自分のリアリティの選択未来を見たシナリオ映画が進行中 ~まどか・シェラン・ルシェリさん

こんにちは、今日はお天気も良く気持ちのいい1日でした。そして、昨日は久々にマッサージを受けてきました。なんだかやはりスケボー&スノボーで痛めた肩が寒いとこわばっている気がしてほぐしてもらおうと思います。

そして今日は、まどかさんの動画https://youtu.be/v5FNb_T8ISI アシュターに聞く自分のリアリティの選択 未来を見たシナリオ映画が進行中 を文字に起こしました。*追記 こちらの動画は現在削除されてしまいました。DSにとってあまりに光が強すぎたのでしょう(真実である証拠ですね ^_^)

2月10日 午前11時

今朝、ネット内の書き込みを見ていて、あるいはユーチューブでの情報を見ていて、現状に関して色々な解釈があるんだなぁと思いました。

それで感じたことを今、今日の時点でお話ししていきたいと思います。

真実ってスピリチュアルなんですよ。つまり、物的証拠がある、目で見える、聞こえる、触れる、物理的な証拠がある、そういうものだけではない ということです。むしろ、そういう領域の方が小さくて、目に見えない、触れない、聞こえない、そういう意識の領域における真実の方がはるかに大きいのです。

というのは、存在する全てはエネルギーだからです。私たち自身もエネルギーで、ただ単に振動の遅い領域にいるために個体の形をとっているに過ぎません。

水の三体、氷と液体と蒸気、気体、それを考えればわかりますよね、エネルギーの振動数によって取る形態は違います。私たちも自分の振動数を高くすれば、個体という形を失って目に見えないエネルギー体として存在することが可能です。というか、すでにそのような形でも存在しています。私たちの持つエネルギーは目に見えないレベルにまで広がっています。そしてその目に見えないレベルで他の存在たちと活発に交流しているわけです。

しかしそれは五感でとらえられるものではないので、私たちはよく六感を信じてとかインスピレーションを受けとてという風に表現するわけです。

ちょっと話が難しくなてしまいましたが、言いたいことは形態をとって存在する物質の世界よりも、五感で感じ取れないエネルギーとして存在する意識の世界の方がはるかに広大だということ、目に見えない耳に聞こえない手で触れない、そういう領域からやってくる真実というのもたくさんあるということ、それをお伝えしたかったんですね。さらに付け加えるとその能力をどんどん開発していくのがこれからの人類の進化なのだ、新しい地球で生きるためには起こしていかなければいけないことなのだ、それもお伝えしたかったのです。

まぁ、それはさておいて、今二つのリアリティがパラレルに進行しています。

一つはアライアンスが存在するとする世界と、それを信じない一般側の世界です。実は今アライアンスが存在していて、そして彼らがこの戦いを戦ってくれていると信じるか信じないかで、見えてくる世界の状況が全く異なってきます。

私はアライアンスの実在を信じる側にいます。信じるというか、知っている、ですね。その実在を知っている側にいます。アライアンスというのはトランプ陣営、その後ろで支えているQ関係者たちQアノンのグループRV、 GCR、 QFS のグループ、さらにそれを支える宇宙軍とか、シークレット・スペースプログラムとか、さらに次元を上げていけば、光の側のET達、光の銀河連合やアシュタールコマンドさらには天使達の一団もいますし、さらにその上には創造主がいらっしゃいます。トランプさんトランプ陣営、アライアンスも全てこの神というラインで結ばれているのはとても明らかです。今はこのように多次元に渡る大きなグループが地球と人類の解放のために動いています。これを信じられるかどうかで現在の世界情勢の見方も全く異なってくるわけです

