不思議な旅の始まり、バイデンと習○○の過去、トランプに覚醒された世界 〜HARANO TIMESさん

こんにちは、昨晩はいろいろな思いが入り混じった中、NBSの皆さんと愛と光 、天使の羽でワシントンDCの「あの」旗を塗り替えました。想像で…^_^ 想像=創造ですね。

実は最近、この大統領選挙などの事を海外のお友達に話してみたら、なんと私とは全く真逆の意見、メディアを信じきっていて、逆に「どうしちゃったの?何がそうさせたの?」と聞かれ… さらには今朝「さぁこれでバイデン政権になったけど、どんな気分?」と聞かれる始末。私は、え?まだこれで終わったわけでは無い、このお芝居はこれからよ」とは言えず。うーん、これはどこから始めたらいいのかな?と思案していたら 来た〜!

いつもチェックしているユーチューバーの1人、HaranoTimesさん、理路整然とした彼の話し方と声が好きです。この話から入ってもらおうと思ったのです。これをさらに英語に訳して…汗

不思議な旅の始まり、バイデンと習○○過去、トランプに覚醒された世界 全文文字起こししました。

みなさんこんにちは、

2011年8月にバイデンが北京を訪問しました。

アメリカのメディアの話しによりますと、バイデンは中国共産党のトップの習近平と多く接触した経験がある限られたアメリカの政治家になります。当時バイデンは、オバマの副大統領で習近平は次期、中国共産党のトップと言われていました。当時は二人とも国の二番目のトップで、その訪問の中で二人は何回も面談して北京で10時間近く面談したこともあります。

その面談の内容について報道が少なくてあんまり外に流れていないです。中国のメディアではバイデンと習近平の面談の内容を報道するより、彼が中国の文化が好き、食べ物が好き、というイメージを作る報道ばかりしてました。バイデンと習近平の面談の話は報道されてなかったんですが、バイデンがアメリカに戻った後にメディアのインタビューで、アメリカと中国は競争関係であって敵対関係ではありません、と話をしました。その面談で彼らがどんなことを話したかについて、その後に起きたことを見ればわかります。

2011年11月バイデンが北京を訪問した3ヶ月後に中国の第二外交部と言われてる中国起業家クラブはジョー・バイデンの息子ハンター・バイデンの紹介によってホワイトハウスに行きました。この中国の第二外交部と言われている起業家クラブについて、以前バイデンのスキャンダルの報道をした時に皆さんに紹介したことがあります。この起業家クラブの中に中国のトップレベルの大富豪、中国の外交官や中国共産党の上層部が入っています。このクラブの主席はアリババグループのジャック・マーになります。ホワイトハウスのオフィシャルなスケジュールと記録の中に、この30名の起業家クラブのメンバーがホワイトハウスに行ってジョー・バイデンやハンター・バイデンと面談した記録が残っていないです。この面談があったことがどうやってバレたかと言うと、起業家クラブに入っている重要メンバー 中国の総理、リカクキョウの奥さんチンさんが2015年に自分の個人、政治履歴を記載した時に「自分たちが2011年にワシントンDCを訪問した時に、アメリカに迎され副大統領ジョー・バイデン、1部の重要な政治家と面談しました。」と書きました。メンツを注視する中国から見ると、起業家クラブのメンバーがホワイトハウスに入って面談したことはかなり大きな成果になります。

では、バイデンがホワイトハウスにこの起業家クラブのメンバーを招待したことで、バイデンがどんな利益を獲得したかと言うと、2011年にハンターバイデンとチャイナエナジーという資源会社が、合弁会社を作ってジョーバイデンの兄弟もその株主の一人になりました。このチャイナエナジーという会社は習近平のコントロール下にある会社でした。

2012年に、中国のバウンゾウ集団という会社がバイデンが主要株主であるグリットポイントと言う会社に12.5億ドルを投資しました。これは2012年のアメリカが受けた最も大きな企業向けの投資になります。この投資を受けたグリットポイントという会社は、バイデンの息子、ハンター・バイデンが2008年ジョー・バイデンが副大統領になった時に作った会社になります。この投資はバイデン家族が中国から受けた初めての大きな投資になります。この会社に投資したバウンゾウ集団は北朝鮮と密接なビジネス関係がありますが、アメリカの制裁をうまく回避していました。それはバイデンのサポート無しでは出来ないことですね。

