尾に遭遇したことは無いですが、

妊娠中で大きなお腹をしたマンタに頭の上に乗っかって来られたことはあります。汗

どうしてそうなったかと言うと、、、

マンタが頭上に泳いで来てしばらくその場でホバリングしていたので、

思わず手を伸ばして そーっとお腹を撫でたんです。

そしたら、なんと私の手の上に体を乗っけて来て、重くてそのまま頭の上に乗っかってしまった!

ズシッととても重かった! ので、そぉっと両手で押し上げて自力で泳いで頂きました。笑

明らかに人間を怖いとは思っていないし、危害を加えるような動物では無い。

ジェントル ジャイアントです。

広告

Read Full Post »

今モルディブを出発してKLに向かいます。

空港での待ち時間を使い、

携帯のデータもまだあるので写真やブログをアップしています。

KLでの待ち時間は、約6時間。

前回同様、街までは行かずに空港で滞在します。

そして、バリへ向かいます。

いつも行くアーメッドに滞在予定です。

ここにはお友達が何人か居ますので気楽に過ごすことが出来て 今からワクワクしています。

フリーダイビングも思いっきり出来るし、始めて見たいと思って居る方は、是非いらしてくださいね〜♪


蒼の世界


世界観が変わるかもしれませんよ。

Read Full Post »

11月1日からラジャアンパットに来ています。
ここへは 2008年頃から行きたいなぁと 思っていたのです。

しかも2度ほどチャンスを逃してます。

今回はモルディブからまっすぐ日本へ帰るつもりでいたのですが

予定が変わり、

絶妙なタイミングでこの旅行が決まりました。


美しい景色と生き生きしたサンゴ礁に癒されています。

今回はお友達一緒のボートに乗り込んでいるので、見ず知らずの人が少ないのと気の合った人が集まってとても楽しい。

小さなボートで島の間を抜け洞窟のあるポイントでフリーダイビング

マングローブの生い茂る島の周りには色々な種類の魚と珊瑚

毎日天候にも恵まれ、

穏やかな海で揺れながらボートの上で寝そべっていると

揺りかごに揺られている気分になります。


クルーズが終わった後は島へ上陸してホームスティスタイルを楽しんでいます。

ダイビングも最高です〜♪

モルディブよりもサンゴ礁は元気で種類も豊富ですね!

Read Full Post »

昨日は透明度は悪かったものの、波は穏やかで
フリーダイビングのコンディションとしてはまずまずでした。
インドネシア人のおじ様は酔い止めを飲んできたということで、
準備万全、そしてもう一人他でレベル1を受けた人が途中参加ということで
生徒さん3人になりました。

一応知識の復習などや前日のおさらいを含めレスキューの練習などをして
ストレッチ、ビジュアライゼーションをしてから海へ

今日は午前と午後2回セッションします。
午前中はスキルの練習やレベル1を習得できる実技をして、
インドネシア人のおじ様は耳抜きの練習とダックダイブの特訓です。

ずいぶん上手になりました、何より一人で何も掴まらず泳げるようになりました。
水面のレスキューでは、レスキューしているけど自分がレスキュー必要だ 。
と、冗談も混じりながら楽しんでるようでした。

午後はほとんどファン フリーダイビング状態 、
ある程度ラインで潜ってから、近くのリーフで色々な魚を観察しました。

講習終了後のフィードバックはみなさんコースに満足してくれたようでした。
実際知識もつき海での自信もつきもっともっと潜りたくなったようです。

今日はお休み、昨日ちょっと無理に耳抜きをしたのでなんだか右の耳が調子悪いです。

でも、ウォーターパレスへ行ってダイナミックの練習したい。。。

Read Full Post »

朝日が少しづつ移動していつもの所からでは見えなくなり少しづつ
朝の散歩で歩く距離が伸びつつあります。

このところちょっと波が高くなってきて
フリーダイビングするにはあまり向いていないコンディションではありますが

昨日久々にベーシックコース/レベル1の講習をしました。
病み上がり?ということもあり、ちょっとどうしようかな?
と思いましたが体調は特に問題ないので引き受けることにしました。

ちょっと透明度なども悪く水面はかなり揺れていたので
生徒の一人は早々に水から出てしまいました。
スノーケルもしたことのないインドネシア人男性、その割には頑張りましたね。