そうはいっても、そんなグループが実在する証拠がないじゃないか、とおっしゃる方もおられるでしょう。でもね、直接的な彼らの存在証明にはならなくても間接的には彼らが存在する証拠がたくさん出ていますよね。いちばんの証拠は機能していない架空のJB政権です。就任式の映像は継ぎ接ぎだらけの合成でしたし、その後JBは本物のホワイトハウスにははいっていません、本物のホワイトハウスは使われていない、いえ、何らかの軍事作戦が行われている状態です。

JBの大統領執務室は映画のセットの中で行われています。また、JBはペンタゴンからアクセスを拒否されていますし、大統領専用機 エアフォースワンにも乗せてもらっていません。少し前にそれに初めて乗ったという報道がありましたが、あれはそもそもエアフォースツーでしかも、それも本物でなくプライベートで購入したジェット機にエアフォースツーのペイントを施したものだったということが どうやら明らかになっているようです。

つまり、JB政権は就任式の時から全て芝居が続いているんですね、これはなぜなのでしょうか。それとは逆に、不思議なことに表向き大統領の座を追われたトランプさんは本来ならもう亡命するか、身を隠すかしてJB達からの追撃を避けなければならない立場にいるはずです。もし本当にJBが本物の大統領になり軍を率いているのであればディープステートの傀儡である彼は手をこまねいているわけはありません。トランプさん、トランプ一族、トランプ陣営で激しくDS達と戦った数々の人々を決して許さず追い詰めて逮捕するという動きに出ているでしょう、、、全力で。

それが全然出来ていないのは何故でしょうか。

私たちトランプサポーターが一番恐れていたのは実はそれですよね、もし就任式で本当にJBが真の大統領として認められてしまったら、それが起きるのではないかと、もうトランプ側は二度と立ち上がれないまでに粛正されてしまうのではないかと、それが一番トランプサポーター達の恐怖していたところだったわけです。それがまぁ、なんとしたことかJB政権が発足したはずなのにむしろのんびりと楽しそうに過ごしているのはトランプさんの側なのです。トランプ陣営の人々にも追っ手は迫っていません。この余裕ぶりはなんなのか、逆にヒステリックに自分達の悪の本質をさらけ出しているJB政権やメディア、この狂乱ぶりはなんなのか。その理由はやっぱりQやアライアンスの存在で紐解けるんですね。まさに彼らの予言していた通りのことが起こっているだけなのです。彼らの筋書き通りなのです。従ってもう一つのアライアンスは存在しないというリアリティを選んだ人たちは置いておいて、スピリチュアルな真実に耳を傾けることのできる私たちは、今の状況を安心して見守っていましょう。

Qは繰り返し、繰り返し言っていますねこれは映画なんだよと、映画として観ていってくださいと、ルッキンググラス、あるいは量子コンピューターとも言われますが、そのテクノロジーを持っている彼ら、何れにしても未来を予測することのできるテクノロジーを持ているアライアンス側は、既に結果も見ているのです。その結果に至る筋書き通りに進んでいるのを彼らは知っているんです。だからトランプ陣営は現在もあのように余裕なんですね。ですから私たちもどのような経路をたどるにせよ、結末はもうわかっている、安心してただ映画のように見ていればいい それを今回改めて確認したいと思います。

もう、待って待って待ちくたびれるのはやめましょう。目的地は既に決まっており今はそこへ行く途中に過ぎず、何も心配せずに日々自分のやるべきことに集中していましょう。緊急放送があろうとなかろうと、未来を知っている彼らがベストの道を選んで行くだろう と、それを信頼して私たちは日々の暮らしにしっかりと足をつけて、もう一度、足をつけて進んでいきたいと思います。

このまま映画を見続けるも良し、あぁ 忙しくてしばらく見てないうちに終わっちゃった、もうハッピーエンドになっちゃったー、と後から気づくのでもよし、大切なことは私たち一人一人が明るい気持ち、軽い波動をキープしていることです。それをお伝えしておいたほうがいいかなと思ってこうやって録音して見ました。今日も、心穏やかに自分の中心にいて、愛と感謝でお過ごしください、それでは、また。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s