2013年に習近平が正式にCCPのトップになりました。2013年バイデンが中国を訪問した10日後に。バイデン家族と中国共産党が一緒に作った投資会社は中国から10億ドルの投資を受けました。ここまで見るとCCPがバイデン家族に色々利益を渡していることがわかります。では、バイデンがお返しに何をしたかというと 2013年にアメリカの上場会社の会計を監督するアメリカの会計監督委員会と中国の証券監督管理委員会、財務省とある備忘録に署名をしました。その備忘録の中で、「国内法律や国の利益と相反する場合は、必要な書類を出すことを拒否して良い、」という内容が入っていました。これは中国の会社が違法にアメリがで上場することを可能にしました。だから中国の多くの会社がアメリカで上場するときに自分の会社の会計を開示すると、中国の国内法に違反するという理由で、必要な会計資料を出さずにアメリカで上場してきました。このやり方は他のアメリカの株式市場で上場した会社にとってとても不公平なやり方ですし、アメリカや世界中の投資家たちにリスクを負わせることになります。オバマとバイデン政府がアメリカの投資家をリスクにおいて中国共産党の会社がアメリカでお金儲けをする手伝いをしたことになります。その備忘録が署名された翌年2014年に、アリババグループがアメリカで上場しました。皆さんもすでに他のところで聞いたことがあると思いますが、アリババグループの中に中国共産党のたくさんの勢力の力が入っています。だから、CCPの中にあったたくさんの勢力がアリババグループを経由してアメリカの投資家たちのお金を吸収していました。同じ年にアメリカで上場できた中国の会社が15社あります。ですので、中国の会社はアメリカで簡単に上場できるようになったのはオバマとバイデンのおかげになります。2019年のデータによりますと、中国共産党がアメリカの株式市場から3万億ドルの投資を受けていました。CCPがアメリカの株式市場から資金を受け取って巨大化してきました。もう一つのことは皆さんの記憶にも残っていると思いますが、2012年に中国重慶市の公安局長オウさんが成都にあるアメリカ領事館に逃げ込んでアメリカ大使館で正直なしょようとしました。アメリカに自分を守ってってもらうために公安局からたくさんの機密資料をアメリカの大使館に持ち込みました。アメリカと中国が交渉した後にアメリカはこの公安局長を保護しませんでした。中国にとってはこのような公安のトップが他の国の大使館に逃げ込むことは絶対受け入れられないことですね。一人の公安局長が他の国の大使館に逃げ込んで成功すればそれを真似て多くのCCPの官僚たちが逃げ込む可能性も出てきます。2012年6月に習近平が中国の副主席という立場でアメリカを訪問した時にバイデンと面談しました。その時に、バイデンが公安局長がアメリカ大使館に残した機密資料を習近平に渡しました。その資料の中に当時の重慶市のトップ、ハクヒラ一連が中国でクーデターを計画していた資料になります。彼らの計画が成功すれば習近平が中国の主席にはなれなかったです。だからバイデンがこの機密資料を習近平に渡したということは、バイデンが習近平を支持していることになりますし、バイデンが居なければ習近平が順調に中国共産党のトップになれなかった筈です。中国がバイデン家族に投資したお返しとして、中国がアメリカの株式市場から巨大な利益を得ることができました。同じくバイデンが習近平の中国共産党のトップの座を確保してくれたその恩返しをどうするかというと、皆さんが今回最初から見てきた2020年大統領選挙になります。今回のアメリカ大統領選挙で起きた様々なことの背後にCCPの影がありました。CCPが今回のアメリカ大統領選挙のここまで大きなインパクトを与えることができたのは彼らがこの十数年間アメリカで少しづつ浸透してきた結果になります。CCPが明らかに主流メディア、SNS、巨大IT企業、巨大な財団と絡んで今回の選挙に関与してきました。このCCPの大胆なやり方を見たたくさんの国民または世界の人たちが今アメリカで起きた混乱の原因がわかってると思います。今までアメリカ人が考えたCCPというのは遠くのアジアにある組織に過ぎな買ったんですね。今ふっと気づいたらアメリカの大統領選挙まで操ることができる、アメリカの血管まで浸透してきた政治勢力になります。この20年の間で中国は欧米から巨大な資金を受けて驚くほど成長してきました。社会主義者が60年以来時間をかけてアメリカで社会主義思想を拡散してきました。150年前のパリコミヨン十月革命から始まって共産主義が世界のあらゆるところで自分の毒を巻く隙間を探してきました。トランプ大統領が4年間の時間をかけて特に最後の2ヶ月で今のこの世界に存在している悪を世界中の人々に見せることができました。ツイッターしか使えないトランプ大統領が数百社のメディアと戦ってきて私たちに本当の世界の姿を見せてくれました。これは世界が覚醒するスタートポイントになります。真実を一回見てしまった人がその真実を簡単に忘れることは難しいです。今回のアメリカ大統領選挙で覚醒した人たちがこれからこれからのグローバリズムこれからの左翼の侵食に対抗する力になってきます。皆さんもすでに気づいていると思いますが、今回の戦いからわかるのはトランプ大統領の敵、アメリカの国民の敵、この多くの世界の一般の人の敵が数十年間のスパンで用意してきたからこそ今回はいわゆる勝利を獲得することになりました。今回のアメリカ大統領選挙を長い歴史において考えれば、これはそのうちの一つの戦いがうまくいかなかったことになります。この時はもちろん悲しくなったり、落ち込んだりします。でも、これからも覚醒した人が地に足をつけて行動する必要があります。