波酔いしてしまって目眩がすると言い出して水から上がって行ったので
このまま続けるのかな?辞めるのかな?
と思っていましたが午後の学科に参加した時は明日も続ける、と言っていました。
では、酔い止めを飲んで行ったほうがいいですね、と言っておきました。

もう一人の生徒は 小さい頃からカリブ海にある小さな島でお父さんに連れ立ってスピアフィッシングをしていたというフランス人。
なので波の中でも余裕で潜っていました。

さて今日はどうでしょうか?
波は今朝もまだありましたが、昨日ほどではないような?
数時間後どうなっているかによりますね。

基本的にはライセンスを取るためには
ある程度のスキルをクリア&マスターしてもらうのですが
その人それぞれの技量によってさらに練習が必要な人とか耳抜きなどの技能が必要なので
2日間のコースでライセンスを取れる所まで行かない方もいます。

でも、コース内容は結構濃いので色々な知識はつきますし、スノーケルがもっと楽しくなります。

インドネシア人のおじさん、今日は頑張ってくれるといいです。

 

Read Full Post »

昨日は遠出をして日本食が食べられるレストランへ行きました。
アクアテラスというところ。

牛のたたきとか海老ののり巻きとか食べました。
お好み焼きもありましたよ。

ここアーメッドにはどうやら日本人が二人ほど住んでいる様です。
どちらも女性ではないかな?
まず一人は私がいつもフリーダイビングをしているショップのすぐ近くにある
スクーバダイビングのショップ、、、それらしき女性を時々見かけますが
なかなか声をかけるタイミングがつかめない感じ、ちょっとすでに現地の人の様な感じで
もし日本人じゃなかったらどうしよう?という感じで声かけづらいんです。

あともう一人はきっとこの日本食レストランの人ではないでしょうか?
あった事はないですがきっとそうだ(日本人だ)と思うのです。

だから、今のところ私も含めると3人いる事になりますね。

でも、あまり日本人は目立っていない気がします。

ちなみにアーメッドはあまりバリではメジャーではない様でダイバーが多い割に
それほどバーや派手なレストランは少ないのです。
この辺ではレストランで美味しい!と言われるお店も少ないのです。

私はよく行くレストランは、、、
Warun Enak、The Grill、Santai、Sails、
みんながピザが食べたい時はReef Bar(私は大抵どこかで食べてから参加)、
あとは、、、Life in Amedというところくらいでしょうか?
あっ、最近 ガランガ というレストランが出来たので
これにアクアテラスと、合計8件ほどですね。

このほかにもあと3−4件あるはずですがパッと思いついたところはこの辺です。

毎晩外食だと1週間でほぼ全部行く感じ、あ、それとランチは大抵Apneistaで食べます。
ここの料理も美味しいです。

ちょっとこだわってグルテンフリーの物があります。
あとドリンク類が充実していてスピルリナとかマカをトッピングでプラスできたりします。

こういうナチュラルな砂糖が入っていないドリンクを出すレストランもっと増えてほしい。

Read Full Post »

最近 毎日フリーダイビングを教えています。
急にたくさんの予約が入ったり、ポツリポツリと一人ずつだったりですが、
先月よりも海のコンディションが良くってレッスンを受けるには快適な環境です。

生徒さんは大抵オーストラリア人が多いですが、
ドイツ人やフランス人などのヨーロピアンも多いです。

日本人はなかなか見かけません、
アーメッドは日本人にとって知名度低いんでしょうかね?
アジア人はたまに韓国人やシンガポール人に出会います。
それともフリーダイビングが日本人には馴染みがないのかな?

ネットで予約してくる人もいますし、直接くる方もいますが
大抵口コミか、グーグルなどで調べてくるようです。

フリーダイビングはサーフィンする方にオススメです。
8月に一人日本人の方がライセンスを取りに来ていました。
その方はバリに1年のうち7ヶ月は居るんだそうです。
サーフィンするためにバリのDown South 方面に家があるそうです。
Down South 方面はサーフポイントが多いのでしょうね。

かなりサーフィンに役立つスキルを覚えられたと喜んでおられました。

 

Read Full Post »

Older Posts »