カテゴリー別アーカイブ: イギリス

2020年 あけましておめでとう!

新年 あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

去年同様、30日からウェールズでの年越し、56人が食べ物を持ち寄り、去年知り合ったお友達も居れば、新しい顔触れも有りました。

大きなドアを抜けてもう1つのガラス戸を開けると、広い玄関!
玄関を入って来た、目の前にはどぉーんと階段

階段の横にはグランドピアノと2階の天井まで届きそうなクリスマスツリー!
あちこちに絵がありますがどれも大きい、アーティストを住まわせて絵を書かせていたらしいです。

数ヶ月後にはホテルへと変わってしまうので、今回が最後のパーティ会場になるようです。

ここで二日間過ごし、カウントダウンと花火を楽しみました。

お正月は、、、そこから車で30分ほどの所で仲良しのお友達とともに一軒家を借りて2泊して 昨日ロンドンへ戻ってきました。

ロンドン〜ウェールズは車で4-5時間かかるので、結構な長旅ですが、眠くならないように(5人で) 車の中で、ゲームをしたり、途中のサービスエリアでパンプキンカツカレーを食べたり(イギリスで人気なんです)しながら帰って来ました。

みんなで、今年は何をしようか、どこへ行こうか、未だ決めかねていた今後の予定、カナダ行きは無しと私の中でなりました。そして ロンドンに着いて、一息入れて、、、さて、とフライトの検索をしていたら、サクサクと格安のチケットが見つかり今月15日に日本へ行く事になりました。

滞在期間は未定、ちょっと寄ってバリ島へ行くかも知れません。が、未だ行ったことのないところへ行きたいような気もしています。温かい海、綺麗な海に行きたい!

イギリスのクリスマス 翌日

日本との時差があるのでもうそちらは27日ですが、今日はイギリスではボクシング デー(boxing day)

昔々、イギリスの裕福な人がクリスマスに作ったご馳走の食べきれなかった残り物を箱に詰めて、そこで働く貧しい人々の家へ送っていた事から クリスマスの翌日をそう呼ぶのだそうです。

そんな今日、新月ですね。しかも日食!こちらは夜明け前でした。 今朝から雨が凄いです。昨日はとても気持ちがいいほど晴れていました。

写真は昨日の模様です

散歩の途中見つけた綿毛とアイビーで冠を作りました。

暖炉でモルドワイン

暖炉の上は柊とアイビーで飾り付け

去年はこの飾りもツリーの飾り付けもお手伝いしましたが、今年は既に出来上がっていました。

ツリーの下にはプレゼント🎁飾りじゃないですよ〜♪

ラッピングは新聞紙だったり、スカーフや端切れ布を使っています。ラッピングペーパーは使いません。 そして、プレゼントを開けた後の紙は、暖炉の薪を着火する時のために使います。私が日本からのお土産を日本の新聞紙で包んであげたら、更にそれをパートナーはリサイクルしていました。珍しいので、その新聞紙は燃やされないようです。 笑

私は最近色々と心の解放と言うか、気づきが多く、そんな事をこちら⏬愛のレッスン 〜無条件の愛

に連載してみました。

今年も後わずか、私は今年もウェールズのお友達の家で年越しです。皆様も素敵な2020年をお迎えください。お読みいただきありがとうございます❤️

鍼治療とお灸

もうすぐ冬至ですね。

冬至カボチャ食べたい!

あずきとかぼちゃの甘い食べ物、イギリスではハードル高いなぁ。という事で、サツマイモやキドニービーンズを使ってチリをつくりました。辛いけど、サツマイモが甘く豆も入ってる。

今回はカボチャの仲間スクワッシュとカブのようなものとズッキーニ、ナス、トマト、人参、玉ねぎ、パプリカなどなどローストしてから豆とスパイスで煮込みました! あったまるし、美味しかったです〜♪

さて先日鍼治療をしてもらいました、こちらに書いています。

で、その後やっぱり痛みが数日治まらず、なんかちょっと違うなぁ、整形外科の先生も、マッサージはかえって悪化する時があるから進めてないなかったなぁ、、、と思い

もっと良いところはないかしら?と探していた時に、ロンドンからはちょっと離れた所に良さそうなクリニックを見つけ、しかも日本人のセラピストが居るので、早速メールをして、鍼治療は私の症状に適しているのかたずねてみました。

すると、やはりマッサージはしない方がいいですが、温めてお灸が良いとの事です。 予約を直ぐに入れて行ってきました。

着いて、色々とお話をしてお灸について説明をいただき、先ずはかるくボディスキャンのように背中から骨の感じをみていた様でした。

首の骨の第4と5番目が外の方に出ていると言われました。手などの痺れはないかと聞かれ??うーむ?と思っていたら、これで普通にしているのなら、スーパーボディですね。と言われました。筋肉がサポートしていてその動かし方を知っているからでしょう、とのことでした。