私がこの動画を作っている時にトランプ大統領がすでに飛行機に乗ってフロリダに向かって行きました。バイデンの就任式が開始する直前になっています。トランプ大統領が今日発表しましたホワイトハウスの最後のスピーチと自分が飛行機に乗る前のスピーチの内容で一回も自分が負けたことについて話をしてないし、バイデンが次期大統領であることも口にしていないですね。なぜならトランプ大統領は負けていないからです。今回の大統領選挙の本当の結果は私たちも知っていますし、この世の中のたくさんの人もそれを知っています。

トランプ大統領が負けた、というよりは今までの何十年間 左翼勢力が大きくなってるにも関わらず、しっかりとそれと対抗できるまで成長しなかった保守派勢力の負けになります。CCPに浸透されたアメリカの政府機関、国会、裁判所と対抗できなかった保守派勢力の負けになります。トランプ大統領が前の演説で「不思議な旅が始まる」と言っていました。また、今回の最後の演説では「最も良い時代はまだ来ていません」と言いました

私は2016年からトランプ大統領を応援している人ではありません。彼が大統領になってから、私も主流メディアが宣伝した通りにトランプ大統領を見ていました。でもだんだん、彼の魅力を感じることになりまして今はトランプ大統領を心の中から応援をしています。私と同じようにこの世の中にたくさんの人がトランプ大統領に起こされた人だと思います。この4年間の中で覚醒した多くの人がもう元に戻れないと思います。覚醒した全ての人がこれからも一緒になってこの世界に存在する悪党と対抗していく必要がありますこの長い戦いはまさにトランプ大統領が言っている不思議な旅ではないかと思いますこの戦いが勝利すればまだ来ていない最も良い日がくるはずです

「大統領が最後に行動しなかった。」と、トランプ大統領を責める人もたくさんいます。彼を責めるより私たちは彼にこれ以上求めても良いかどうかを考える必要があります。彼が4年間で十分苦労しました。最後に歪んだ選挙を最後まで戦うことによって私たちが今どんな世界にいるかを示してくれました。確かに、トランプ大統領が再選することは私たちの期待です。でも、私たちの期待をトランプ大統領に押し付けてその期待が実現できなかった時に彼を責めてはいけないです。彼は戦いました。私たちが知らないところで戦っていたはずですが、今回はうまくいかなかったんですね。今トランプ大統領がホワイトハウスから離れましたが、彼はいつか戻ってくると信じてます。それは数ヶ月後かもしれませんし、4年後かもしれません。彼本人が戻ってくるかもしれないし、彼のスピリットを伝承した人が戻ってくるかもしれません。今回覚醒した私たちが諦めなければ、彼は必ずホワイトハウスに戻ります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s