チャンネル諸島 サーク島へ (Channel Islands Sark & Guernsey)

21日から、イギリスとフランスの間にある島 サークと言うところへ、お友達を訪ねてやって来ました。

街灯はなく、車は持ち込み禁止

馬車、自転車、トラクターが乗り物です。

(手っ取り早く言うと

この島はなんとクイーンが所有していて、ある方がレンタルしている島ということです。)

サーク出身のモーガンとスペイン人のアナ、

彼らとはホンジュラスのロアタン島でフリーダイビングの大会のセーフティーチームとして出会いました。

日本にも来たことがあるこの2人アナはヨガの先生、モーガンはフリーダイビングのインストラクターです。

サークではお父さんのお仕事(ボートで島の周辺をクルーズする)を手伝っているとのこと。

今回サークへはGuernseyという島へ飛行機で飛んでそこからフェリーで行きます。

SarkShipping Companyでネット予約購入が出来ます。

当日港で買うこともできる様ですが、予め買っておいた方がいい様です。

往復で予約して購入済みでしたが、

たまたまこの日お友達のお兄さんもお里帰りで来ることになって、お父さんのスピードボートで迎えに来てくれることになり、予約をキャンセルしました。

戻りの切符は前日にサークで予約しようと思います。

ガートウィック空港から飛行機で50分ほど、

ですが 飛行機が遅れ待ち合わせの時間ギリギリに到着、

空港から港まではタクシーで5分くらい、バスで10分くらいでしょうか?

ちょうどバスが来たのでStPeterPortまで行くか聞いてみると行くというので乗り込み、20£

札を出したら、「お釣りがない、お釣りが出来たらね」と言ってお金を受け取らず、そのまま乗れというような手振りをしたので、そのまま乗せていただき、船着場周辺で降りた時に、お釣りは出来ました?と聞いたら、「あ、いいよ」とそのままタダで乗せてくれました。

お友達に話したら、それはラッキーだったね!と驚いていたので珍しい事のようでした。

ちなみにバスは1£です。どこまで乗っても同じ料金です。

Guernsey (日本語で書くとグァンゼィかな?と思ったらガーンジー島と書くようです、発音はこの中間)はたくさんお土産やさんや小洒落たお店が立ち並び、ちょっとブライトンに似ている気がしました。

港には船がぎっしり

スピードボートで25分ほどでサークに到着!

そしてこの島には車が無いので

すが農作業用のトラクターはありますので、

はい、それに乗りました。

そしてお家へ行く途中に唯一4つあるパブの一つへ寄り まずは一杯! 笑

私はサイダーを頂きました。

その後夕日を眺めてに散歩へ

絶景ポイント沢山あります!

続く

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s