腰も少し歪んでいる様で右足がちょっと短い様です。普段の姿勢や座り方歩き方が影響しているなぁと思いました。

そして、うつ伏せになって右肩の辺りに鍼をして、その先にお灸を燻していた様です。熱がジーンと伝わってきました。

終わってみると、後ろ側の肩の動きが良くなっているので、次回前の方もしたいと思いました。

イギリスを出る前にもう一度行けそうです。この方にもやはり温めて動かす、というのが有効だそうで、日本にあるせんねん灸もお勧めだそうです。

帰り道、とても大きなスーパーを発見!ラーメンを売っていたので早速帰ってから味噌ラーメンを作りました〜 ヴィーガンラーメンです〜♪

エルフの居るアイルランドにて

イギリスのファームハウスから戻ってすぐに、車でウェールズからフェリーに乗り、アイルランドへと向かいました。

去年も訪れたアイルランド、イギリスもロンドンから離れるとのどかですが、アイルランドはもっとぎゅっと自然が凝縮された感じ?海辺だということもあり、とても癒されます。

インスタグラムに乗せた映像が⏬

こちらです

パートナーのいとこに2人目が生まれ 生後2ヶ月の赤ちゃんに会いに行こう、と言うことで話が進んでおりました。ロ

ンドンを出発して 途中 ウェールズの手前で一泊、イギリスのカナルによくあるあの細長ーいボートに初乗船しました。

幅は狭いけど長いので快適な空間、背の高い人も真っ直ぐ立っていられました。誰かが歩くと微妙に揺れます。笑

実は私がいつもパスポートを入れているバックをロンドンに置いて出てきたんですが、イギリス着いてすぐに何気なく小さめのバックの方に移していて、何も考えずその小さい方のバックをヒョイっと持って来たので、細長ーいボートに着いたとき ハッとパスポートのことに気づいたのでした。 すっかり忘れていたけど持ってきてた、良かったわ〜とホッとしたのです。

でですね、ここへ来てパートナーがパスポートを持って来なかったことが発覚! でも ヨーロッパってパスポートの他にIDカードのようなものがあってそう言うので入国できるのでは?と思ったのですが イギリスはそういったIDカードはないそうで、でも運転免許証とかでも入国出来るというのが判り一安心。まさかここまで来て引き返すの?とちょっと焦った瞬間でした。

そして翌日 フェリー乗り場までドライブして夕方アイルランドに上陸しました。前回はパスポートを見せて滞在は約10日と言うと、ああそうですかといってパスポートを返してきたので、スタンプ押して欲しいと頼んだのです。今回は約1週間、入国時国籍は?と聞かれ日本人と言ってパスポートを渡すと、中をパラパラと見て レジデンスあるんでしょ?と当然のことのように聞かれ、いいえ無いです、と言うとイギリスには3月に入ったんだよね?と言うので、いいえ10日ほど前です、(そこでパートナーが今年の5月から日本人も自動改札に変わったんだよ、と付け加えてくれ) ちょっとまってね、と言って どこかへ行って戻ってきたら、はいオッケーと言ってパスポートを返してくれました。

今回はスタンプ押してくれたかな?と思ってチェックすると、1ヶ月前の入国日のスタンプ押してある!その横にもう1つスタンプ押してあって手書きで入国日を書き直してありました。笑

面白いことに、アイルランドからイギリスに入るときはノーチェックなんですよ〜 きっと、、イギリスのナンバープレートだからでしょうね。

約4時間の船旅
なんか石造りの家可愛いの!

長くなりましたので次回へ続きます。

Beechenhill のファームハウス

ファームハウスのお母さんが描いた地図

今日は 周辺を散策、4時間ほど歩きました。洞窟や河があるのですが、先週の大雨で周辺はぬかるんでブーツは泥まみれに、、、と言うかFootpathを通る時羊や牛の牧場を横切るので、そこは地面が柔らかくて、芝生の上を歩いてるのに、足が埋もれる! 川の横は石がゴロゴロしてます。


そこらじゅうから水が湧き出ていて、野生のアヒルがあちこちにいました。
エコ フレンドリーなファームハウス
洗剤などにも気を使ってました。
川で遊ぶアヒルたち

暖炉のある家、苔に覆われた道。石造りの建物、可愛すぎる!

すれ違う人も少なくて、車もほとんど見かけませんが、夏はとても混んでいるそうです。 アルパカが放牧されていたり、羊は冬毛でモコモコ

歩いたのはこの周辺でした!

ちなみにステッピングストーンは雨が降ったせいで流木が引っかかり、さらに水かさが増して渡れず、でも幸いにも逆から歩いて来たのでその先にある橋を渡って向こう側へ。引き返さず一周できました。